鑑真記念館(鹿児島県南さつま市)

2013年3月下旬、南さつま市坊津(ぼうのつ)町方面を訪問していました。
坊津町秋目(秋目)にある、鑑真記念館を見学したついでに、記念スタンプを押印しました。

鑑真記念館は名前の通り、奈良時代に中国から渡来した僧侶鑑真がこの地に渡来した事を記念して設置されています。
館内は、鑑真の渡来に関する資料や映像、中国との交流の資料を展示しています。

SONY DSC

鑑真記念館の外観。
1階部分はトイレのみ。
記念館本体は2階部分になっていて、記念館の奥から館内に入ります。

SONY DSC

入り口の辺りには、鑑真像も建立されています。
生まれ故郷の中国を向いているのでしょうか?

SONY DSC

記念スタンプ。
館内の海側は一面ガラスで覆われていて、海を眺めながら記念スタンプを押印できます。
あいにく当日はすっきりした天気では無かったのは残念です。

ganjin

鑑真記念館の記念スタンプと、坊郵便局の風景印を組み合わせて押印。
押印した12月20日は、鑑真が秋目に上陸した日。
偶然、2013年が鑑真の没後1250年を迎えます。地元南さつま市坊津町秋目では、記念のイベントも開催されました

本当は、近隣の郵便局で押印したかったのですが、最寄りにあった秋目郵便局は既に廃止。行政上の町名を基準にして、坊郵便局へ押印依頼をしました。
本当は、風景印では無く和文日付印での押印希望をしたはずなのに、戻ってきた依頼品には全て風景印での押印。ちょっと残念な気持ちになりました。

SONY DSC

そして、鑑真記念館に来た際には、1967年に公開された映画「007は二度死ぬ」の撮影記念碑も忘れてはいけません。記念碑には、出演したショーン・コネリーと丹波哲郎のサインの筆跡が彫られています。
日本が舞台になっているこの映画、多くのシーンを秋目の地で撮影されています。

SONY DSC

記念碑の設置は意外と遅く、平成になってからの建立でした。

南さつま市坊津歴史資料センター輝津館(きしんかん)

2013年3月下旬、南さつま市坊津(ぼうのつ)町方面を訪問していました。
坊津市坊にある、輝津館(きしんかん)を見学したついでに、記念スタンプを押印しました。

輝津館は、古代から海上交通の要衝として栄えていた坊津の歴史を紹介した施設。
江戸時代になると、薩摩藩の密貿易の基地として役割も果たしていましたが、次第に衰退。
明治時代はカツオ漁、戦後には真珠の養殖で再び栄えましたが、いずれも時代の流れで衰退。
過去の輝かしい歴史を紹介した施設になっています。

SONY DSC

輝津館の正面。
丸形ポストが設置していますが、単なるオブジェで集配業務では使われていません。

SONY DSC

記念スタンプは2種類設置しているものの、摩耗が進んでいます。
スタンプ台の周りは綺麗な反面、スタンプの掃除までは手が届いていませんでした。
せめてもの救いは、スタンプ台のインクは問題ないコンディション。

bounotsu-souken

記念スタンプのひとつめが双剣石を描いた記念スタンプ。
歌川広重の『六十余州名所図会』にも描かれ、周辺を含めて国の名勝に指定されています。
近隣の坊(ぼう)郵便局の風景印と組み合わせました。

SONY DSC

輝津館の近辺から眺めた湾岸。双剣石がありますが、よく分かりませんね。
枕崎市から薩摩半島の南岸の突き出た部分はリアス式海岸になっていて、格好のドライブコースになっています。

bounotstu-niou

もう1種類の記念スタンプは、仁王像を描いたものです。
以前は一乗院という大きな寺院がありましたが、明治初期の廃仏毀釈により寺院は無くなってしまったものの、仁王像だけは残っています。
坊郵便局の風景印にも、仁王像が描かれています。アングルと作者が違うと印象が変わります。

今回は、本来の目的のついでに郵頼した記念品を作成するついでに押印依頼しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。