伊勢・鳥羽旅行記(予約編)

伊勢・志摩の話。
1ヶ月前の話ですが、旅行に使用した手段を紹介します。

鹿児島から伊丹へ、羽田から鹿児島までの移動は飛行機を使いました。
ANAのマイルが貯まっているので、特典航空券を使用。4月の春休みシーズンを過ぎてから大型連休に入るまでの間はローシーズンになるため、ひとり当たり往復12,000マイルで移動できました。
欲張って、伊丹から羽田までも空路で移動しようと思ったのですが、時間的に割に合わず断念。

大阪から鳥羽、鳥羽から名古屋までは近畿日本鉄道の周遊きっぷ「まわりゃんせ」を使用しました。
松坂から賢島までの近鉄線が特急を含めて乗り放題、その上提携の有料観光施設も入場でき、更には近鉄の駅からだと往路と復路が違っていても利用可能と、最強にお得な旅行商品です。

私は近畿日本ツーリストの鹿児島支店で購入。
近畿日本ツーリストの代理店業務を行っている旅行会社でも購入可能な場合がありますので、近くに近畿日本ツーリストの店舗が無い方でも購入できるかもしれませんが、現金払いのみと言われるケースもあります(実際、事前に確認した別の旅行会社では「現金のみ」と言われました)。マイルを貯めたいとか、クレジットカード利用付帯の保険を適用させたいという方は要確認の部分になるかと思います。
近畿日本ツーリストで購入した時には引換券を渡され、近鉄の駅で切符と交換するように案内されます。
私は同時に乗車する特急の指定をしたため、特急券が混ざっています。

近鉄の駅で引換券を渡すと、自動改札を通過可能な往路の切符とフリー区間内と復路の切符、それにフリー区間用の特急券と有料観光施設の入場券が一緒になったパスポート、特典を記載したパンフレット等を受け取る事になります。
近畿日本ツーリストで発見してもらった特急券はそのまま使用可能に。今回は飛行機の欠航のおかげで再発券する運びになりました。ビスタカーの場合「V」の字をかたどったロゴが切符に印刷されるのは嬉しいところ。

名古屋と東京の間は、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」を使用しました。
名古屋駅近辺にあるチケットショップで、新幹線の切符を購入して「のぞみ」の普通席に乗るという手段も考えたのですが、荷物が多い状態で座席の狭い東海道・山陽新幹線を利用するのは微妙だという判断に。
その代わり、車内販売の無いグリーン車に乗ってちょっとした贅沢を味わいました(500円くらいの差ですが)。

伊勢・鳥羽での宿泊は、鳥羽駅に近い「錦浦館(きんぽかん)」に。
古い外観のホテルでしたが、内装や設備も古いものの、手入れは行き渡っている感じ。
温泉の大浴場もあるので、個人的には満足しました。空調が行き渡らなくて寒かったですが…。
今回は素泊まりでしたので、宿の食事は分からず仕舞い。

館内のその古さが良かったりしまして、何と館内電話が緑のダイヤル式の電話。
館内の案内表示も昭和40~50年代の物が残っていたりで、逆に貴重な物を見られて嬉しくなりました。

海に近い事もあって、日の出を見る事ができます。

更には、近鉄・JR鳥羽駅から歩いてすぐなので、近鉄電車も見放題です。
観光をせずに部屋に居て電車見るのも良いかもしれません(特に15時~16時の間)。

以前から伊勢神宮に行ってみたいという欲望もあったので、今回は東京にも行く用事に無理矢理くっつけた事もあり、タイトな日数で旅をしました。次回、伊勢方面に旅行に行く時には3泊4日の日程で、賢島まで回って「まわりゃんせ」を充分堪能してたくなります。

(伊勢・鳥羽の旅行記おわり)

20160513 ANAの絵葉書

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

今回の上京では、帰りはANAの機材に搭乗しました。機材はボーイング777-200。
搭乗した飛行機では、絵葉書を遠慮無く頂くようにしていますので、ドリンクサービスが終わった頃にキャビンアテンダントの方に声を掛けました。

数種類頂いた中の一種類を紹介します。

DSC02419

「STAR WARS ANA JET」塗装の、ボーイング767-300の絵葉書。
ANA STAR WARS PROJECT」を展開中で、機内誌「空の王国」でもANAの機材としてスター・ウォーズに登場する宇宙船「ミレニアム・ファルコン」も紹介しています(勿論、洒落です)。
地方からANAの航空機を利用して東京ディズニーランドに行く方は、機内で「STAR WARS ANA JET」はがきをもらってディズニーランドからはがきを差し出してみては如何でしょうか? アトラクションに「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」がありますので、問題なく「適正使用」です。
かという私は、帰りにはがきを頂いたのでちょっと残念な気持ちになっています。

19770107 ニューギニア航空・鹿児島路線

私の地元、鹿児島空港は今では中華民国、中華人民共和国、香港、大韓民国と近隣の諸国との定期便が開設されています。

昭和50年代初め頃までは、小国のフラッグキャリアが日本への定期便を開設する際に選んだ空港というケースもありました。ナウル航空(現在のアワー航空)と、今回紹介するニューギニア航空です。
1977年1月7日に鹿児島とパプアニューギニアの首都、ポートモレスビーの間を就航しました。

初飛行カバーをご紹介します。

19520107-newguinea-1

「TRANS WORLD PHILAIR CLUB」が作成したカバー。
ニューギニア航空が作成したと思われる、記念スタンプが押印されています。

19520107-newguinea-2

もうひとつは、日本側で作成したと思われる初飛行カバー。それぞれで欧文日付印の印影が違うのも興味が湧きます。
日本国内の代理業務は、当時のフラッグキャリアの日本航空ではなくて、全日本空輸(現在のANA)で行われていたのも面白いです。
状態が悪いものの、資料と割り切って入手しました。綺麗なカバーと出会えたら、是非とも交換したいです。

私の中で謎だったのが、地元鹿児島では無くて東京空港郵便局の消印が押されていること。
ひとつのヒントは、日本側で作成したカバーのカシエに描かれたルートの記載。飛行機自体は鹿児島からなのですが、実質的には東京から鹿児島経由という記載をしています。

郵趣的な資料も手に入れていましたので、記事ごとご紹介しておきます。

19770405-satsuma

「鹿児島郵話会」が1977(昭和52)年4月5日発行のはがき通信「さつま通信」143号に、パプアニューギニア宛の郵袋伝達式が行われた事が記載されています。残念な事に伝達式の日付が明記されていませんが、この前の号で郵趣情報を取り扱っているのが1977年12月のため、恐らく初飛行日に郵便物に載せられていたことが推測されます。
最初に取り扱っていた300通のうち、初飛行カバーが何通だったのかとても気になるところです。

20140521 鹿児島空港発羽田空港行き

5月28日に訪問した、宮崎県えびの市と熊本県人吉市。本当は、前週の21日に行く予定にしていました。
訪問先の郵便局との間で「食い違い」が生じてしまい、一週間日延べをする事に。
既に、21日を「遠出する」と決めていた私は急遽昼から家族を連れて遠出することにしました。
その結果のひとつが、先日投稿したJR隼人駅。その前にもう1ヶ所訪問していました。

それは、鹿児島空港。取り敢えずメインは郵便物の差出し。
「スタンプショウ」でお会いした方を中心に、ハガキを送りました。

羽田空港局留めのはがき。

上京する度にANAの機内でもらい続け、貯めこんでいた絵はがきを使いました。
一度に数十枚も頂けないので、送った枚数は限られました。それでも手元に若干余ってます(笑。
鹿児島空港内簡易郵便局
引受押印をお願いし、羽田空港郵便局へ局留で差出し。
郵便局での留置期間が経過したら、差出人に差し戻す形。
宛先を自分宛にして差出人を送りたい人にすれば、時間は掛かる物の相手の方に届きます。

・・・と思っていたら2日後に我が家に郵便物が。

一度戻ってきたハガキ

羽田空港に向けて離陸したはずの郵便物が我が家に不時着。
宛名面が横位置になっているハガキを中心に羽田空港をオーバーランして「差出人」としていた宛先の方に不時着してしまった分も多数発生(涙
運が良ければ「オーバーラン」先の「差出人」の受け持ち郵便局で行き先が間違えている事に気付いてくれて、「軌道修正」も受けられたようです。

宛先の部分を隠しているのは、撮影した映像をFacebookに投稿した時にこの手紙のオチを明らかにしたくなかったから。郵便局名を明らかにした分を撮影していませんでした。
届いた次の日に、私の自宅の郵便物の配達を受け持っている鹿児島中央郵便局に行く用事があったので、ゆうゆう窓口で事情を話すと、窓口の方が話の分かる方で再度郵便に乗せて羽田空港局まで送って下さるとの事。その局員が言うには、「from」と「to」で宛先と差出人とをきちんと区別していたはずだったのが、郵便局側で誤った判断をした模様。
横長の郵便物の場合、差出人と宛先との関係がまちまちなので時々誤送を起こしてしまうことがあるそうです。
横長の郵便物で宛名を書くときには気をつけるべきだと言うことを痛感した事例になりました。

搭乗券入れ

年が明けてから、時間を見つけて昨年後半の郵趣活動で得た品々を整理しています。

narita-ana

全日本空輸(ANA)の搭乗券入れに、1978年5月20日発行の「新東京国際空港開港」記念切手を貼り成田空港郵便局の欧文ローラー印を切手発行日に押印しています。

見たときから違和感を感じていたので、すかさず入手。
それは、なぜANAの搭乗券入れなのか?
普通だと、日本航空のチケット入れでは…と思うのは、航空マニア入ってますね(笑

実際ANAへホームページ経由で問い合わせてみました。
ホームページの会社沿革で紹介されていて、初就航の路線は全て採り上げられています。
ANAとしての成田への初就航は1978年8月1日からで名古屋との間を結ぶ便という事が分かりました。成田空港の開港2ヶ月後で、国内線です。
この記念品を作った人がどのような意図で作っているかがとても気になる。私のようなANA好きなのか、当時の航空運賃は意外に高いので、やむなく手持ちのチケット入れを使ったのかと、色々想像できてしまいます。

今は、日本の二大航空会社は国際線を運航していますが、成田空港が開港した当時は現在とは全く事情が異なります。
1971年に国内の航空会社が3社になって以来、
日本航空(JAL)は、国際線と国内の幹線を運航し、
全日本空輸(ANA)は、国内の準幹線とローカル線を運行し、
東亜国内航空(TDA、後の日本エアシステム、1994年に日本航空と統合)は、国内のローカル線を運行する。
という行政の指導で運航路線が指定されていました。俗に「45/47体制」と呼ばれています。

この体制には、国内航空会社の保護という観点がありました。
戦後日本での航空活動が再開されて以来、民間航空会社は合併を繰り返していました。政府からの指導もありましたが、航空会社自体が過当競争にならないよう、自主的にも行われていました。
その結果、1960年代後半には日本航空と、全日本空輸、東亜航空、日本国内航空の4社体制になり、最終的には、日本航空と全日本空輸の二社体制に整える方針でした。ところが、東亜航空と日本国際航空が合併し、東亜国内航空が発足することに。それを踏まえて、政府で航空会社の営業路線を指定する事になりました。
この体制は、全日本空輸や東亜国内航空の国際線就航は国の方針転換がなされた1985年を待つ事になります。

日本国際切手展2011(その2)

国際展の話。

鹿児島から羽田への機内では、ビデオを観たり(この会社の社長さんの話)、音楽を聴いたり適当に過ごしていました。

関東地方が天候不順ということもあり、10分程度遅く到着。
第2ターミナルから羽田空港局がある第1ターミナルへ無料で運行しているシャトルバスで移動。羽田空港でも記念スタンプを押印し、羽田空港郵便局で記念押印。

羽田空港第1ターミナルの記念スタンプ。JALがメインのターミナルなので、赤いです。切手の消印は、羽田空港郵便局の風景印。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。