20190430-0501 改元は東京で(5)

平成31年4月30日から令和元年5月1日の2日間は東京に滞在していました。
時間軸で報告しておきます。
その最後の投稿になります。

ヤキモキしていたら、列が動き始めました。
10時50分頃に会場の入口まで到達。
既に、押印の列で混沌とした状態になっていました。

運営するスタッフの方々も混乱しているのが目に見えて、案内を受けるものの間違った方向に案内される始末。

会場入口も完全に導線を制限していました。
できれば、何を押印希望なのか聞いて最後尾を案内して欲しかったのが正直なところです。
ここまでの状態になる事は、運営側も予測していなかったので仕方ない話ですが…。

列に並んでいる最中に聞こえた会話で「大学祭の方がずっと人員整理がましだ」と言っていた人が居ました。
ひとつ言わせてもらうと、大学祭はそれなりのノウハウを持っているからできる所業。
例年以上を通り越して想定外の事態になっているのは状況を見て把握できました。
その中で賢明に状況を改善しようとしている姿があるのを理解できました。

押印スペース直前まで到達した所からハイアングルで撮影。
こんなに多くの人を郵趣イベントの会場で見ることはありませんでした。
今後、このような光景を見ることが出来るかは非常に微妙です。

押印できたのは11時50分頃。
会場に到着してから1時間30分程掛かったことになります。
宮内庁内郵便局の風景印を求める方は、8時間待った方も。
東京ディズニーリゾートの時間で考えると、小型印は平日に人気アトラクションをスタンバイで待った時間、宮内庁内郵便局は特別なキャラクターグリーティングに待った時間と考えてみれば、納得できます(分からない方はごめんなさい)

その後、食事を済ませたり知人と歓談したり、作品を眺めたり、トークショーを聴いたりして帰りまでの時間を過ごしていました。

完成した郵趣品を紹介します。

画像準備中
イメージ通りのできあがりになりました。
天皇陛下御即位30周年記念の切手のデザインを手掛けた、
日本郵便の切手デザイナー・貝渕純子さんのトークショーも行われていて、
その後にサイン会が行われていました。
ついでにサインも頂く事に。

閉場時間の16時まで会場に滞在し、帰路につきます。

浅草に来ると、この光景を定点観測のように写真に収めたくなります。
アサヒビールの本社ビルとモニュメント。曇りの方が生えて見えるのは私だけでしょうか?
帰りも都営地下鉄から直行する京浜急行線に乗り羽田空港まで。
京浜急行羽田空港国内線ターミナル駅の電光掲示板は粋な計らいをしていました。
羽田空港には17時20分頃に到着。
連休中という事もあり、空港も混み合うと予想して早めに来たのですが…。
「スタンプショウ」会場の激混みを体験したら、可愛く感じてしまいました。
保安検査場を早めに通過し、制限区域内でノンビリと飛行機の時間を待っていました。

この場を持って、お会いした皆様にお礼申し上げます。
次回郵趣イベントで再開できる事を期待致します!
(おわり)

20161001 スタンプショウかごしま

2016年10月1日から2日に鹿児島市で開催された、「スタンプショウかごしま2016」。
毎年のことですが、運営側として切り盛りしていました。
イベント自体の状況はJPS鹿児島支部のブログをご覧下さい(ここをクリック)

私は、本業の休日取得の兼ね合いで、会場に居たのは初日の1日だけ。
地元の鹿児島のイベントという事もあり、郵趣関係の知人に小型印を押印した郵便物を毎年送るようにしています。

20161001-ssk2

「公式」の記念はがきに、小型印を押印。
これは、会場内で記念ハガキを押印できる案内用として、会場内に掲示するために作成しました。

20161001-ssk1

送った記念ハガキはこちら。
原図と、郵便局に提出した小型印原図を左側に配置し、右側に実際使用された小型印を押印。
小型印の申請図を作成する作業も担当していたので、「公私混同」で作成してしまいました。
右上のスペースに、千葉県在住の青雀堂ボリさんに作成して頂いた記念スタンプを押印しました。
裏側は、告知用のハガキ。これも「公私混同」で実際に送った告知用のハガキとは別注文で紙質を変え、片面のみの印刷しています。

20161001-ssk1ura

小型印押印後、発覚した話がありまして。
日本郵便の小型印のホームページに掲載の小型印の図案と出来上がった小型印の印影が違っていました。

20161001-ssk3

拡大に耐えられませんが、もう少し大きくします。リンク切れ起こしたらごめんなさい。

日本郵便の方、どうやら提出した原図をネット上にアップしてしまったようで…。

スタンプショウ2014

SONY DSC
会場の都立産業会館・浜松町館。
案内看板の後ろの木が建物を邪魔しています…。

当初は全く予定していなかった、「スタンプショウ2014」の参観。
「トピカル切手展の授賞式参加」という明確な目的を持って予定外なのにもかかわらず行きました。
連休の真っ最中なのにもかかわらず連休が断続的だという事もあるのでしょうか、特典航空券の空席があり、貯めていたマイルを消化することに。
場所も浜松町という事もあり、羽田空港に着いたらまっすぐ会場に。

会場では、トークショーなどのイベントがありました。
1日目は、日本郵便の切手デザイナー、中丸ひとみさんのトークショーを拝聴。

nakamaru
手持のはがきに、中丸ひとみさんのサインをいただき、「スタンプショウ」会場限定の宝塚をテーマとしたスタンプラリーの「すみれの花」スタンプを押印。更に、中丸ひとみさんデザインの「宝塚100年」記念切手を貼り、会場限定の「宝塚歌劇100周年切手展」の小型印を押印。

その後、椙山さん主宰の「ファンタスティック・スタンプクラブ」の例会に参加。

2日目は、授賞式がメイン。

SONY DSC
普段着で授賞式に参加してしまいました。

そして、調子に乗って賞状に小型印を押印したり、更には…。

スタンプショウの小型印を押印した受賞記念カード。
左側は「スタンプショウ2014」実行委員長の七海義継さん。右側は谷之口。

調子に乗って、受賞記念カードまで作成する始末。
作り方は、写真を印刷するスペースをあらかじめ考えておいて白いカードに切手と小型印を押印。
そして、自宅に戻ってパソコンを利用して写真と文字をレイアウトの後インクジェットプリンタで印刷しました。
この手法は、切手と小型印を押す位置を決めてしまえば、写真と文字の位置を決めやすいソフトを利用すれば容易にできてしまいます。

トピカル切手展の結果

先日宣言した、切手展出品の話。この場では報告していませんでしたので…。
切手展が開催されたイベント「スタンプショウ」のホームページで既に公開されていますので、事後報告です。
銀賞を受賞しました。

 トピカル展賞状

なぜか、賞状の右上には小型印が…(笑

トピカル展賞状2

話は続きます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。