201704 伊勢・鳥羽旅行記(5)

伊勢・鳥羽の話はもう少しお付き合い願います。

伊勢神宮の外宮から内宮を参拝して、時間ができたので二見浦まで足を伸ばす事に。
内宮のバスのりばでは、二見浦行きのバスが1時間後と言われたものの、スマホでGoogle検索すると乗換が必要なものの速く着くバスがあるという結果に。しかも、乗り換えしたバスが1日1本しか走っていないバスでした。
近鉄五十鈴川駅で乗り換えて、二見浦に到着。

程よく、波が立っていました。

境内には、カエルが沢山奉納されています。

賓日館(ひんじつかん)を見学。
伊勢神宮を参拝する賓客の為の施設で、明治20年に竣工しました。
明治天皇の母にあたる天照皇太后の伊勢神宮参拝のために、僅か2ヶ月程度の突貫工事で完成。
明治44(1911)年に二見館に払い下げられてホテルとして使用されていて、平成15(2003)年に二見町(元伊勢市)に寄贈された建物です。

ここにも、カエルが居ました。

タイムスリップしたような眺めです。

舞台も時代を感じます。

和風な室内の中にシャンデリアがあるのですが、違和感を感じさせないのは私だけでしょうか?

賓日館にも、記念スタンプがありました。かなり小さいですが。
最寄りの二見郵便局に行く余裕が無かったので、宿泊先から二見郵便局へ郵頼しました。

201704 伊勢・鳥羽旅行記(4)

外宮から内宮には三重交通のバスで向かいます。
三重交通のバス、色々と特徴があるような気がしました。

伊勢市を走っている伊勢交通のバスも外宮から内宮へお参りするように促しています。

普通のバス以外に、以前伊勢市で走っていた路面電車を模した「神都バス」があったり、

電気だけを動力にしている電気バスがあったりしました。
ピカチュウが描かれていたのは違和感があったのですが、暫く考えて理由がよく分かりました。

内宮に到着して、橋を渡って境内へ。

内宮に入り、参道を歩き五十鈴川で清めます。

そして、参拝。

参拝が終わったら、食事に。

おはらい町を歩き、おかげ横丁へ。

お茶を飲んで待ちます。

伊勢うどんを食べました。
おはらい町は一通り巡るために先に進みます。

五十鈴川郵便局に訪問。

ポストも、時代に合わせたような風情に。
伊勢神宮内宮まで来たら、五十鈴川郵便局は訪れた方が良いと感じました。

まず、切手を貼らずに押せる記念スタンプ。
私が訪問した時は、大きな物と四角の枠の中に描かれている小さな物の2タイプが用意されていました。
普通のはがきに、この記念スタンプを押して風景印を押して差し出しても充分な記念品になるかと思います。

そして、記念切手をシート(シール式は微妙ですが)で購入すると、おはらい町を描いたシートファイルがもらえます。昨年(2016年)発行の伊勢志摩サミットのシートを購入したので、内宮に掛かる橋を描いた切手を貼って、風景印を押印しました(画像をクリックすると拡大します)。

おはらい町でお土産を購入したり、赤福本店でお茶を飲んでも1時過ぎ。
次の目的地に向かいます。

201704 伊勢・鳥羽旅行記(2)

伊勢・鳥羽旅行の続き。

予約していたホテルにチェックイン後、早速鳥羽市内を観光。
徒歩で、ミキモト真珠島へ。

本土側から入場し、橋を渡って真珠島に行くというスタイル。

御木本幸吉の像を眺めたり、展示館内の真珠に関する展示を見たり。
そして、真珠を販売している所では、付けられている0の数にため息をついたり。

幾つかの建物に分かれていて、6箇所に記念スタンプが設置されています。
ミキモト真珠島の最寄り局の鳥羽錦町郵便局の風景印を押印しました。

そして、ミキモト真珠島の敷地内に丸型ポストが設置されています。
日本郵便のステッカーが貼られているので、現役のポストでした。

そして、次の目的地は鳥羽水族館。
ミキモト真珠島からも鳥羽水族館が見えるので、歩いて行ける距離でした。

普通のポストの上に、ラッコの像を載せたポストがあります。

館内に入ると、早速大きな水槽とシャチの像が待ち受けています。
最初に大きな水槽が待ち受けているのは、鹿児島水族館でも同じ演出をしているような…。

水族館にしては珍しく、動物そのものや潮の匂いを館内や屋外の展示スペースで感じる事ができます。
普通、ショーをするスペースや生き物に触れる場所ぐらいしか匂いを感じないことが多いので、新鮮に感じました。
そして、間近に動物を見られる事も。夕方閉館間際の時間だったのですが、アシカの子供を人慣れさせるための練習を見ることが出来ました。しかも、アシカの子供が間近にやって来ます。

そして、大人のアシカも間近から写真に残すことが出来ます。

1時間30分くらいしか滞在時間が確保できませんでしたが、ショーをある程度見るためには半日は必要だと感じました。

とりあえず、1日目の観光は終了。
日が暮れる頃に宿泊先の近くで夕食を摂り、宿でのんびり過ごしました。

20160817 肥薩おれんじ鉄道・鹿児島県内の記念スタンプ

8月のお盆過ぎに、嫁さんの実家がある出水市へ帰省することが恒例行事になっています。
今回は仕事の都合で、出水への移動は鉄道を利用する事に。

p_20160817_104645
肥薩おれんじ鉄道西方-薩摩大川間の車窓から撮った一枚。 鹿児島県側は、折口(おりぐち)から薩摩高城(さつまたき)の間は海沿いを走るため、東シナ海の眺めが綺麗です。

列車の乗り換えの時間に余裕を持たせて、以前から押印したかった記念スタンプを押印する機会が得られました。
実際は、乗車区間は川内ー阿久根間。出水駅は自家用車で訪問してしまいました。

20160830-orange

熊本県八代市の八代駅から、鹿児島県薩摩川内市の川内(せんだい)駅の間の「肥薩おれんじ鉄道」。九州新幹線の開業時に運営を転換されたものの、沿線の過疎化もあり厳しい経営を強いられている状況です。
その中で、「おれんじ食堂」をはじめとする観光列車を運行したり、年に数回料金一律で乗車できる日を設けたりと、集客に力を入れています。
そのうちのひとつとして、2016年の春から鹿児島県内の主要駅で使用し始めた記念スタンプ。3つの駅の記念スタンプを重ね押しすると、上の様な図案になるという凝った仕掛けがなされています。

それぞれの図案は以下の通りです。

阿久根駅と出水駅には別図案の記念スタンプも設置されています。

SONY DSC
川内駅のJR九州と肥薩おれんじ鉄道の境目部分。写真手前側がJR九州。駅事務所前には、SUGOCA(JR九州の交通系電子マネー)の簡易改札機も設置されています。

押印のためのプチ情報を。
川内駅出水駅はJR九州の駅も併設されていて、記念スタンプも設置されています。また、出水駅には地元の特産品の販売施設「飛来里(ひらり)」も記念スタンプを使用しています。
肥薩おれんじ鉄道の川内駅の事務所は、JR川内駅の在来線ホームの奥にあるため、JRの入場券が無いと行けません。
出水駅のスタンプは、出水駅の事務所にはありません。隣にある肥薩おれんじ鉄道の事務所に置いています。普通の会社の事務所のような雰囲気ですが、スタンプを押しに来たことを伝えると事務所の奥からスタンプ台を用意して、気軽に押印できるようになります。

SONY DSC
肥薩おれんじ鉄道川内駅事務所内の駅スタンプスペース。 重ね押しするとひとつの図案になる案内も設置されています。

私は重ね押しに見事に失敗していますが、押印用の定規を備え付けています。私は、その定規を使っていても失敗していたでしょう…。

20160729 MOZOKAステーション868

7月29日、フォルムカード第8弾の購入のために熊本県人吉市まで日帰りしてきました。
今回は家族サービスも兼ねていたはずなのですが、行きたい場所をピックアップしていたら鉄分が入ってしまいました。「あなたが計画すると必ず鉄分入るね」と指摘を受ける始末。

訪問した場所は、人吉市ではJR肥薩線・くま川鉄道人吉駅の横にある「MOZOKAステーション868」。2015(平成27)年5月にオープンした施設です。

SONY DSC

人吉市が建設し、人吉市の観光協会が運営している鉄道博物館。
入場無料。有料のアトラクションやカフェの利用は、料金が別途必要です。

SONY DSC

有料アトラクションのひとつ。
JR肥薩線に沿うように、小さな線路が引かれていて、ミニ列車が人吉駅の近くまで走れるようにしています。
ミニ列車は定期的に運行されていて、出発の時間が近づくと館内放送で案内されていました。
2階にはレールバイクも設けられています。

SONY DSC

線路は館内をぐるりと回るように通っています。線路は館内を一周できるようにも配置されているので、雨天時にも運行します。
線路を挟んで、展示スペースや物販コーナーやカフェがある館内レイアウト。木目をそのままむき出しにした床材や柱が暖かさを醸し出しています。

SONY DSC

JR九州のみならず、九州内で水戸岡鋭治氏が手掛けた車両を紹介した展示ボード。
この施設はJR九州の数多くの車両のデザインを手掛けている、水戸岡鋭治氏のデザイン事務所が手掛けています。

大人は当然のことですが、子供が楽しめるような仕掛けが豊富に仕組まれている、おもちゃ箱をひっくり返したような館内は、中に入っただけでワクワクした気持ちになります。
素人から見た目ですが、この施設は水戸岡鋭治氏が近年手掛けた建築物の中では一番気合いが入っていると見受けられました。まるで、今までの仕事の集大成のように、全てのデザインを注ぎ込んでいる雰囲気があります。

20160729-mozoka1

館内ではスタンプラリーのスタンプが設けられており、5種類のスタンプを用意しています。大人は探しても見つけにくい場所にも置かれていて、完全に子供目線を優先させています。スタンプには、施設のロゴだけでは無く水戸岡鋭治氏が手掛けた車両の中で描かれている動物、JR九州の「あそぼーい!」のクロちゃん、和歌山鐵道貴志川線の「たま駅長」なども図案になっています。

20160729-mozoka2

シヤチハタのXスタンパーを使用していて、手入れはある程度行き届いているものの、子供向けに楽しんでもらえるようにしている性格上、雑に扱われてしまいます。おかげで、多くのスタンプは上の方向がわかりにくい状態に。特に、「クロちゃん」のスタンプに至っては印面がスタンプ台から外れされていました。

消印は、最寄りの人吉郵便局の風景印を押印しました。
施設の名前になっている「868」という数字、人吉郵便局が受け持ちエリアの郵便番号を意味していますので、適応した消印という事に。人吉の主な観光施設(ループ橋、球磨川下り、温泉)を描いた風景印も印影を新しくしており、クリアな風景印を得られました。
もうひとつ意味を重ねていて熊本から運行される観光列車(JR九州では「D&S」列車と称しています)「SL人吉」で使用しているSL車両「8620形」の愛称「ハチロク」にも掛けているという事です。

そして、「MOZOKA」は人吉・球磨地方の方言で「可愛い」という意味です。

SONY DSC

この施設の横には、人吉駅に併設されている機関庫があり、「SL人吉」の運行日の12時過ぎから14時過ぎの出発の間まで停車しているSLが見られるはずです。機関車の向きを変える「転車台」もあり、タイミングを合わせれば転車台に乗って方向転換するシーンも見られます。

SONY DSC

最後に、駅の近くで撮影した「SL人吉」。
人吉駅に到着する直前という事もあり、煙突から煙があまり出ていませんでしたが、迫力のある走りを間近で味わえました。

20160513 皇居一般参観

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

13日は皇居の一般参観に。
こちらも、事前に申し込んでいました
東京駅から皇居にまっすぐ向かって歩くと、「桔梗門」という場所に。そこに皇宮警察の詰め所があります。
そこが集合場所に。

SONY DSC

ここでの記念スタンプの押印は一発勝負に。
受付が終わった後、「窓明館(そうめいかん)」と呼ばれる一般参観者ならびに皇居勤労奉仕者用の施設で長ければ20分程度の空き時間があります。その間に、一般参観者はお土産を購入したり、トイレを済ませたり(参観中はトイレに行けないです)、記念スタンプを押す必要があります。
参観の時に「参観が終わっても、お土産を買ったりトイレには行くことはできません」と注意されますが、記念スタンプについては何も言われません。記念スタンプも、参観後に押印はできません。
しかも、団体でも参観可能なため、私が訪問した時で250名以上多ければ500名近くの参観者に。意外と記念スタンプを押す人が多く、多めにスタンプを押したいのであれば、早めに記念スタンプに陣取る方が賢明です。
間違えて、私の押印したはがきを持ち帰ろうとする人も居たのは、ご愛敬という事で。

SONY DSC

窓明館の内部。
この写真は、参観終了後コインロッカーに預けていた荷物を受け取る際に撮影しました。奥に居るのは皇居内の清掃を志願して行っている皇居勤労奉仕に参加している方々。写真には写っていませんが、私たち一般参観者の動きをチェックするために、宮内庁の方も近くに居て、一般参観者と勤労奉仕者とが混ざらないように注意を払っています。

 

160516kunaicho-1a

記念スタンプの押印結果を。
参観記念。切手は、訪問日に発行された「グリーティングサンリオキャラクター」の52円を使用しました。

160516kunaicho-2

参観記念だけでは無く、勤労奉仕記念のスタンプも用意されていました。
参観した後、東京中央郵便局まで出向き「グリーティングサンリオキャラクター」の切手を入手し貼り付けた後、宮内庁郵便局に郵頼し、風景印を押印して実逓便で返送してもらいました。
東京中央郵便局の窓口で宮内庁局へ当日の配達が可能か聞いてみましたが、11時までであれば新特急郵便で対応出来たものの、訪問した時間では無理だとのこと(参観は11時30分頃まで)。受け持ち集配局の銀座郵便局まで行けば配達可能だと案内されました。無理すれば何とかなりそうですが、家族も一緒に居たこともあり、断念しました。

SONY DSC

一般参観でも、宮内庁の前は通ります。
この中に宮内庁内郵便局があるのですが、日本郵便のホームページでも「※一般の方はご利用いただけません」との注釈があり、とてももどかしく感じます。

SONY DSC

余談ですが、皇居の一般参観で感じたのが緑が多いこと。
富士見櫓から、丸ノ内のビル群を見ると、タイムスリップした感じになります。

SONY DSC

そして、二重橋から見た丸ノ内。
実は、気軽に見られる二重橋から皇居に向かった風景は目にしたことが無いのです。
一般参観で歩き疲れて、行こうという気力が失せているのが事実です。

20160512 上野動物園

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

3日目の午後は、上野動物園へ。
私は幼い頃に一度パンダを見るために家族や親戚と訪れたことがありました。

SONY DSC

入口に違和感を感じていたら、工事中。

SONY DSC

東京都美術館の近くにある、仮設の入口から入場する事に。
伊藤若冲展が開催され、訪問日は皇太子殿下夫妻が観覧されていたせいか、行列がかなりできていました。

DSC02309

まずは、パンダを。運が良いことに、食事の時間と重なりました。訪問時には来園者もさほど多くなかったため、動いているパンダを心ゆくまで見ることが出来ました。
その後、園内をゆっくりと見学しながら記念スタンプを押印しました。
上野動物園には3ヶ所、4種類の記念スタンプが存在します。

まずは、現在工事中の正門の近く、パンダ舎の左側にある総合案内所に2種類。

160513ueno-1

ひとつは、ジャイアントパンダを描いた図案。

160513ueno-2

もうひとつは、ニシローランドゴリラの親子を描いた図案。
押印時には気付かなかったのですが、日付が訪問日前日に…。

あと2ヶ所は、上野動物園内のモノレール。
動物園の遊具では無く、東京都交通局が運営している、きちんとした鉄道
但し、SuicaやPASMOをはじめとするICカード乗車券は使えません。

160513ueno-3

東園駅に設置しているスタンプ。正面入口やパンダ舎がある側。

160513ueno-4

西園駅。不忍池側ののりばです。急いで押印したため、インクの乗りが悪くなりました。
描かれている動物はそれぞれのエリアに展示されている物です。

押印したスタンプは、上野動物園正面入口前にあるパンダポストから差し出しました。

DSC02344

差し出し口部分を拡大すると、

DSC02345

左側の定形郵便物の差し出し口は、必ず風景印が押印される記載がされています。
パンダの描かれていない図案に押印した和文日付印は、透明な袋に押印指示を記載した用紙を添付しておきました。

20160511 東京ディズニーランド

2016年5月10日から5月13日に掛けての上京の話の続き。

5月11日は、東京ディズニーランドで一日中遊んでいました。

SONY DSC
ここでも、はがきを投函。160512urayasu-1

記念スタンプの図案は、3月25日から6月15日まで開催のイースターの図案。カシエは、ディズニーリゾートのホームページから拝借し、あらかじめ印刷した自作品。
ディズニーシーの時とは対照的に、特に注文せず押印した場合の結果を楽しむことにしました。
浦安郵便局の消印が薄く日付がスキャンした画像では判別が難しい状態なのは残念でした。
以前は和欧文機械印を使っていたのですが、和文機械印での押印に。和欧文機械印は撤去されたのでしょうか?

20160510 東京ディズニーシー

5月10日から4日間、家族サービスで上京していました。

5月10日は始発の飛行機に乗り、そのままディズニーシーへ。

SONY DSC

「お約束」で、パーク内の「メールボックス」から郵便物を投函しました。
2パターン作っておきましたが、そのうちのひとつを紹介します。

160511urayasu-1

当日飛行機に搭乗する前に、鹿児島空港へ少し早めに到着したので、空港ビルのカウンターで記念スタンプと一緒に設置している日付印を押印。
ディズニーシーの記念スタンプは、ディズニーシー15周年記念の特別デザイン。
浦安郵便局の日付印は風景印が押印。通常風景印は押されませんが、詳しくは最後をご覧下さい。

昨年の秋、仕事の関係でJALの飛行機に乗る機会があって、はがきをもらっていました。
はがき裏面は、東京ディズニーシーのキャラクター「ダッフィー」を描いた特別塗装の機体が描かれています。

ディズニーリゾートから投函した手紙にひと工夫して、風景印を押してもらいました。
投函した手紙は透明な袋に入れて、手紙とは別に1枚のメモを入れておきます。
メモは、ディズニーリゾートのキャストには、スタンプ押印後のはがきは再び袋に入れメモも残したまま郵便局へ出すように、郵便局には風景印を押印してもらうように書いておきました。

山形屋の絵葉書

2016年2月の北九州切手のつどいで購入した、絵葉書など。
一枚あたり、20~30円と余程大量に買わない限り財布を傷めないので、切手商ブースを眺められる時間の半分以上を費やしましたが、鹿児島に関する物は少なかったです。その代わり、数多くあった他県の絵葉書を発見。その地元の方に教えたら、私の代わりに沢山購入されていた様子。

私が入手した物で、一番のお気に入りが鹿児島の老舗デパート「山形屋(やまかたや)」のある、金生町(きんせいちょう)の電車通りを題材にした絵葉書。

kinseicho-small

kinseicho-2

裏面には、「修学旅行/記念スタンプ」という記載もありました。
未使用の絵葉書なのが少し残念なところ。絵葉書収集家の方だと、

年号の記載がありませんが、描かれた店舗は1916(大正5)年10月6日に建てられています。
大阪以西のデパートとしては初めての店舗で、ルネサンス様式の鉄筋コンクリートの建築物です。
その後、第2次世界大戦時の被災もありましたが、昭和38年には増床し現在と同じ規模の売場面積に。
そして、1998(平成10)年には外壁のリニューアルを行い、最初に建てられたルネサンス様式のデザインになって今に至っています。

SONY DSC

天文館に行く用事がありましたので、絵葉書に近い感じで撮影してみました。
山形屋の建物の構造はもとより、周りの建物や、運行している電車も異なっていますが、山形屋のルネサンス様式のデザインが当時を想像させます。

今回入手の絵葉書、疑問点がありまして。

kanafumachi

金生町が「かなふまち」と呼ばれています。今は「きんせいちょう」と読みますので、いつ頃から読みが変わったのか調べてみるのも面白そうです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。