20140528 観光列車「いさぶろう・しんぺい」

フォルムカード購入を兼ねたドライブ。まだまだ県境を超えません。
吉松駅では、偶然JR九州のリゾート列車(D&S列車)が接続する時に遭遇しました。

吉松駅の観光列車

右側は鹿児島中央-吉松間を走る「はやとの風」。
左側は人吉-吉松間を走る「いさぶろう・しんぺい」。
人吉からの下り列車が「いさぶろう」、吉松からの上り列車が「しんぺい」と名前を変えて走ります。
これは、この区間にある最長のトンネル矢岳第一トンネルの扁額(トンネル入り口上の看板)に、人吉側にトンネル工事着工時の着工時の逓信大臣山縣伊三郎の、吉松側に開通時の鉄道院総裁の後藤新平の揮毫(本人の筆跡で書かれた文字)を掲げていることに因んでいます。
そして、列車の名前を上りと下りで変えているのも、由来となった方の揮毫の入った扁額に向かってトンネルに入っていくという凝りようです。

逓信省は今の総務省と日本郵便の前身に当たる事をご存じの方は不思議に思うかもしれません。
逓信省は1892(明治25)年から1908(明治41)年の間、官営の鉄道事業を管轄していた官庁だったのです。

「はやとの風」は写真を撮っているうちに出発してしまったのですが、「いさぶろう・しんぺい」はまだ残っていたので、入場券でホームに入っているのにもかかわらず客室乗務員の方に一言断って記念スタンプを押印。切符にも書いている通り、本当は入場券で列車内に立ち入ってはいけません。

いさぶろう・しんぺいの記念スタンプ

記念スタンプと記念乗車証。
記念スタンプはシヤチハタのXスタンパーを使用しています。
そして、揺れる列車の車内での使用を考えて固定したトレイの中に置かれていました。
発車時刻までに余裕がありましたので、ポンポンと記念スタンプを押しました。

いさぶろう・しんぺい記念スタンプ  いさぶろう・しんぺい記念乗車証

ついでに、記念乗車証にも記念スタンプを押印。

はやとの風記念スタンプ   はやとの風・記念乗車証

なぜか、手元に「はやとの風」の乗車証も入手してしまいました。
吉松駅の駅スタンプを押しているときに、台湾からの旅行者の方と意気投合。
地元なのにもらってしまいました。さすがに手ぶらでサヨナラするのは忍びないので、途中押せなかったであろう隼人駅の駅スタンプを押したカードを差し上げたらとても喜んでいました。

20140528 JR九州肥薩線/吉都線・吉松駅

栗野駅を過ぎて、吉松駅まで来ました。
肥薩線の鹿児島の最北端の駅です。
そして、JR九州肥薩線と吉都線(きっとせん)の分岐点。
鹿児島に鉄道が開通したときには鹿児島本線の駅として重要な役割を担っていましたが、今はローカル線の駅となっています。
分岐点であることは変わっていませんので、今も重要な役割を持っている駅です。

吉松駅駅舎

駅の外観。
昭和40年代に改築された駅舎。
40年以上経っている建物なので、それなりの懐かしさを感じます。

吉松駅駅スタンプ

駅スタンプは、改札の駅員さんに告げると出してくれます。
最近の小規模な有人駅はスタンプ台と設置していなくて改札内で保管している事が多いです。

吉松駅スタンプ

吉松駅の駅スタンプ。
SLを描いていますが、スタンプの状態が悪くて形式までは分かりません。
C56ではないかと思うのですが…。

状態の良い時に押した方が居たら教えてください!!

20140528 川添簡易郵便局

栗野郵便局から更に北上しますけど、まだ鹿児島県内です。
栗野から吉松に向かう途中、簡易郵便局を発見したので車を止めました。

遭遇したのは、川添簡易郵便局です。

川添簡易郵便局局舎

こぢんまりとはしていますが、窓が多くて明るい局舎でした。
場所は栗野駅と吉松駅を結ぶ国道268号線沿い。
局舎が道沿いからほんの少し離れますが、国道よりも少し高い位置にあるので容易に見つけられます。
時間に余裕のある方は、局舎前に駐車場もあります。安心して局メグ出来る環境です。

川添簡易郵便局日付印

郵便局の日付印。
最近少なくなってきた、金属印を使用しています。
某局で聞いた話ですが、簡易局でも受託者の希望によってインク浸透式への交換ができるようです。
力を入れずに押印できるインク浸透式への交換が進んでしまう可能性もありますので、金属印を使用している簡易郵便局を見つけたら確保した置いた方が良いと私は思っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。