カテゴリー: 郵趣

エストニア

梅雨が続いている中、エアコンレスな我が家ではなかなか切手を整理するチャンスがやって来ない時期になっています。 気候の良かった時期に整理していたものをご紹介します。 「バルト三国」の一番北に位置するエストニア。 大相撲の力士、把瑠都の出身国でもあります。 この国は2つの一番切手があります。 最初の一番…

アレクサンドレッタ

一瞬、エジプトのスエズ運河の近くにある港町と間違えそうな地名です。 加刷された切手の国名から察しがつくかもしれませんが、シリアの辺りです。 厳密に言いますと、シリアとトルコの境になる場所。 第1次世界大戦終了後、オスマントルコ領だった所がフランス領になり、同時にフランス領になったシリアの一部になり…

ガーナ

戦後、サハラ砂漠以南の植民地だったアフリカ諸国で、一番最初に独立した国。 ガーナと言えば、チョコレートが真っ先に想像される方がほとんどだと思います。 黄熱病の研究をしていた野口英世が亡くなった国になります。 植民地時代は英領でした。 ゴールドコースト、英領トーゴランドを併せて独立しています。 ウィ…

ピトケアン諸島

南太平洋の遠く離れた小島です。 1940年発行開始。 このセットは1951年まで発行された切手になります。 この島に人が住み着くようになった経緯は非常に興味深いものがあります。 詳しくは、 ウィキペディアの記事、もしくは 「世界飛び地領土研究会」の記事をどうぞ。

一番切手を集めるきっかけ

はじめまして。 以前は、色々な話をごちゃまぜで Move Blueというコンテンツで続けてきましたが、複数の話をひとつのページで続けていく事の限界を感じました。 切手だけでブログを始めるする事にします。 今のところ、仕事が最優先ということもあり、家族もあり、もらっている小遣いも限界があります。 その…

ランサーエボリューション

上の切手はフィンランドから2000年に発行された、ラリードライバーのトミー・マキネンがWRC(世界ラリー選手権)で4年連続ドライバーズチャンピオンになったことを記念して発行された切手です。 描かれている車を見てお分かりいただけるかもしれませんが、日本とも非常に関係ある切手になっています。描かれてい…

なぜか角・・・

重さ50キロ、郵便ポスト盗まれる? 鹿児島・鹿屋(asahi.com) たまたま休みだったので、夕方の地元のテレビニュースを見ていました。 盗まれたポストは角型だったのですね。てっきり、丸型かと思っていました。 そのニュースの中でびっくりした一言。 (目撃したらしい人の口から)「ガソリンスタンドで、…

単なる「地方の切捨て」ではないでしょう。

郵便集配、1048局で廃止(中日新聞) ついに来たって感じです。 ただ単に、効率が悪いからやめましょうとかというレベルの問題ではないと思います。 私はいつ「決断するのだろう」と思っていました。大きな組織なので、色々な調整が必要でしょうから。 ほんの数年ですが、以前勤めていた会社で地場のレベルでの交通…

風船とボトル

郵便とは直接関係ありませんが、風船に手紙を付けて飛ばしてみたり、ボトルに手紙を入れて海に流したりするのは万国共通でしょうが、国が違えばオチが違ってくる様で。 風船が結ぶ縁 日進高生徒 岐阜・海西小を24日訪問 紙芝居など…

Read the full article