20161001 スタンプショウかごしま

2016年10月1日から2日に鹿児島市で開催された、「スタンプショウかごしま2016」。
毎年のことですが、運営側として切り盛りしていました。
イベント自体の状況はJPS鹿児島支部のブログをご覧下さい(ここをクリック)

私は、本業の休日取得の兼ね合いで、会場に居たのは初日の1日だけ。
地元の鹿児島のイベントという事もあり、郵趣関係の知人に小型印を押印した郵便物を毎年送るようにしています。

20161001-ssk2

「公式」の記念はがきに、小型印を押印。
これは、会場内で記念ハガキを押印できる案内用として、会場内に掲示するために作成しました。

20161001-ssk1

送った記念ハガキはこちら。
原図と、郵便局に提出した小型印原図を左側に配置し、右側に実際使用された小型印を押印。
小型印の申請図を作成する作業も担当していたので、「公私混同」で作成してしまいました。
右上のスペースに、千葉県在住の青雀堂ボリさんに作成して頂いた記念スタンプを押印しました。
裏側は、告知用のハガキ。これも「公私混同」で実際に送った告知用のハガキとは別注文で紙質を変え、片面のみの印刷しています。

20161001-ssk1ura

小型印押印後、発覚した話がありまして。
日本郵便の小型印のホームページに掲載の小型印の図案と出来上がった小型印の印影が違っていました。

20161001-ssk3

拡大に耐えられませんが、もう少し大きくします。リンク切れ起こしたらごめんなさい。

日本郵便の方、どうやら提出した原図をネット上にアップしてしまったようで…。

20151204 近況報告

P_20151130_135823

ここ最近、Facebookへの投稿が多くなってしまい、このブログを放置させてしまっていました。
10月は郵趣で「スタンプショウかごしま」、プライベートで農作業があり、11月にようやく落ち着く事になるのですが、今年は11月に本業での転勤もあり、落ち着く間も無く繁忙期を迎えている今日この頃です。

色々と溜め込んでいた事案が山積みなのですが、ネット上の郵趣活動として、まず公の活動としてのJPS九州・沖縄地方本部のホームページで公開するコンテンツの準備を最優先にして、そしてイサムスタンプのヤフオク!での営業再開を行い(FC2はもう少し時間ください)、このブログへ少しずつ投稿を再開しつつ、JPS鹿児島支部のブログにもコンテンツを載せるという事をこなす必要があります。
投稿の元ネタとなる、入手したコレクションも溜め込んでいますので、ボチボチ整理してアップしたいと思っていますが、公私のどちらかで時間を取られてしまう事があれば、更新ができなくなるかもしれません。
まずは、そのような「事態」に陥らないように気を付けます。

もうひとつご報告を。
このブログのカテゴリーが細かくなりすぎたので、カテゴリー分けをリセットします。
ブログの引っ越しを重ねて昔からのコンテンツを引きずっていますが、色々な作業が煮詰まったときに気分転換でカテゴリーの再定義を行うつもりです。

写真は、鹿児島東郵便局の局舎。やはり年賀葉書を積極アピールしています。
いつも「スタンプショウかごしま」でお世話になっているので、毎年のお礼として購入しています。
担当の局員さんが入り口で年賀葉書を売っていたのを気付かず、窓口まで行った私。
マイナンバー受け取りのお客さんの列に埋もれていたと言う事にしてください…。

郵趣におけるNHKの活用法

地元に関する郵趣品を集め始めるようになって、意識し始めたのがNHKの存在。
意外と、NHKに関係する物で郵趣的な収集対象に化けさせる事ができます。
その方法をご紹介します。

その1:往復はがきを出してみよう
NHKの放送を注意深く観ていると、NHKの公開放送が行われる際に抽選があること告知しています。
日曜日の正午過ぎに行われる「のど自慢」をはじめとする公開放送を行う際に、NHKでははがきによる参加募集の抽選を行うことが多いです。基本的に往復はがきを差し出し、その結果を参観希望者に返信する形を取っています。
抽選の際に、手元に送られるハガキには地元にちなむ題材となりうる記載が行われることがあるので、その実例を紹介します。


2011年(平成23)年に出水市で公開生放送された「のど自慢」の抽選結果。残念ながら外れてしまいました。
但し、はがきの上面に「出水市市制施行5周年記念」という名称が入っています。平成の大合併で旧高尾野町と野田町が合併し、(新)出水市としてからの年数の換算になります。
郵政民営化以前、特に昭和から平成に変わった頃までのように、何かのイベントに絡めて郵便局側で記念品を作ったついでに小型印も使用されていた頃だと、郵趣的なカバーを自作することが容易でしたが、日本郵便が消極的になってしまった現在ではコレクションに入れられる手段として取り入れられるのではないでしょうか?


もう一点提示しておきます。
この記事を投稿した直近に開催されたNHK鹿児島放送局開局80周年を記念した事業で、開催されたコンサート。2枚差し出して、抽選に当たった分と外れた分とが1枚ずつ届きました。
このように、複数枚差し出すことは忘れられがちですが大事なことです。番組参観をした場合、受付ではがきを回収されてしまいます。そうなると、コレクションとして残すことができません。1枚のはがきで複数名参観できるようになっていることが多いので、ご家族がいらっしゃる方は、ご家族の人数分応募し、収集用に自分とご家族の名前で複数枚差し出すと、最低1枚は手元に残せます。今回は、当たった分のはがきは泣く泣く回収する羽目になり、外れのはがきにはイベント名しか描かれていない、当たりのはがきのスキャンデータを添えなければ調べないと分からない状態に…。
尚、応募の際の注書きにも書かれていますが、応募のはがきを差し出すことで、NHKの受信料を支払っているかのチェックも入るようです。
最後にこのコンサート、鹿児島県内での放送は予定されていたのですが、はがきに記載の放送予定日の直前に口永良部島の新岳が爆発し、その日は口永良部島関連の特別番組を放送することになり、放送日が延期になってしまっていまいました。

2.連続ドラマのはがき
番組参観ができると、会場ではささやかな記念品が進呈されます。中には、BS放送のスケジュールや、BSキャラクターのシールがあったりしますが、郵趣的に使えそうなのは大河ドラマや朝の連続テレビ小説のPR用の私製はがき。

Jpeg
このはがきを利用して、郵趣的な記念品を作成した例がこちらです。

花燃ゆ表
2015年1月4日から放送開始された大河ドラマ「花燃ゆ」の放送開始を記念して作成ました。
通信面は「花燃ゆ」のポスターと同じデザインになっています。
2014年12月下旬に放送された地元局の情報番組の公開放送でもらった絵はがきの中に入っていたもので、放送日に合わせて山口県の萩郵便局に郵頼をしました。偶然、萩郵便局のゆうゆう窓口が20時までの営業を行っているので、大河ドラマの放送時間に合わせる形で風景印と和文印を押印してもらいました。
番組PR用の絵はがきに関しては、(常識の範囲内で)ある程度の枚数をもらえる可能性があります。放送局ではありませんが、東京都港区にある放送博物館に訪問した際に、絵はがきが「ご自由にお持ち帰りください」と言わんばかりに山積みされた状態で自由に取れる状態になっていました。地元のNHK放送局でも、受付で相談をしてみると良い結果が起きるかもしれません。

3.実際にNHKに行ってみよう
NHKの放送局には、記念スタンプがあることはご存じでしょうか?各放送局のロビーは、NHKの事業を紹介したり、今までのNHKの放送をオンデマンドで視聴することができるようになっており、一般開放されています。
そこには記念スタンプが用意されており、希望者は気軽に押印することが可能です。
私が記念スタンプを押印したのが2013年7月。その時には、NHK-BSのキャラクターの「ななみちゃん」の現地バージョンを中心に設置されていて、鹿児島の「西郷ななみちゃん」、「ロケットななみちゃん」など、幾つかのバリエーションがありました。
記念スタンプを押印して、放送局最寄りの郵便局ならびに題材に因んだ郵便局の消印とのコラボレーションが楽しめます。

NHK鹿児島
その一例として、「西郷ななみちゃん」の記念スタンプに、鹿児島東郵便局の風景印を押印したハガキを紹介します。
各地のNHKの放送局にも記念スタンプは設置されているので、立ち寄ったときは押印するのも面白そうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。