20140711 南薩鉄道100年企画展

2014年7月11日から13日の3日間、鹿児島県南さつま市の「南さつま市民会館」で「南薩鉄道100年企画展」が開催されました。
イベントの詳細は後半に述べることにしまして、自作の記念品を作成しました。

nansatsu-1

初日の7月11日の加世田郵便局の風景印を押印し、カシエはイベント当日で販売されていたステッカーを使いました。
・・・と言いたいところなのですが、

Jpeg

ステッカーが予想外に大きいおかげで、ステッカーをスキャンしてインクジェットプリンタで印刷することに。

nansatsu-2

裏に何も印刷しないのは寂しいので、持ち合わせていた手持ちの鉄郵印を絡めて紹介する文面を作成しました。

SONY DSC

「南薩鉄道」は、鹿児島県日置市の伊集院駅から鹿児島県枕崎市を東シナ海沿いに走っていた私鉄です。
1914年に営業を開始し、一時期は南九州市の知覧までの路線など2つの支線を有していていました。
1964年にはバス会社と合併し、現在も続く鹿児島交通へ会社の名称が変わった際に「鹿児島交通枕崎線」と路線名も変わったものの、地元では「南薩線」と廃線まで呼ばれていました。
その後、自動車の普及や老朽化する路線に対策が打てず、1980年代に廃止を決定。その後すぐに大雨災害で路線に大打撃を受けた事が直接原因となって1984年に70年の歴史を終えました。

SONY DSC

今回の展示会は、当時の記憶を持っている方々が高齢化しているという事も有り、資料の散逸が起きる前に一度色々な資料を集めて展示会を行おうという規格のもと、イベントを開催したそうです。
会場での展示はもとより、講演会や当時の映像の上映会も行うほどの気合いの入れよう。更には廃線跡を巡るツアーもあり、事前予約制で受け付けていましたが予約で一杯だったとの事。
展示会場内は撮影を禁じられていたため、文字で伝える事になりますが、当時の写真や資料などを一堂に展示していてました、そして来場された方の多くが沿線に住まれていた高齢者の方々。横から聞こえる会話は、展示されていたパネルの写真を見ながら花を咲かせている昔話。中には、車いすに乗った元運転手という方が、家族に連れられて子どもさんと思わしき方から色々と質問されている様子も見受けられました。
鉄道ファンのためというよりも、沿線に住んでいた方々が生活圏の中に鉄道が走っていた事を懐かしむためのイベントという色合いが濃いイベントになっていました。廃線になってから30年も経ったのに、未だに愛されて記憶に残っている鉄道路線だという事がひしひしと感じられました。

SONY DSC

会場入り口の横に飾ってあった「顔はめ」。
手前に置かれているレールと枕木と止めている釘は、実際に路線で使われていた物が保存されていたそうです。

最後に、鹿児島交通の加世田駅跡に南薩鉄道の史料館があるものの、訪れた度に開店休業状態。
会場の盛況さを考えると、もの凄く勿体ない気がするのは私だけでしょうか?

最後に:
この記念カードを分譲致します。詳しくはリンク先のヤフオク!のページをご覧下さい

20140528 小山田簡易郵便局

2014年5月28日は「ご当地フォルムカード」の近隣の県で発売されている分を購入するために、熊本県人吉市まで行ってきました。

記念スタンプを収集するのを優先する場合、全ての郵便局を巡っていては時間が足りなくなる一方。家族を連れてのレジャーも兼ねての外出の時は、時間が許す限り目的地の路線上にある簡易郵便局のみ訪問するようにしています。
簡易郵便局を優先させるのは、簡易郵便局が個人(や法人)が日本郵便から受託された代理店のような形式。受託者の事情により、急に閉鎖や廃止になる事もあるため、優先的に集印しておこうという考えです。

最初に遭遇したのは、「小山田簡易郵便局」。
鹿児島県姶良市加治木町小山田の県道55号線沿いに所在しています。

小山田簡易郵便局局舎

局舎。
窓口は、入り口右側の窓の部分。
結構大きな建物ですが、倉庫のような感じも見受けられます。

小山田簡易局日付印

日付印。
インク浸透式を使用しています。

駐車場は無いようなので、局の前の路肩が少し広くなっているので、気合いを入れて路駐するしかありません。

スタンプショウ2014

SONY DSC
会場の都立産業会館・浜松町館。
案内看板の後ろの木が建物を邪魔しています…。

当初は全く予定していなかった、「スタンプショウ2014」の参観。
「トピカル切手展の授賞式参加」という明確な目的を持って予定外なのにもかかわらず行きました。
連休の真っ最中なのにもかかわらず連休が断続的だという事もあるのでしょうか、特典航空券の空席があり、貯めていたマイルを消化することに。
場所も浜松町という事もあり、羽田空港に着いたらまっすぐ会場に。

会場では、トークショーなどのイベントがありました。
1日目は、日本郵便の切手デザイナー、中丸ひとみさんのトークショーを拝聴。

nakamaru
手持のはがきに、中丸ひとみさんのサインをいただき、「スタンプショウ」会場限定の宝塚をテーマとしたスタンプラリーの「すみれの花」スタンプを押印。更に、中丸ひとみさんデザインの「宝塚100年」記念切手を貼り、会場限定の「宝塚歌劇100周年切手展」の小型印を押印。

その後、椙山さん主宰の「ファンタスティック・スタンプクラブ」の例会に参加。

2日目は、授賞式がメイン。

SONY DSC
普段着で授賞式に参加してしまいました。

そして、調子に乗って賞状に小型印を押印したり、更には…。

スタンプショウの小型印を押印した受賞記念カード。
左側は「スタンプショウ2014」実行委員長の七海義継さん。右側は谷之口。

調子に乗って、受賞記念カードまで作成する始末。
作り方は、写真を印刷するスペースをあらかじめ考えておいて白いカードに切手と小型印を押印。
そして、自宅に戻ってパソコンを利用して写真と文字をレイアウトの後インクジェットプリンタで印刷しました。
この手法は、切手と小型印を押す位置を決めてしまえば、写真と文字の位置を決めやすいソフトを利用すれば容易にできてしまいます。

「今日から夏休み」その後

夏頃に入手した物をを今頃ご紹介するという、季節外れな第2弾。

hayato-2

「薩摩剣士隼人」のラジオ体操カードにスタンプを押す企画。
スタートの段階で止まっていました。

夏休みの最初と最後の日に、ちゃんとはんこをもらってきました。

hayato0831-2

ちゃんと、ラジオ体操がリアルタイムで放送される時間帯ではんこをもらってきました。
実は仕事終わって食事済ませて鹿児島中央局が24時過ぎる頃に出向いて消印を押してもらいました。ラジオ体操のカードのように早寝早起きできない仕事柄なので…。

hayato0831

スペースの関係上、途中のはんこをもらうのは無理でした。

20130913 国会議事堂・憲政記念館

2013年の東京旅行シリーズ・その8です。

今回の旅行の後半でメインの訪問先とも言える、国会議事堂に訪問しました。

kokkai

参議院の国会見学記念の記念スタンプに、国会内郵便局の風景印。
切手は1980年発行の議会開設80周年記念。
50円額面という事もあり、個人的に国会の切手と言えばこの切手をイメージするから選びました。

kensei

裏面は、国会の近く(といっても、見学者入り口から歩いて10分近く)の憲政記念館の記念スタンプ。

SONY DSC

まずは、憲政記念館に訪問。
といっても、訪れた日は改装工事中でした。
事前に電話で確認したところ、事務所の近くにスタンプ台を置いているので記念スタンプの押印に応じるとの返事を頂いていました。
かなり遅くなりましたので、まずは腹ごしらえしてからスタンプ押印に。

SONY DSC

憲政記念館のレストランの料理がリーズナブルで美味しいという情報を入手したので、食事はここで済ませました。850円のコーヒー付きのランチでも、十分なボリュームと味でした。

DSC00327

食後には、レストランに隣接する庭園を散策しても良いでしょう。
桜田門の警視庁の庁舎も一望できます。

SONY DSC

国会議事堂の裏に、見学者入口があります。
楽に入れるのは、参議院。1時間おきに見学の受付を行っていますので、受付を済ませたら国会の名前の付くお土産を買った方が良いです。
買いそびれた時には、参議院側から憲政記念館に向かって歩くと、はとバス用の駐車場にもお土産屋さんがありますが、結構歩かされる事になります。

SONY DSC

国会内の敷地内では写真が撮れるのは見学者専用のロビーのみ。
議員さんが議事の時に座っている椅子に座って記念写真が撮れたりと、色々とこなさないといけない事が多いのですが、記念スタンプもここだけなので要注意。
時間が短いので、記念スタンプを真っ先に効率的に押して、その後色々と見学したり撮影したりした方が良いです。

見学は60分ほど。
国会の真っ正面から追い出され出る事になります。

SONY DSC

そして、また国会の裏側まで歩いて国会内郵便局に行く事に。
国会内郵便局は衆議院側にあります。
本当は、参議院側にも国会内郵便局はありますが、一般人は利用不可。
参議院の見学者受け付けの所から参議院側の国会内郵便局の入り口を見る事はできますが、写真は現金。外からも見られますが、護衛の方が目を光らせています。

今回は一般受付で入りやすい参議院を見学しましたが、はとバスの定期観光バスでは衆議院も参観できるようです。
ちなみに、憲政記念館は衆議院の管轄の施設。一枚のはがきに衆議院、参議院両方納めた事になりました。

証券取引所100年記念

昨年、東京で入手した物から引っ張り出してきました。
これも1枚50円均一から。
そこには、駅スタンプ等に押されたカバーはあったのですが、記念スタンプ類は基本的に自分が訪れた場所でリアルタイムに収集した物だけを集めるという姿勢で取り組んでいます。個人的に「引っ掛かった物」は例外として…。

その「例外」で見つけたのが、1978年に発行された「証券取引所100年記念」の特印を押したハガキ2点。
最初は官製はがきに印刷されたものかと思って何気なく抜き取ったのですが、帰宅して整理している時に1点は記念スタンプである事に気付きました。

tosho01 tosho02

東京証券取引所の最寄り局で、切手発行時の記念押印の指定局になった日本橋郵便局の特印を押した20円駅鈴の官製はがき。
左側は、証券取引所の建物の装飾の像。工業の象徴を表しています。印刷されています。
右側は、当時の東京証券取引所の建物を描いています。こちらは、記念スタンプでの押印。

tosho02-1

スタンプの部分を拡大してご紹介します。

余談ですが、現在の東京証券取引所は1988年に建て替えられました。

DSC00406

現在の東京証券取引所は一般の見学も可能です。厳重なセキュリティチェックを受ける必要はあるものの、
ニュース映像で出てくるような場所の写真も容易に撮れます。
という私は、数年前見学に行きました。本当は日銀本店も行きたかったのですが、その日は見学の受付をしていない日だったので残念な気持ちで一杯だった事を思い出しました。

DSC00421

鹿屋郵便局の風景印

2月1日と2日に掛けて、大隅(おおすみ)半島を巡っていました。
郵便局は2局のみ訪問し、押印はわずか1局のみでした。

最近は、記念スタンプの置いている施設の訪問に重点を置いて、消印は後日押印してもらう形を取っています。
訪問した施設によっては、日付入りのスタンプを用意しているため、そうは問屋が卸さない状況も起きることも。

SONY DSC

画像は、鹿屋(かのや)郵便局の風景印。
描かれているのは、上半分が荒平(あらひら)海岸と下半分が高隈(たかくま)ダム。

画像の通り、かなり摩耗が激しい状態でした。
局員さんからも「かなり摩耗していますが、良いですか?」積極的に指摘が入る状態。
確かに押印したら上のような状態だったので、和文印と欧文印でお茶を濁さざるを得ないでした。

郵頼や、局メグの際はご注意ください。

※画像は、取り急ぎデジカメで撮影したものですが、後日差し替えるつもりです。

スタンプショウかごしま2011

2011年10月1日(土)、2日(日)の2日間に掛けて、「スタンプショウかごしま2011が開催され、無事終了しました。
私もこのイベントが始まって当初から(一部中断の時期はありましたが)イベントのお手伝いをしています。

イベントの開催記念として、2008年ごろから「記念カード」を作成しています。
2007年に「とある企画」で大いにコケてしまい、翌年「記念で押印できるカードがあれば面白いのでは?」 という発想のもとに提案しまして、それ以来定着しています。

今年は「鉄道切手」ということで、鹿児島に関する題材として「鹿児島市電」を記念カードの題材に。

鉄道を題材とした切手を貼れば最高だったのですが、諸般の事情で普通切手に。
市電と新幹線。 早い車両と遅い車両のコラボレーションになります。

続きを読むスタンプショウかごしま2011

日本国際切手展2011(その7)

国際展の話。
これで、最終回です。

2日目は、姉の家から京浜東北線と湘南新宿ラインを乗り継いで横浜まで向かいました。
その前に、川口駅で駅スタンプを押してポストに投函。

川口駅の駅スタンプ。色々と市の名所などを詰め込みすぎの感が。消印はさいたま支店。

続きを読む日本国際切手展2011(その7)

日本国際切手展2011(その6)

国際展の話。
やっぱり、ケータイのカメラは良くないねぇ~。カメラ買うべきだったのではと反省してます。

「ひと休憩」ではありませんが、各国郵政のブースで押印した消印を紹介。
私はB5の台紙を準備して押印して貰う事にしました。
パスポートではアルバムリーフに入らないのが理由。

初日(7/28に押印)

中華民国(台湾)、日本(横浜支店風景印)、スウェーデン
デンマーク、リヒテンシュタイン、ドイツ
グリーンランド(植村直己)、グリーンランド(国際展)、インドネシア

続きを読む日本国際切手展2011(その6)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。