【時計】スタンダードカシオ

腕時計の話。
なぜか、私の周辺では腕時計を付けている人が意外と少ない事もあり、話題になる事が少なくて。
色々な人と接して無意識にチェックする事のひとつに、腕時計があったりします。
時計だけで人の中身は分かりませんが、どのような生活をしているのか想像をしてしまいます。

私の場合、仕事中でもプライベートでも付けている事が多いです。
スマホや(運転中だと)車の時計もあるので不要だと言う人も居ますが、やはり手首を見て時間をチェックしてみたくなります。そして、デジタルガジェット好きなのに、なぜか時計だけはアナログの盤面が好きなのです。

1年以上前の話、今まで使っていた腕時計が壊れてしまった時に「代打」で購入したカシオの時計で充分だと感じてしまいました。本当は、「これ欲しい!」という時計もあったのですが…(後述します)。
そして、気が付いたら2本も購入していました。

「代打」で購入したので、「スタンダードモデル」と呼ばれるタイプ。「スタンダードカシオ」とも呼ばれていますが、俗に「チープカシオ」という呼び方はあまり好きになれません。

左から、MQ-24-7B2LLJFと、MTP-1240DJ-7BJFという型番。
右側を仕事用で、左側を仕事以外のプライベート用として使用しています。

1本1,000円~4,000円程と時計としては安い部類になるのですが、実際使ってみて感じたのは道具としての時計の「ちょうど良さ」。
まず、文字盤の大きさやデザインが変な主張をしていません。その前はアナログのクロノグラフを使っていたのですが、最初は盤面がシンプルすぎて寂しさを感じていたものの、慣れてしまいました。
そして、軽さ。MTP-1240DJ-7BJFで100グラム切っています。MQ-24-7B2LLJFに至っては20グラム。オーバーな表現ですが、体の一部のような感じで使えます。
やはり一番は価格に対しての性能。安い価格で提供しているのに、壊れたり時間が大幅に狂った事がありません。
私の生誕地に因んでセイコーの時計を極力買おうと思っていたのですが、スタンダードカシオはその気持ちを吹き飛ばしてしまいました。

先に、MTP-1240DJ-7BJFを購入して意外と良かったので、「これ欲しい!」と思った時計の事を忘れてしまって、その代わりMQ-24-7B2LLJFを追加で購入して仕事用とプライベート用を使い分ける事にしました。
時計をコレクションする気持ちは無いので、2本だけで充分という事で。

最後に、一度だけ「これ欲しい!」と思った時計。
セイコーから2017年に発売されたジウジアーロデザインの限定モデル。
それまで使っていた腕時計が壊れてしまったタイミングで出ていたのです。

実物まで見て左腕に付けていると良い感じになりそうだと思って物欲が高まっていたのですが、、家庭内の根回しも見事に失敗した事もあり、気付いたらスタンダードカシオで落ち着いてしまう結果に。
スタンダードカシオだと、2本買ってもジウジアーロデザインの10分の1の価格で済んでしまう結果になり、財布に優しい買い物にもなる結果になりました。

20180929 スタンプショウかごしま

「公式発言」が無い状態なので、「内部リーク」という扱いで個人ブログにて掲載します。

9月29日・30日開催の「スタンプショウかごしま」。
台風24号の直撃の関係で予定変更の可能性ありです。

最終判断は28日夕方に実施する事になっています。
9月28日10時頃の予報円では29日の開催はこぎ着けそうな気配。
その代わり、一部催事が行えない可能性があります。

多くの方が興味ある記念押印の事は記述しておきます。
会場に臨時出張所が開設できなかった場合、
29日は鹿児島東郵便局の郵便窓口で押印対応(営業時間9時~15時)
ゆうゆう窓口での押印は対応しないので、
30日の押印が対応不可。
この部分は、鹿児島東郵便局のスタンプショウかごしまを担当している方から直接話を聞いています。

尚、29日に開催した場合私は終日会場に滞在する予定です。
以前から予定していました。

201808 近況と当面の予定

郵趣とは直接関係無い、ネガティブな記事をお許しください。

4月下旬の事。
東京のスタンプショウ参観を兼ねた上京から普通の生活に戻った矢先、家庭環境が大きく変わってしまいました。
変化の中で、自分に費やせる時間が激減することに。

その中で、郵趣のためにやりくりしているつもりですが、公私共々身の回りでモチベーションが下がってしまう要因が幾つも起きてしまっています。
郵趣が気分転換になるべきなのでしょうが、今のところ気分転換というよりも貯まっているやりたい事・やるべき事が積もりすぎて逆にストレスを感じていまして。ストレス解消は別な方法を選んでしまっています。
そんな事もあり、必要最低限の事を何とか済ませている現状です。

そして、もうひとつ困った事が起きていました。
本業の職場で、9月8日に開催する「全国郵趣大会in島原」の休日取得に関して職場内でトラブルが起きました。
私の本業の職業柄、カレンダーに色が付いている日に(私の)休暇の取得が難しい事は分かってはいるのですが、事前に要請があり参加を決めた際に職場に休日取得の希望を出したのですが、訳の分からない理由で梯子外しに遭ってしまいました。
開催当日の休日取得に交渉の余地はあったのかもしれませんが、梯子外しをした上司と話をしたときに感情的になってしまったのと、一日の中で滞在時間の一番長い職場でゴタゴタを起こしてまで郵趣イベントに参加すべきではないという判断をしての結果です。

関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけする事を、この場でお詫び申し上げます。

私は、本業に趣味や家庭の事を極力持ち込まないようにしているので、大雑把な理由しか伝えていない事もありますが、ここ最近大まかな事情を話して希望休を伝えていても嫌な顔をされる始末。
こうなったら、本業で許される枠内での郵趣活動を行わざるを得ないかもしれないという事も考えてしまうところ。

直近のイベントだと、「スタンプショウかごしま」。
根回ししているのですが、休日取得がどうなるのか疑心暗鬼になってしまっています。

 

 

ジャンル毎にご覧頂けます

ひとつのサイトで複数の話題を取り扱う形にしました。
偏った題材ばかりなので、ひとつの題材だけチェックしたいという方のためにご案内します。
サイトの題字と本文の間の黒い帯の部分が、カテゴリー毎のリンクになります。
見たいカテゴリーををクリックもしくはタップする事で、選択できます。
例えば、風景印の改廃情報は「郵趣・風景印情報」です。

念のため、ジャンル毎のURLをご紹介します。RSSのリンクは改めてご紹介します。

20180601 ご報告

4月中旬、東京で開催される切手展「スタンプショウ2018」の参観ついでに東京で遊んできました。
鹿児島の自宅に戻り、遊んできた余韻が残らないタイミングで、家庭内で色々と起きていました。
5月中旬までの1ヶ月程度、自宅で寝泊まりしたのは月の3分の1以下。それ以外は実家に滞在する事に。
そのため、郵趣活動のうち「公」では最低限穴を開けられない業務を行い、「私」では抑えておきたい郵頼をする程度に抑えざるを得なくなりました。

おまけに、色々と起きた事による疲れも貯まっているせいでしょうか、自宅への生活に戻っても本業と休日は家族への対応が終わってから、自分の時間が取れても踏ん張りがきかない状態が続いています。

ただでさえ、投稿頻度の少ないこのサイトですが、郵趣活動が以前と比べて滞っています。
出来る事から少しずつ回復していきたいと思いますが、温かい目で見ていただけると幸いです。

スタンプショウかごしま2017

前日の投稿になりました。

運営する側の立場なので、会場に居ます。
仕事の都合で初日の30日だけの滞在になります。見かけたら、お声掛け頂けると有り難いです。

ついでに、近況報告も。
5月頃から作業の進捗が悪くなっていました。眼からくる疲労が原因だという事に判明。
原因が掴めたので対策したところ、体調が改善して本格始動と思いきや、8月のお盆過ぎから仕事やプライベートで自宅に不在になる事が多くなりました。
必要最低限の活動は行っていますが、ネット上の活動は復活していません。
10月を過ぎれば、色々なことが落ち着くと思います(あくまで、予想)。

「鹿児島郵便局」のニュース比較

テレビから、「鹿児島郵便局」の竣工を知らせるニュースが流れてきました。
報道内容から、気になった内容もあったので、比較することにします。

気になったのは、地域区分局の数。
九州初の地域区分局は、2010年から営業を開始している博多北郵便局。
ただ、局舎内に博多大井郵便局を併設しているため、「同一建物に窓口を設けていない」地域区分局となれば、鹿児島郵便局が「九州初」という扱いになります。

テレビ局4社、新聞社1社の報道内容を引用して比較します。
地域区分局の順番を記述している部分は、赤字で強調しておきます。

●「九州初」と紹介しているメディア

★南日本放送 動画はここから(放送局サイトへ)

霧島市に九州初の仕分け専門郵便局[08/02 20:22]

日本郵便は霧島市に、九州初の郵便物や小包の仕分け専門の郵便局を建設し、今月14日から業務を始めます。日本郵便は、霧島市隼人町に「鹿児島郵便局」を建設し、2日に施設を公開しました。土地は霧島市から購入したもので、敷地面積4万4000平方メートル、鉄骨4階建てで、郵便物や小包を仕分ける鹿児島エリアの物流拠点になります。全国各地からの鹿児島向けの荷物と、離島を含む県内の各集配局の荷物は一旦、全てここに集められ、1時間に7000個を処理する小包区分機や、1時間に4万通を処理する書状区分機など最新の機器で仕分けられて、配達のために各局に送られます。24時間稼働し、1日で、郵便物は118万通、小包は2万4000個を扱う見込みです。一般向けの窓口やATMはなく、仕分け専門の郵便局は九州で初めてだということです。場所は、東九州自動車道の隼人西インターチェンジ近くで、交通の便がよく、日本郵便はインターネット通販の増加などで他社との競争が激しくなる中、仕分け業務を集約して配達の効率を上げたい考えです。「鹿児島郵便局」は今月14日、業務を開始し、従業員はおよそ350人でそのうち、180人を新規雇用したということです。これまで県内分の仕分け業務は、主にJR鹿児島中央駅近くの鹿児島中央郵便局が担っていました。鹿児島中央郵便局は、霧島市に鹿児島郵便局が出来ることで、発着するトラックなどの台数が半分以下になるということです。周辺道路の渋滞緩和が期待されます。鹿児島中央郵便局は仕分け業務は「鹿児島郵便局」に移りますが、窓口や配達業務などはこれまで通り続けます。

★鹿児島読売テレビ(KYT) 動画はここから(放送局サイトへ)

霧島市に九州初の仕分け専門郵便局(鹿児島県)

霧島市に郵便物や小包を仕分ける物流拠点、鹿児島郵便局が完成し、2日、式典が開かれた。仕分け専門の郵便局は九州で初めてで、今月14日に開局する。鹿児島郵便局は、東九州自動車道隼人西インターチェンジ近く、約4万4000平方メートルの広大な敷地に立つ。地上4階建て、延べ床面積は約2万平方メートル。これまでは鹿児島中央郵便局と熊本北郵便局が県内の荷物の仕分け業務を担っていたが、今後は鹿児島郵便局に一本化され、業務の効率化が期待できる。鹿児島郵便局では1日に郵便物118万通、小包2万4000個を扱う。また、開局に伴い、地元から約180人の雇用が生まれたという。2日、式典が開かれ、関係者約50人が完成を祝った。鹿児島郵便局開局準備室の岩村啓充室長は「送達日数そのものは変わらないが、郵便局で各郵便局でやっている事務をうちの方で集中して機械でやっていくという捉え方。最新鋭の機械等も導入しているのでスピードアップ、また、より正確に取り組んでいきたい」と話した。鹿児島郵便局は今月14日から業務を始める。なお、郵便や貯金などを受け付ける一般窓口はない。
[ 8/2 19:46 KYT鹿児島読売テレビ]

●九州2番目と紹介したメディア

★鹿児島テレビ放送(KTS) 動画はここから(放送局サイトへ)

【動画】鹿児島郵便局 開局式典

2017年08月02日

県内の郵便物の仕分け作業を専門に行う「鹿児島郵便局」が霧島市隼人町に新たに完成し、記念式典が行われました。

霧島市隼人町に完成した地上4階建ての「鹿児島郵便局」。現在、県内で扱われる郵便物はすべて鹿児島市の鹿児島中央郵便局にいったん集められ、それぞれの地域や郵便局に仕分けされていますが、その機能が移転されることになります。2日、開局を記念した式典が行われました。鹿児島郵便局は利用者が郵便物を持ち込んだり受け取ったりする窓口がなく、仕分け専門の郵便局としては九州で2カ所目です。鹿児島中央郵便局と比べ作業スペースが倍以上となり、性能が向上した郵便物区分け機も導入され、作業量の軽減が図られます。日本郵便によりますと、鹿児島郵便局の従業員数は約350人で、このうち180人を新規採用したということです。鹿児島郵便局の業務開始は今月14日です。

●順番を触れていないメディア

★鹿児島放送(KKB) 動画はここから(放送局サイトへ)

文章の記載はありませんでした。

★南日本新聞社 引用元はここから(新聞社サイトへ)

鹿児島郵便局、霧島市に14日開局 最新鋭の機器披露(2017 08/02 22:59)

日本郵便(東京)が霧島市隼人に整備した鹿児島郵便局の披露式典が2日、開かれた。県内の仕分け業務の拠点となる。内覧会では作業の効率化や正確性が期待される最新鋭の機器類が紹介された。業務開始は14日から。
鹿児島局は小包や郵便物を仕分ける「地域区分郵便局」で、一般の窓口はない。1日に郵便118万通、小包2万4000個を扱う。これまで鹿児島中央局(鹿児島市)と熊本北局(熊本県菊陽町)でしていた鹿児島エリアの仕分け業務を集約し、県内各局の仕分けも担う。鹿児島中央局は一般向け窓口業務や配達などを続ける。

比べてみると、各社強調している部分が変わってきます。
個人的には、MBCの鹿児島中央郵便局前で大島行きのコンテナが通り過ぎる映像が、現状をよく物語っていると思いました。

伊勢・鳥羽旅行記(予約編)

伊勢・志摩の話。
1ヶ月前の話ですが、旅行に使用した手段を紹介します。

鹿児島から伊丹へ、羽田から鹿児島までの移動は飛行機を使いました。
ANAのマイルが貯まっているので、特典航空券を使用。4月の春休みシーズンを過ぎてから大型連休に入るまでの間はローシーズンになるため、ひとり当たり往復12,000マイルで移動できました。
欲張って、伊丹から羽田までも空路で移動しようと思ったのですが、時間的に割に合わず断念。

大阪から鳥羽、鳥羽から名古屋までは近畿日本鉄道の周遊きっぷ「まわりゃんせ」を使用しました。
松坂から賢島までの近鉄線が特急を含めて乗り放題、その上提携の有料観光施設も入場でき、更には近鉄の駅からだと往路と復路が違っていても利用可能と、最強にお得な旅行商品です。

私は近畿日本ツーリストの鹿児島支店で購入。
近畿日本ツーリストの代理店業務を行っている旅行会社でも購入可能な場合がありますので、近くに近畿日本ツーリストの店舗が無い方でも購入できるかもしれませんが、現金払いのみと言われるケースもあります(実際、事前に確認した別の旅行会社では「現金のみ」と言われました)。マイルを貯めたいとか、クレジットカード利用付帯の保険を適用させたいという方は要確認の部分になるかと思います。
近畿日本ツーリストで購入した時には引換券を渡され、近鉄の駅で切符と交換するように案内されます。
私は同時に乗車する特急の指定をしたため、特急券が混ざっています。

近鉄の駅で引換券を渡すと、自動改札を通過可能な往路の切符とフリー区間内と復路の切符、それにフリー区間用の特急券と有料観光施設の入場券が一緒になったパスポート、特典を記載したパンフレット等を受け取る事になります。
近畿日本ツーリストで発見してもらった特急券はそのまま使用可能に。今回は飛行機の欠航のおかげで再発券する運びになりました。ビスタカーの場合「V」の字をかたどったロゴが切符に印刷されるのは嬉しいところ。

名古屋と東京の間は、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」を使用しました。
名古屋駅近辺にあるチケットショップで、新幹線の切符を購入して「のぞみ」の普通席に乗るという手段も考えたのですが、荷物が多い状態で座席の狭い東海道・山陽新幹線を利用するのは微妙だという判断に。
その代わり、車内販売の無いグリーン車に乗ってちょっとした贅沢を味わいました(500円くらいの差ですが)。

伊勢・鳥羽での宿泊は、鳥羽駅に近い「錦浦館(きんぽかん)」に。
古い外観のホテルでしたが、内装や設備も古いものの、手入れは行き渡っている感じ。
温泉の大浴場もあるので、個人的には満足しました。空調が行き渡らなくて寒かったですが…。
今回は素泊まりでしたので、宿の食事は分からず仕舞い。

館内のその古さが良かったりしまして、何と館内電話が緑のダイヤル式の電話。
館内の案内表示も昭和40~50年代の物が残っていたりで、逆に貴重な物を見られて嬉しくなりました。

海に近い事もあって、日の出を見る事ができます。

更には、近鉄・JR鳥羽駅から歩いてすぐなので、近鉄電車も見放題です。
観光をせずに部屋に居て電車見るのも良いかもしれません(特に15時~16時の間)。

以前から伊勢神宮に行ってみたいという欲望もあったので、今回は東京にも行く用事に無理矢理くっつけた事もあり、タイトな日数で旅をしました。次回、伊勢方面に旅行に行く時には3泊4日の日程で、賢島まで回って「まわりゃんせ」を充分堪能してたくなります。

(伊勢・鳥羽の旅行記おわり)

伊勢・鳥羽旅行記(6)

伊勢・鳥羽旅行の続き。

3日目は東京への移動日になりました。
鳥羽駅で、近鉄名古屋行きの特急電車に乗車。

鳥羽駅では、JR東海のディーゼルカーと併走する場面も。

車内は松坂駅の辺りから、ほぼ満席の状態に。
1時間30分程度で、近鉄名古屋駅に到着。

名古屋駅では、1時間30分程度の空き時間を設けていました。
まずは、ナナちゃんに対面。

そして、昼食にきしめんを食べました。

時間が余ったので、JR名古屋駅のプラットフォームで時間を過ごしました。
試運転していた、新しい編成の新幹線と遭遇。

そして、新幹線に乗車。
「のぞみ」ではなく、「こだま」に乗車しました。
「ぷらっとこだま」のグリーン車プランを利用。座席のピッチが広いので、荷物が多くなっていた状況では大変助かりました。

新幹線に乗った時の醍醐味である、富士山。
天気は良くなかったのですが、拝むことは出来ました。

新幹線は2時30分過ぎに、品川駅で乗り換え。
東京駅まで行きたい気持ちもありましたが、都営浅草線沿線に宿泊する予定だったので交通アクセスの都合でやむを得ませんでした。
宿泊先にチェックイン後、私だけ浅草へ。スタンプショウの設営作業に参加しました。

(とりあえず、旅行記は終わり。伊勢・鳥羽旅行の話は次回の投稿まで引っ張ります)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。