20140528 JR九州肥薩線・栗野駅

大隅横川駅から北上すると、栗野駅に到着します。
栗野駅の周辺は区画整理を行われているようで、駅もリニューアルされていました。

栗野駅駅舎

駅舎も、昔の建造物であることを漂わせつつも、現在風のデザインに様変わりしています。

栗野駅親水施設

駅前の公園。
親水施設になっていて、湧き水がとても冷たく春から夏の時期には涼めるようになっています。

栗野駅湧き水の蛇口

 

そして湧き水がくめる蛇口も設けられていまして、無料で汲み放題となっています(ご利用は常識の範囲内でという注意書きはあります)。
この水は後述の丸池公園の湧き水とは別の水源で、200メートルの地下から汲み上げています。

栗野駅スタンプ

駅は、地元の観光協会が切符の発券などの業務を受託しています。
元事務室だった部分が観光案内所と小さな物産館を兼ねているようになっていて、そこに記念スタンプが置いています。
2種類あったので、押印しました。

栗野駅スタンプ

駅スタンプ。数年前に新しい物にしたそうです。
図案は、特急「はやとの風」と、駅のすぐ近くにある丸池公園と、ショウブの花。
スタンプにも書かれていますが、丸池公園の湧き水は日本名水百選にも選ばれており、平成の大合併時の現在の町名「湧水町」の由来の一つにもなっています。

さようなら山野線

そして、もう一つが山野線の廃線に因んだスタンプ。
分割民営化後間もない昭和63年に作られたスタンプが今も残っていました。
帰宅後に気付いたのですが、文字の並びで記念スタンプの位置合わせのマークと打っているので、押したら見事に傾いていました(涙。

スタンプショウ2014

SONY DSC
会場の都立産業会館・浜松町館。
案内看板の後ろの木が建物を邪魔しています…。

当初は全く予定していなかった、「スタンプショウ2014」の参観。
「トピカル切手展の授賞式参加」という明確な目的を持って予定外なのにもかかわらず行きました。
連休の真っ最中なのにもかかわらず連休が断続的だという事もあるのでしょうか、特典航空券の空席があり、貯めていたマイルを消化することに。
場所も浜松町という事もあり、羽田空港に着いたらまっすぐ会場に。

会場では、トークショーなどのイベントがありました。
1日目は、日本郵便の切手デザイナー、中丸ひとみさんのトークショーを拝聴。

nakamaru
手持のはがきに、中丸ひとみさんのサインをいただき、「スタンプショウ」会場限定の宝塚をテーマとしたスタンプラリーの「すみれの花」スタンプを押印。更に、中丸ひとみさんデザインの「宝塚100年」記念切手を貼り、会場限定の「宝塚歌劇100周年切手展」の小型印を押印。

その後、椙山さん主宰の「ファンタスティック・スタンプクラブ」の例会に参加。

2日目は、授賞式がメイン。

SONY DSC
普段着で授賞式に参加してしまいました。

そして、調子に乗って賞状に小型印を押印したり、更には…。

スタンプショウの小型印を押印した受賞記念カード。
左側は「スタンプショウ2014」実行委員長の七海義継さん。右側は谷之口。

調子に乗って、受賞記念カードまで作成する始末。
作り方は、写真を印刷するスペースをあらかじめ考えておいて白いカードに切手と小型印を押印。
そして、自宅に戻ってパソコンを利用して写真と文字をレイアウトの後インクジェットプリンタで印刷しました。
この手法は、切手と小型印を押す位置を決めてしまえば、写真と文字の位置を決めやすいソフトを利用すれば容易にできてしまいます。

花かごしま2011(局メグ編)

写真編の続き。
もう、「花かごしま2011」は終わってしまいました。
桜の花が咲いている頃に訪れたとき、局メグをしていました。
今回は小型印を関連した複数の局を選んで押印を。

それぞれの局を選んだ理由は地元鹿児島の方だと分かるかもしれませんが、よそに住んでいる方はわかりにくいと思いますので、説明いたします。

右上:鹿児島七社(ななやしろ)簡易郵便局 (2011.4.1押印)
メイン会場である、「吉野公園」の最寄り局。会場より徒歩5分程度の距離の場所に所在します。

左上:鹿児島山田郵便局(2011.4.4押印)
サブ会場の「鹿児島市ふれあいスポーツランド」の最寄り局。会場から車で5分程度の距離に所在しています。サブ会場は、山の中腹に所在しているため「最寄り局」と呼べる局があと2局ありますが、地図で確認して一番近い局を選びました。

右下:鹿児島清見郵便局(2011.4.4押印)
会場として、街の中での緑化している場所として、「まちなか会場」を設定しています。
特筆できる物として、鹿児島市の中心部を南北に走る鹿児島市交通局の路面電車の軌道敷が会場として指定されています。一般道路を走る区間の大部分をアスファルト舗装から、芝生で緑化しています。
路面電車を描いている風景印を使用している清見郵便局を選びましたが、残念な事に所在地は緑化の対象から外れている、専用軌道の区間(涙橋電停-谷山電停)の終端、谷山電停の前にあります。

左下:鹿児島中央郵便局(2011.4.6押印)
「花かごしま2011」は2011年3月の「九州新幹線全線開通」の記念イベントとしての位置されていますので、押印の題材として選びました。

複数の日にまたいだ押印の中で「23.4.5」の日付を押せたはずなのですが、仕事の都合で時間ができず。見事に「外して」しまいました。

地上テレビ放送のデジタル化

2011年4月15日に発行された、「地上テレビ放送の完全デジタル化」記念切手の初日カバーを作りました。

続きを読む地上テレビ放送のデジタル化

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。