喜入郵便局

旧喜入町内の局メグ、その3。
石油備蓄基地を左手にしながら南下していきます。
備蓄基地のタンクが見えなくなってきた辺りが、旧喜入町の中心地。
喜入(きいれ)郵便局があります。

風景印は千貫平(せんがんびら)県立公園とそこから見える開聞岳を描いています。

続きを読む

瀬々串郵便局

色々と用事が重なり、更新できない日々が続きました。ぼちぼち再開していきます。
10月下旬の局メグの続き。

更に南下して、旧喜入町に入ります。
旧喜入町内は、海沿いに集落が集まっている事が多く、ひとまず海側を南下する事にします。
旧市境から入って最初に遭遇するのは「瀬々串(せせくし)郵便局」です。

風景印は、地元の伝統芸能「棒踊り」と桜島を描いています。

続きを読む

鹿児島松原郵便局

9月12日シリーズ最終回。

鹿児島松原郵便局です。
鹿児島市の繁華街、天文館に近い場所に位置しています。

 

ここも風景印を準備しています。
桜島とオウムとヤシの木を描かれています。
「マイアミ通り」は、鹿児島市と姉妹盟約を結んでいるアメリカのマイアミ市に因んで命名された通り。
少し離れていますが、この郵便局の最寄りの風景となります。

続きを読む

鹿児島甲突郵便局

9月12日シリーズ第2弾。

鹿児島甲突郵便局です。
甲突川の河口近くにある郵便局ですが、郵便局の近くにある川は別な川です。

風景印も用意しています。
西郷隆盛像と甲突川と桜島。今は移転してしまっていますが、石橋(恐らく武之橋)も描かれています。

続きを読む

日本国際切手展2011(その2)

国際展の話。

鹿児島から羽田への機内では、ビデオを観たり(この会社の社長さんの話)、音楽を聴いたり適当に過ごしていました。

関東地方が天候不順ということもあり、10分程度遅く到着。
第2ターミナルから羽田空港局がある第1ターミナルへ無料で運行しているシャトルバスで移動。羽田空港でも記念スタンプを押印し、羽田空港郵便局で記念押印。

羽田空港第1ターミナルの記念スタンプ。JALがメインのターミナルなので、赤いです。切手の消印は、羽田空港郵便局の風景印。

続きを読む

花かごしま2011(局メグ編)

写真編の続き。
もう、「花かごしま2011」は終わってしまいました。
桜の花が咲いている頃に訪れたとき、局メグをしていました。
今回は小型印を関連した複数の局を選んで押印を。

それぞれの局を選んだ理由は地元鹿児島の方だと分かるかもしれませんが、よそに住んでいる方はわかりにくいと思いますので、説明いたします。

右上:鹿児島七社(ななやしろ)簡易郵便局 (2011.4.1押印)
メイン会場である、「吉野公園」の最寄り局。会場より徒歩5分程度の距離の場所に所在します。

左上:鹿児島山田郵便局(2011.4.4押印)
サブ会場の「鹿児島市ふれあいスポーツランド」の最寄り局。会場から車で5分程度の距離に所在しています。サブ会場は、山の中腹に所在しているため「最寄り局」と呼べる局があと2局ありますが、地図で確認して一番近い局を選びました。

右下:鹿児島清見郵便局(2011.4.4押印)
会場として、街の中での緑化している場所として、「まちなか会場」を設定しています。
特筆できる物として、鹿児島市の中心部を南北に走る鹿児島市交通局の路面電車の軌道敷が会場として指定されています。一般道路を走る区間の大部分をアスファルト舗装から、芝生で緑化しています。
路面電車を描いている風景印を使用している清見郵便局を選びましたが、残念な事に所在地は緑化の対象から外れている、専用軌道の区間(涙橋電停-谷山電停)の終端、谷山電停の前にあります。

左下:鹿児島中央郵便局(2011.4.6押印)
「花かごしま2011」は2011年3月の「九州新幹線全線開通」の記念イベントとしての位置されていますので、押印の題材として選びました。

複数の日にまたいだ押印の中で「23.4.5」の日付を押せたはずなのですが、仕事の都合で時間ができず。見事に「外して」しまいました。

東京旅行(その1)

1月末に、東京へ行ってきました。
目的は、東京ディズニーリゾートで遊ぶのと、東京観光。
ついでに、親戚との用事があったので4日間滞在する事にしました。

今回利用した航空会社は、スカイマークスカイバーゲンで往復のチケット「ほぼ」予約できました。「ほぼ」というのは、帰りの便ひとり分は予約できなくて、次に安い便で予約したため。

乗った機体はボーイング737-800。スカイマークって、この1機種で統一しているのですね。
昔の737のイメージを持っていたのですが、やはり最新の機体だからでしょうか、結構快適に過ごせました。
機内のサービスは、必要最低限。飲み物も有料。地上で飲み物を買って搭乗すれば、何ら問題ありません。価格にも反映しているから、納得できます。

羽田空港に到着後、ホテルへ。1泊目のホテルは早期チェックインが可能な施設だったので、先に荷物を預ける事に。
ディズニーリゾート行きのバスは15分おきくらいの間隔で運行されていましたが、宿泊したホテルに行くバスが1時間に1本で、到着した時に出発したばかり。
空港のロビーで待つ事に。その間、羽田空港郵便局で記念押印をしたり、ドコモショップで無線LANの契約したりする時間が出来ました。

空港からのバスに乗りホテルで荷物を預け、東京ディズニーシーへ。
写真はほとんど撮らず、ディズニーシー雰囲気とアトラクションを楽しんでいました。

閉園が19時と早く閉まる日だったため、帰りはJRで新浦安駅まで行き、夕食を摂る事に。
ホテルの美味しい食事も捨てがたかったのですが、地元のショッピングセンターなども見る事ができれば面白いかと思って。
JRの車内では、帰宅ラッシュと重なり満員。嫁さんは、通勤ラッシュが初体験で半分泣いてました。
駅前のショッピングモールに入っている居酒屋で定食メニューを食べ、路線バスでホテルへ。
浦安市のリゾート地ではない 、ベッドタウンとしての側面も見られたのは良い事かもしれません。嫁さんは「こんな所には住めない」と言ってましたが。

1泊目のホテルは、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ
1泊4,600円/人の安いプランで申し込みしたのですが、最上階のアッパールームにアップグレードされていました。

翌朝のホテルの通路から。部屋によっては、海が見られる感じ。
そういえば、東京湾の朝焼けってあまり見る機会がないですね。

2日目は東京ディズニーランド。
東京ディズニーリゾートの事は別記事にしますので、ここでは書きません。
2日目も19時閉園。私と嫁さんは遊ぶ事に一所懸命にならざるを得ない状態。

閉園後、JRで次の宿泊先へ。
2泊目、3泊目は姉の家に厄介になるため、埼玉県某所へ移動します。

(続く・・・かも?)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。