20160817 肥薩おれんじ鉄道・鹿児島県内の記念スタンプ

8月のお盆過ぎに、嫁さんの実家がある出水市へ帰省することが恒例行事になっています。
今回は仕事の都合で、出水への移動は鉄道を利用する事に。

p_20160817_104645
肥薩おれんじ鉄道西方-薩摩大川間の車窓から撮った一枚。 鹿児島県側は、折口(おりぐち)から薩摩高城(さつまたき)の間は海沿いを走るため、東シナ海の眺めが綺麗です。

列車の乗り換えの時間に余裕を持たせて、以前から押印したかった記念スタンプを押印する機会が得られました。
実際は、乗車区間は川内ー阿久根間。出水駅は自家用車で訪問してしまいました。

20160830-orange

熊本県八代市の八代駅から、鹿児島県薩摩川内市の川内(せんだい)駅の間の「肥薩おれんじ鉄道」。九州新幹線の開業時に運営を転換されたものの、沿線の過疎化もあり厳しい経営を強いられている状況です。
その中で、「おれんじ食堂」をはじめとする観光列車を運行したり、年に数回料金一律で乗車できる日を設けたりと、集客に力を入れています。
そのうちのひとつとして、2016年の春から鹿児島県内の主要駅で使用し始めた記念スタンプ。3つの駅の記念スタンプを重ね押しすると、上の様な図案になるという凝った仕掛けがなされています。

それぞれの図案は以下の通りです。

阿久根駅と出水駅には別図案の記念スタンプも設置されています。

SONY DSC
川内駅のJR九州と肥薩おれんじ鉄道の境目部分。写真手前側がJR九州。駅事務所前には、SUGOCA(JR九州の交通系電子マネー)の簡易改札機も設置されています。

押印のためのプチ情報を。
川内駅出水駅はJR九州の駅も併設されていて、記念スタンプも設置されています。また、出水駅には地元の特産品の販売施設「飛来里(ひらり)」も記念スタンプを使用しています。
肥薩おれんじ鉄道の川内駅の事務所は、JR川内駅の在来線ホームの奥にあるため、JRの入場券が無いと行けません。
出水駅のスタンプは、出水駅の事務所にはありません。隣にある肥薩おれんじ鉄道の事務所に置いています。普通の会社の事務所のような雰囲気ですが、スタンプを押しに来たことを伝えると事務所の奥からスタンプ台を用意して、気軽に押印できるようになります。

SONY DSC
肥薩おれんじ鉄道川内駅事務所内の駅スタンプスペース。 重ね押しするとひとつの図案になる案内も設置されています。

私は重ね押しに見事に失敗していますが、押印用の定規を備え付けています。私は、その定規を使っていても失敗していたでしょう…。

20160513 JR京葉線・八丁堀駅

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

最近、上京した時の移動にJRを利用する機会が少なくなり、代わりに地下鉄の利用が増えました。
スマホを利用して乗換案内と地図のアプリを利用する事で、最短の距離をはじき出すことが可能に。
勿論、地下鉄駅での出口では迷ってしまうので、駅内の地図は必ず見ないと大変目に遭います。
そして、山手線の新型電車と遭遇したり、羽田空港との往復で品川駅で乗り換えて上野東京ラインに乗ってみようという鉄道趣味的な体験ができないという、由々しき話もあります。

今回の旅行で乗った唯一のJR線は京葉線。
東京ディズニーランドから2、3泊目の宿に向かうため、舞浜駅から八丁堀駅までの利用でした。
利用した時間帯がディズニーリゾートのパーク閉園1時間前。舞浜駅は通勤ラッシュ並みに混む時間帯なので、舞浜駅での駅スタンプ収集は諦めました。

160513hacchobori

八丁堀駅から、地下鉄日比谷線に乗り換える時に、駅スタンプが改札口から見えました。
東京メトロでは駅スタンプは設置していませんので、JRの方です。
「鬼平犯科帳」のモデルになった長谷川平蔵生誕の地。
風景印は中央八丁堀郵便局を選択。同心屋敷と同心姿のシルエット、十手、近代ビル群を描いています。

駅スタンプを押印後、ホテルの周辺から郵頼の手紙を中央八丁堀郵便局に送りました。

20160512 上野動物園

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

3日目の午後は、上野動物園へ。
私は幼い頃に一度パンダを見るために家族や親戚と訪れたことがありました。

SONY DSC

入口に違和感を感じていたら、工事中。

SONY DSC

東京都美術館の近くにある、仮設の入口から入場する事に。
伊藤若冲展が開催され、訪問日は皇太子殿下夫妻が観覧されていたせいか、行列がかなりできていました。

DSC02309

まずは、パンダを。運が良いことに、食事の時間と重なりました。訪問時には来園者もさほど多くなかったため、動いているパンダを心ゆくまで見ることが出来ました。
その後、園内をゆっくりと見学しながら記念スタンプを押印しました。
上野動物園には3ヶ所、4種類の記念スタンプが存在します。

まずは、現在工事中の正門の近く、パンダ舎の左側にある総合案内所に2種類。

160513ueno-1

ひとつは、ジャイアントパンダを描いた図案。

160513ueno-2

もうひとつは、ニシローランドゴリラの親子を描いた図案。
押印時には気付かなかったのですが、日付が訪問日前日に…。

あと2ヶ所は、上野動物園内のモノレール。
動物園の遊具では無く、東京都交通局が運営している、きちんとした鉄道
但し、SuicaやPASMOをはじめとするICカード乗車券は使えません。

160513ueno-3

東園駅に設置しているスタンプ。正面入口やパンダ舎がある側。

160513ueno-4

西園駅。不忍池側ののりばです。急いで押印したため、インクの乗りが悪くなりました。
描かれている動物はそれぞれのエリアに展示されている物です。

押印したスタンプは、上野動物園正面入口前にあるパンダポストから差し出しました。

DSC02344

差し出し口部分を拡大すると、

DSC02345

左側の定形郵便物の差し出し口は、必ず風景印が押印される記載がされています。
パンダの描かれていない図案に押印した和文日付印は、透明な袋に押印指示を記載した用紙を添付しておきました。

20160214- JR九州・小倉駅の駅スタンプ

北九州切手のつどいでの収穫品。
とは言っても、会場ではなくて記念スタンプの話。

毎年参加しているので、会場の最寄り駅である小倉駅の記念スタンプは時間があれば押印して、図案変更が無いかチェックしています。

小倉駅は、新幹線がJR西日本の管理、在来線はJR九州の管理になっていて、それぞれにみどりの窓口と改札が設けられています。
JR西日本、JR九州両方とも駅スタンプが変わっていました。この記事では、JR九州のスタンプを紹介します。
設置場所は、JR九州のみどりの窓口。モノレール乗り場のある建物内の広場の一角にあります。

折角なので、小倉駅前郵便局の消印で作ろうと思ったのですが、2週間近く経ってから郵頼。

20160307-kokura-kyushu

記念スタンプは、毎年夏に小倉城内にある八坂神社で行われる祇園太鼓を描いています。
小倉駅前郵便局の風景印を押印。駅スタンプと同じく祇園太鼓、小倉城と足立山の小文字焼を描いています。
余談ですが、小倉北区にある郵便局のうち、北九州中央郵便局と小倉西郵便局以外は同じ図案を使っています。
JR西日本のものと同じく、小倉駅前郵便局の移転初日の日付で押印しています。

参考までに、以前使用されていた記念スタンプ。

110220kokura-jrk

以前の記念スタンプも、同じく祇園太鼓を描いたものでした。
原画作者が違うのでしょう、可愛らしさはどちらもあるものの、雰囲気がかなり違います。
小倉駅のポストから差し出して、旧郵便事業北九州支店の機械印が押印されました。
記念スタンプとのコラボカード収集を始めたばかりの頃に押印した物なので、官製はがきを使用しています。

最後に、移転した小倉駅前郵便局について。
訪問した2月14日には、移転予定の案内の看板が立てられていました。

P_20160214_091138

2016年3月7日以前の小倉駅前郵便局の場所には、北九州中央郵便局がありました。
1999年6月28日に、北九州中央郵便局が現在の位置に移転し、小倉駅前郵便局が開局されました。
P_20160214_091127

旧小倉駅前郵便局の局舎。
集配も行っていない普通の郵便局としては、大きすぎる建物です。
建て替えをして、有効活用するのかどうかは分かりませんが、今後の動向は注目したいところです。

20160214- JR西日本・小倉駅の駅スタンプ

北九州切手のつどいでの収穫品。
とは言っても、会場ではなくて記念スタンプの話。

毎年参加しているので、会場の最寄り駅である小倉駅の記念スタンプは時間があれば押印して、図案変更が無いかチェックしています。

小倉駅は、新幹線がJR西日本の管理、在来線はJR九州の管理になっていて、それぞれにみどりの窓口と改札が設けられています。
JR西日本、JR九州両方とも駅スタンプが変わっていました。この記事では、JR西日本のスタンプを紹介します。
設置場所は、JR西日本のみどりの窓口。駅の北側にある窓口にになります。
JR西日本の記念スタンプ、今まで使用していた図案のスタンプは駅改札内に移動していますので、追加という事に。

折角なので、小倉駅前郵便局の消印で作ろうと思ったのですが、2週間近く経ってから郵頼しました。

20160307-kokura-west

JR西日本の記念スタンプは、「ひかりレールスター」と500系(スタンプには「のぞみ」と記載あり?)、背景に小倉城と小倉祇園太鼓を描いています。
郵便の日付印は、小倉駅前郵便局の和文印を押印しました。
小倉駅前郵便局には、特に日付を指定せずに押印依頼を郵頼していたのですが、郵頼を出した日が移転日に近かったおかげでしょうか、局舎移転した初日の3月7日までわざわざ保管して押印して下さいました。局名や風景印の図案が変わったわけではありませんので、何か記録を取っておかなければ忘れてしまいそうです。

参考までに、以前みどりの窓口で使用され、改札口内に移動した記念スタンプ。

110220kokura-jrw

記念スタンプとのコラボカード収集を始めたばかりの頃に押印した物なので、官製はがきを使用しています。
記念スタンプは、関門海峡と関門橋、新幹線(N700系と思われる)、祇園太鼓を描いています。
「北九州切手のつどい’11」の会場に開設された、旧郵便事業北九州支店の臨時窓口から差し出しました。北九州郵便局の前身である、小倉郵便局の消印を図案にしています。この年は、明治27年4月から明治26年までに使用された、為替と貯金用に使われた「丸一型日付印」をモチーフにしています。記載の日付は、イベント開催日にしている凝りようです。

20140907 肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅

実家への帰省のついでに、2014年5月にリニューアルした肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅を訪問しました。

akune-sta

いつものように、駅の記念スタンプを押印して近隣の郵便局で風景印を押印して頂きました。
記念スタンプは、地図の鉄道(とっても旧国鉄路線)の記号をモチーフにした輪郭に、阿久根の名産品の水産物、文旦、筍を描いた図案。
風景印は阿久根市の中心部沖にある阿久根大島と、生息しているシカ、温泉地を描いています。

SONY DSC

 

阿久根駅のリニューアル後の駅舎。
JR九州の鉄道車両でお馴染みの、水戸岡鋭治氏がデザインを手がけています。

SONY DSC

物産品売場やレストラン、カフェも併設されています。

SONY DSC

記念スタンプは,駅の窓口に置いています。
折角の手書きの案内もスタンプが押されまくっているのは残念。

SONY DSC

駅から歩いて5分足らずの所に、阿久根郵便局はあります。
国道3号線沿いのアーケード街にあるものの、シャッターが閉まっている店が多いです。最近の地方都市で良く見受けられる傾向ですが…。
あいにく訪問した日は日曜日だったため、窓口の営業は行われていませんでした。局のポストに投函し、郵頼で風景印を押印する事に。

20140727 博多駅・福岡市地下鉄

7月19日に所用で福岡へ日帰りしてきました。

800系新幹線に乗りたいために、予約した新幹線が始発。
所用の行われる時間まで余裕が相当できたので、福岡市地下鉄の一日乗車券を利用してあちこち回ってみました。

hakata-2small

その「成果」。
上段左から、馬出九大病院前駅、千代県庁口駅、博多駅。
下段左から、箱崎宮前駅、天神駅。
筥崎宮の参拝と、福岡県庁前にある亀山上皇像と日蓮像の見学がメインの目的で、昼飯が天神で天ぷらと決めていたため、いびつな訪問に。本当は七隈線にも乗りたかったのですが、目的果たせず。

hakata-1small

郵趣品を作りました。
地下鉄の駅スタンプの裏面に、JR博多駅の駅スタンプを押印し、博多駅の風景印を押印しました。
大きな切手は、JR西日本の公式キャラクター「カンセンジャー」の切手が発行されていた…わけではありません。

「カンセンジャー」ノベリティ

JR西日本で「カンセンジャー・夏のおもてなし企画」と言う事で、JR西日本管轄の博多駅新幹線コンコースにてシールや団扇などをプレゼントしていました。
訪問した日は偶然にも実施期間初日。しかも、「ご自由にお持ち帰り下さい」とカゴに入った状態。常識の範囲内でシールを幾つかもらってきました。
本当は団扇に好きなシールを貼る意図があるのですが、それを無視する事に(笑。
そして、シールの大きさに合わせて切手形状の枠をドローソフトで作成してハガキに印刷した上、シールを貼りました。

シールと切手とどのように合わせるか悩む事があるのですが、「ある程度」の大きさだったらこの方法が使えそうです。

20140528 観光列車「いさぶろう・しんぺい」

フォルムカード購入を兼ねたドライブ。まだまだ県境を超えません。
吉松駅では、偶然JR九州のリゾート列車(D&S列車)が接続する時に遭遇しました。

吉松駅の観光列車

右側は鹿児島中央-吉松間を走る「はやとの風」。
左側は人吉-吉松間を走る「いさぶろう・しんぺい」。
人吉からの下り列車が「いさぶろう」、吉松からの上り列車が「しんぺい」と名前を変えて走ります。
これは、この区間にある最長のトンネル矢岳第一トンネルの扁額(トンネル入り口上の看板)に、人吉側にトンネル工事着工時の着工時の逓信大臣山縣伊三郎の、吉松側に開通時の鉄道院総裁の後藤新平の揮毫(本人の筆跡で書かれた文字)を掲げていることに因んでいます。
そして、列車の名前を上りと下りで変えているのも、由来となった方の揮毫の入った扁額に向かってトンネルに入っていくという凝りようです。

逓信省は今の総務省と日本郵便の前身に当たる事をご存じの方は不思議に思うかもしれません。
逓信省は1892(明治25)年から1908(明治41)年の間、官営の鉄道事業を管轄していた官庁だったのです。

「はやとの風」は写真を撮っているうちに出発してしまったのですが、「いさぶろう・しんぺい」はまだ残っていたので、入場券でホームに入っているのにもかかわらず客室乗務員の方に一言断って記念スタンプを押印。切符にも書いている通り、本当は入場券で列車内に立ち入ってはいけません。

いさぶろう・しんぺいの記念スタンプ

記念スタンプと記念乗車証。
記念スタンプはシヤチハタのXスタンパーを使用しています。
そして、揺れる列車の車内での使用を考えて固定したトレイの中に置かれていました。
発車時刻までに余裕がありましたので、ポンポンと記念スタンプを押しました。

いさぶろう・しんぺい記念スタンプ  いさぶろう・しんぺい記念乗車証

ついでに、記念乗車証にも記念スタンプを押印。

はやとの風記念スタンプ   はやとの風・記念乗車証

なぜか、手元に「はやとの風」の乗車証も入手してしまいました。
吉松駅の駅スタンプを押しているときに、台湾からの旅行者の方と意気投合。
地元なのにもらってしまいました。さすがに手ぶらでサヨナラするのは忍びないので、途中押せなかったであろう隼人駅の駅スタンプを押したカードを差し上げたらとても喜んでいました。

20140528 JR九州肥薩線/吉都線・吉松駅

栗野駅を過ぎて、吉松駅まで来ました。
肥薩線の鹿児島の最北端の駅です。
そして、JR九州肥薩線と吉都線(きっとせん)の分岐点。
鹿児島に鉄道が開通したときには鹿児島本線の駅として重要な役割を担っていましたが、今はローカル線の駅となっています。
分岐点であることは変わっていませんので、今も重要な役割を持っている駅です。

吉松駅駅舎

駅の外観。
昭和40年代に改築された駅舎。
40年以上経っている建物なので、それなりの懐かしさを感じます。

吉松駅駅スタンプ

駅スタンプは、改札の駅員さんに告げると出してくれます。
最近の小規模な有人駅はスタンプ台と設置していなくて改札内で保管している事が多いです。

吉松駅スタンプ

吉松駅の駅スタンプ。
SLを描いていますが、スタンプの状態が悪くて形式までは分かりません。
C56ではないかと思うのですが…。

状態の良い時に押した方が居たら教えてください!!

20140528 JR九州肥薩線・栗野駅

大隅横川駅から北上すると、栗野駅に到着します。
栗野駅の周辺は区画整理を行われているようで、駅もリニューアルされていました。

栗野駅駅舎

駅舎も、昔の建造物であることを漂わせつつも、現在風のデザインに様変わりしています。

栗野駅親水施設

駅前の公園。
親水施設になっていて、湧き水がとても冷たく春から夏の時期には涼めるようになっています。

栗野駅湧き水の蛇口

 

そして湧き水がくめる蛇口も設けられていまして、無料で汲み放題となっています(ご利用は常識の範囲内でという注意書きはあります)。
この水は後述の丸池公園の湧き水とは別の水源で、200メートルの地下から汲み上げています。

栗野駅スタンプ

駅は、地元の観光協会が切符の発券などの業務を受託しています。
元事務室だった部分が観光案内所と小さな物産館を兼ねているようになっていて、そこに記念スタンプが置いています。
2種類あったので、押印しました。

栗野駅スタンプ

駅スタンプ。数年前に新しい物にしたそうです。
図案は、特急「はやとの風」と、駅のすぐ近くにある丸池公園と、ショウブの花。
スタンプにも書かれていますが、丸池公園の湧き水は日本名水百選にも選ばれており、平成の大合併時の現在の町名「湧水町」の由来の一つにもなっています。

さようなら山野線

そして、もう一つが山野線の廃線に因んだスタンプ。
分割民営化後間もない昭和63年に作られたスタンプが今も残っていました。
帰宅後に気付いたのですが、文字の並びで記念スタンプの位置合わせのマークと打っているので、押したら見事に傾いていました(涙。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。