放送90年

3月20日から22日迄の3日間、NHKラジオで「放送90年」を記念して特別番組を行っていました。
事前の番組案内を聞いて、慌てて作成したのがこちら。

broad90th

NHK放送博物館の記念スタンプに、芝郵便局の風景印を押印しました。

日付印の時刻は、試験放送が始まった日。試験放送は芝浦にあった東京工業高校の仮施設から放送されました。
カシエ代わりの記念スタンプは、放送博物館のもの。
試験放送開始4ヶ月後の1915(大正4)年7月12日に放送を始めた場所が、現在は放送の歴史に関する展示を行っていたり、放送に関する資料を閲覧できる「放送のふるさと」と呼べる施設になっています。この場所を選んだ理由は、東京23区内で最も高い場所だったこと。放送電波を送信する際に、できる限り高い場所を選んだ方が広い範囲をカバーできるからです。

芝郵便局は放送博物館の最寄り局でもありますが、今回の記念押印ではもう一つの意味を持っています。
風景印にも描かれている東京タワーで、特別番組開催期間に公開放送を行っていたり、2015年2月からリニューアル工事で休館中の放送博物館の所蔵品を東京タワーで展示していたりと、放送90年を記念したイベントを行っていました。

地上テレビ放送のデジタル化

2011年4月15日に発行された、「地上テレビ放送の完全デジタル化」記念切手の初日カバーを作りました。

続きを読む地上テレビ放送のデジタル化

東京旅行(その6)

16時も回って、「東京スカイツリーを堪能すれば、もう良いだろう」という声もあるかもしれませんが、みっちり遊んでしまった私たち夫妻。
最初から予定していたとおり、東京タワーにも行く事に。

押上駅から地下鉄を乗り継ぎ、神谷町駅へ。東京タワー迄は徒歩で。

とぼとぼ歩いていたら、東京タワーが見えてきた。
スカイツリーを見たばかりなので小さく感じるけど 、やはり大きさはそれなりに大きい。

東京タワーのすぐ横に、郵便局があるのを発見。
機械振興会館内郵便局。 到着が16時50分。もう少しスカイツリーで遊んでいたら、閉局してました。

矢印を辿っていくと、地下1階に郵便局はありました。
郵便局の入り口は通用口にもなっていて、閉局時間になったら窓口のカウンター前からシャッターで閉じられるという。

残念ながら、風景印は無し。折角東京タワーの横にあるのだから、作れば良いのに。
色々なしがらみがあるのでしょうか…。
インク浸透式の日付印が摩耗しているのを局員さんは詫びながら、押印。

金属印があるのを見つけたので、押してもらいました。

そして、東京タワーへ。幼稚園の頃来て依頼、30数年ぶりです。
やはり、高い建物が増えてますね。

1時間少し前までいた、スカイツリーが見えます。
ちょうど夕暮れの時間帯だったので、周りが真っ暗になるまで夕暮れの時間帯を楽しみました。

そして、東京タワーを後にして、姉夫妻と落ち合って食事。美味しい魚を食べました。

4日目は親戚との用事を済ませ、15時に羽田を発つ鹿児島行きのスカイマークの便で帰路につきました。

4日間、東京では凄い良い天候に恵まれたのですが、羽田から鹿児島に行く飛行機が強風でかなり時間が掛かった上、新燃岳の爆発のおかげでルートも変更に。
更には、鹿児島の方が寒く帰りの高速では雪が降ってきました。

さてはともあれ、楽しい4日間が過ごせました。

(東京旅行編 終わり)

撮影機材
SONY DSC-T2
※最後の写真のみ PENTAX *ist DS + super takumar 24mm F3.5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。