20160510 東京ディズニーシー

5月10日から4日間、家族サービスで上京していました。

5月10日は始発の飛行機に乗り、そのままディズニーシーへ。

SONY DSC

「お約束」で、パーク内の「メールボックス」から郵便物を投函しました。
2パターン作っておきましたが、そのうちのひとつを紹介します。

160511urayasu-1

当日飛行機に搭乗する前に、鹿児島空港へ少し早めに到着したので、空港ビルのカウンターで記念スタンプと一緒に設置している日付印を押印。
ディズニーシーの記念スタンプは、ディズニーシー15周年記念の特別デザイン。
浦安郵便局の日付印は風景印が押印。通常風景印は押されませんが、詳しくは最後をご覧下さい。

昨年の秋、仕事の関係でJALの飛行機に乗る機会があって、はがきをもらっていました。
はがき裏面は、東京ディズニーシーのキャラクター「ダッフィー」を描いた特別塗装の機体が描かれています。

ディズニーリゾートから投函した手紙にひと工夫して、風景印を押してもらいました。
投函した手紙は透明な袋に入れて、手紙とは別に1枚のメモを入れておきます。
メモは、ディズニーリゾートのキャストには、スタンプ押印後のはがきは再び袋に入れメモも残したまま郵便局へ出すように、郵便局には風景印を押印してもらうように書いておきました。

20130911 東京ディズニーシー

9月に、東京ディズニーリゾートで遊ぶ事をメインにした旅行をしてきました。

SONY DSC

東京ディズニーリゾート開園30年を記念する特別な年。
SONY DSC

それに加えて、9月からハロウィンの期間。訪れた日は、ハロウィン期間中でも特別に大人がディズニーキャラクターに扮装しても良い日に指定されていて、色々なディズニーキャラクターに扮した人々がいました。

SONY DSC

ディズニーリゾートのパーク内にある、メールボックス(敢えて、ポストとは言いません)に郵便物を投函すると、記念スタンプが押印して送ってきます。

tds201309切手は、2013年8月に発行された「ディズニーキャラクター切手」を貼り付け。
ディズニーキャラクターのシールを貼って飾り付けした状態で送ってみました。
残念な事に、浦安郵便局の消印の押印が乱雑ですね。

20120125-26 東京ディズニーリゾート

またもや、間が空いてしまいました。
今年の1月から2月に掛けては、公私共々バタバタしている状態になってまして、自分のブログにまで手が回らなかった始末。
「郵趣」誌には、自分の記事にこのサイトのURLまで記載しているのにもかかわらず、全く更新していない状況になりました。
更新していないのは、悪い状態なのでぼちぼち再開していきます。 

続きを読む20120125-26 東京ディズニーリゾート

東京旅行(その3)・TDRを郵趣的側面で見る(2)

前回のおさらいを軽く。

東京ディズニーリゾート(以下、TDR)の二つのテーマパーク、東京ディズニーランド(以下、TDL)と 東京ディズニーシー(以下、TDS)には、私設のポストが設置されていてテーマパーク内のポストに差し出した郵便物には必ず郵便物の余白部分にオリジナルのスタンプが押されて差し出されるという話。

さて、私のように入園する前から入念に送るための郵便物を送る人はともかく、その場で記念スタンプが押せる事を知り、郵便物を差し出したい入園者のために、TDRではきちんと準備もしています。

手紙を書くためのスペースを。3席ほどのスペースがありました。勿論、スペースだけではなくて切手も販売していますのでご安心ください。

右上の額のアップ。押されるスタンプの図案を案内しています。

上の写真の場所はTDLの「ワールドバザール」にある「ハウス・オブ・グリーティング」。 一つのテーマパーク内に、幾つか切手を販売しているところがありますので、もしも切手が不足した時のために知っておいた方が良いでしょう。

私がこの写真を撮る前にも、中国人と思わしき女性の方が一生懸命手紙を書いていました。結構利用頻度が高いので、席が空いた瞬間を撮るのに時間が掛かりました(嫁さんの買物待ちという話もありますが…)。

フレーム切手も売っていました。

価格はこんな感じです。

もしTDLやTDSへ遊びに行く事があれば、手紙を出してみてはいかがでしょうか?

やはり、締めはエレクトリカルパレードという事で。なかなか良い写真が撮れず、自分の写真の腕のなさに凹みました。

東京旅行(その2)・TDRを郵趣的側面で見る(1)

東京ディズニーリゾート(以下、TDR)については、色々なところで述べられています。
私の下手な文章や写真だと良さが半減されそうなので、郵趣的な側面から、書いてみます。

と言いながらも、やっぱり載せちゃいましょう。
オールドレンズにとって、非常苦手な 逆光で撮影しているので映像が眠いのは許して下さい。

上の葉書は、TDRから差し出した葉書です。左が東京ディズニーシー(以下、TDS)、右が東京ディズニーランド(以下、TDL)。
TDRから差し出すのには、時期的(年始)というのもあってディズニー年賀が一番良いと思って、年末に買っておきこの日のために取っておきました。

記念スタンプがあって自分で押したわけではなく、TDL、TDSに設置しているポストから投函すると、記念スタンプを押してくれるサービスをしています。
決して「裏技」というわけではなく、TDRの公式ホームページでもきちんと案内しているサービスです。
当然のことながら、これらのポストは日本郵便が設置している訳ではありません。TDRがひとつの「アトラクション」として設置している物になります。

その根拠として、押印されている日付をよく見て下さい。
TDL、TDSそれぞれの日付と、郵便局で押されている日付が1日ずれています。両日とも入園した翌日午後の時間帯の消印が押されています。
仮定になりますが、閉園後に回収し翌日午前中までにTDL、TDSで記念スタンプを押印し、郵便局に送られていると考えられます。

で、実際のポストがどのようになっているかをご案内します。

これがTDLに設置しているポスト。写真の場所は「トゥモローランド」の「キャプテンEO」の近く。赤くはありません。

「LETTERS」と書いてあったところが蓋になっていまして、開けてみるとこんな表記が。
「郵便局へお届けします」というのが、日本郵便が設置していないという証明。

別なエリアでも見つけたので、もう1枚。
「ファンタジーランド」の「ミッキーのフィルハーマジック」近く。ここは、「ミッキーのフィルハーマジック」で並んでいる最中に見かけました。

このポストはTDSに設置している一例。
「マーメイドラグーン」の「トリトンズキングダム」の入り口にあります。

やはり、「スタンプを押してから郵便局へ届けます」の説明があります。

ポストはこんな感じで設置されていますので、注意しておかないと分かりにくいです。特に、ディズニーシーのは難易度高そうで、私はここしか見つけられませんでした。もっとも、手紙を出した後はあまり意識していないというのもあるのでしょうが…。

「これじゃ見つけられないよ」という方も居るかもしれませんが、ご安心下さい。TDL、TDSともに案内図がありまして、ポストの位置もちゃんと記載されています。
万が一、案内図を見てもどうしても分からない人は、スタッフに聞けば良いのです。

「じゃあ、切手も買ってきてないのにどうすれば…」という方も居るかもしれませんが、そのあたりは次回へ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。