20140528 観光列車「いさぶろう・しんぺい」

フォルムカード購入を兼ねたドライブ。まだまだ県境を超えません。
吉松駅では、偶然JR九州のリゾート列車(D&S列車)が接続する時に遭遇しました。

吉松駅の観光列車

右側は鹿児島中央-吉松間を走る「はやとの風」。
左側は人吉-吉松間を走る「いさぶろう・しんぺい」。
人吉からの下り列車が「いさぶろう」、吉松からの上り列車が「しんぺい」と名前を変えて走ります。
これは、この区間にある最長のトンネル矢岳第一トンネルの扁額(トンネル入り口上の看板)に、人吉側にトンネル工事着工時の着工時の逓信大臣山縣伊三郎の、吉松側に開通時の鉄道院総裁の後藤新平の揮毫(本人の筆跡で書かれた文字)を掲げていることに因んでいます。
そして、列車の名前を上りと下りで変えているのも、由来となった方の揮毫の入った扁額に向かってトンネルに入っていくという凝りようです。

逓信省は今の総務省と日本郵便の前身に当たる事をご存じの方は不思議に思うかもしれません。
逓信省は1892(明治25)年から1908(明治41)年の間、官営の鉄道事業を管轄していた官庁だったのです。

「はやとの風」は写真を撮っているうちに出発してしまったのですが、「いさぶろう・しんぺい」はまだ残っていたので、入場券でホームに入っているのにもかかわらず客室乗務員の方に一言断って記念スタンプを押印。切符にも書いている通り、本当は入場券で列車内に立ち入ってはいけません。

いさぶろう・しんぺいの記念スタンプ

記念スタンプと記念乗車証。
記念スタンプはシヤチハタのXスタンパーを使用しています。
そして、揺れる列車の車内での使用を考えて固定したトレイの中に置かれていました。
発車時刻までに余裕がありましたので、ポンポンと記念スタンプを押しました。

いさぶろう・しんぺい記念スタンプ  いさぶろう・しんぺい記念乗車証

ついでに、記念乗車証にも記念スタンプを押印。

はやとの風記念スタンプ   はやとの風・記念乗車証

なぜか、手元に「はやとの風」の乗車証も入手してしまいました。
吉松駅の駅スタンプを押しているときに、台湾からの旅行者の方と意気投合。
地元なのにもらってしまいました。さすがに手ぶらでサヨナラするのは忍びないので、途中押せなかったであろう隼人駅の駅スタンプを押したカードを差し上げたらとても喜んでいました。

20140528 JR九州肥薩線・栗野駅

大隅横川駅から北上すると、栗野駅に到着します。
栗野駅の周辺は区画整理を行われているようで、駅もリニューアルされていました。

栗野駅駅舎

駅舎も、昔の建造物であることを漂わせつつも、現在風のデザインに様変わりしています。

栗野駅親水施設

駅前の公園。
親水施設になっていて、湧き水がとても冷たく春から夏の時期には涼めるようになっています。

栗野駅湧き水の蛇口

 

そして湧き水がくめる蛇口も設けられていまして、無料で汲み放題となっています(ご利用は常識の範囲内でという注意書きはあります)。
この水は後述の丸池公園の湧き水とは別の水源で、200メートルの地下から汲み上げています。

栗野駅スタンプ

駅は、地元の観光協会が切符の発券などの業務を受託しています。
元事務室だった部分が観光案内所と小さな物産館を兼ねているようになっていて、そこに記念スタンプが置いています。
2種類あったので、押印しました。

栗野駅スタンプ

駅スタンプ。数年前に新しい物にしたそうです。
図案は、特急「はやとの風」と、駅のすぐ近くにある丸池公園と、ショウブの花。
スタンプにも書かれていますが、丸池公園の湧き水は日本名水百選にも選ばれており、平成の大合併時の現在の町名「湧水町」の由来の一つにもなっています。

さようなら山野線

そして、もう一つが山野線の廃線に因んだスタンプ。
分割民営化後間もない昭和63年に作られたスタンプが今も残っていました。
帰宅後に気付いたのですが、文字の並びで記念スタンプの位置合わせのマークと打っているので、押したら見事に傾いていました(涙。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。