20141031 道の駅みなまた

10月30日~31日、JAPEXに行けなかった代わりに嫁さんの実家に行ってきました。
その目的は公私共々色々とあり、充実した二日間を過ごしました(こんな物も作りました)。
実際のメインの目的はかなり前にもらった温泉の無料利用券を利用する事。

途中、トイレ休憩で「道の駅水俣」に立ち寄りました。

SONY DSC

「道の駅水俣」は、スポーツ施設やバラ園などを配置した複合施設「エコパーク水俣」の施設の一部となっています。この施設は、水俣病の原因となった水俣湾の海底にあった水銀の汚泥を処理して埋め立てたとの事。
施設の一部には、水俣病資料館があったのですが今回は訪問は見送りました。

minamata-michinoeki 「道の駅」には記念スタンプは欠かせない物なので押印しました。
記念スタンプには、エコパーク水俣の海岸部の遊歩道と沖に浮かぶ恋路島とバラ園を描いています。
消印の押印は後日、水俣郵便局に郵頼しました。風景印を使用していて、図案は記念スタンプと同様、エコパーク水俣の海岸部の遊歩道を描き、外枠はエコパーク内の竹林園に因んで竹の模様の変形印を採用しています。

…実は、「新・風景スタンプ集」で下調べをしたつもりでしたが、水俣市には風景印を使用している郵便局は存在しないと勘違いしていました(水俣郵便局の欄を見過ごしていました)。郵頼の時は普通の和文日付印での味気ない仕上がりになると思っていましたので、ある意味狙ってもいない「偶然の産物」になりました。

20140528 道の駅えびの

フォルムカード購入時の遠出はもう少しお付き合い下さい。
昼食は、「道の駅えびの」で済ませました。

道の駅えびのモニュメント

牛が迎えてくれます。
天気が良ければ霧島連山が見られるのですが、当日は以前からのPM2.5に重ねて黄砂もやってきていたため、くっきりとは見えませんでした。
ここでは地元食材のバイキングが楽しめます。

道の駅えびのスタンプ

記念スタンプ。
霧島連山とハイキングをする田の神さぁ(たのかんさぁ)。
スタンプそのものは撮影し忘れていました。
コラボさせたい風景印はあるのですが、見事に摩耗していて図案が潰れていました。

道の駅えびの・田の神さぁ

田の神さぁは、鹿児島と宮崎県の一部、江戸時代に島津氏が支配していた地域にのみ残る石像です。
今でも、分布していた各地に点在していますので、鹿児島の水田地帯に行ったときには探してみるのも良いかもしれません。
また、写真のように公共施設に展示されていたりする例もあります。その一例が、こちら。

「道の駅えびの」の近隣にあるえびの郵便局には、局舎の前に「田の神さぁ」が鎮座しています。
今回は、「道の駅えびの」の最寄り局である加久藤郵便局で目的を果たしました。

20140510 肥薩おれんじ鉄道・阿久根駅

2014年5月3日、肥薩おれんじ鉄道の阿久根駅が改修されました。
駅舎のデザインは、JR九州の列車デザインで有名な水戸岡鋭治氏。
私の家族が、実家に帰省したついでに訪れました。

DSC01053

家族曰く「いかにも、水戸岡鋭治氏っぽいデザインの施設だった」。
最近、九州のみならず全国で氏の手がける公共デザインがもてはやされていますね…。

改修で喜ばしい事がありました。
それは、以前は無かった駅スタンプが設置されていた事。
家族が発見し、近くの店舗でハガキを購入し押印していました。

akune-sta

題材は、地元の特産品である魚とボンタンとタケノコ。周囲をレールで囲っています。
下の部分の間隔がいびつなのはとても気になります。
駅スタンプを見て、真っ先に「道の駅阿久根」で使用している記念スタンプの図案を酷似している事に気付きました。

michinoeki-akune

存在してくれる事は嬉しいのですが、他に題材となる物かと思ってしまいます…。

そして、切手と日付印の押印は目下悩み中。
出来上がったら、訂正してアップします。

20120302 道の駅霧島(神話の里公園)

霧島シリーズも佳境に入ってきました。
道の駅霧島」に着きました。雨が降っていたので、何も見えず。

 次回来た時には、良い眺めが見られますように。

続きを読む

道の駅いぶすき

道の駅喜入の続き。

鹿児島市と指宿市の市境のあたりに、「道の駅いぶすき」があります。

 

近くの郵便局である、鹿児島今和泉郵便局で引受押印を依頼しました。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。