19770107 ニューギニア航空・鹿児島路線

私の地元、鹿児島空港は今では中華民国、中華人民共和国、香港、大韓民国と近隣の諸国との定期便が開設されています。

昭和50年代初め頃までは、小国のフラッグキャリアが日本への定期便を開設する際に選んだ空港というケースもありました。ナウル航空(現在のアワー航空)と、今回紹介するニューギニア航空です。
1977年1月7日に鹿児島とパプアニューギニアの首都、ポートモレスビーの間を就航しました。

初飛行カバーをご紹介します。

19520107-newguinea-1

「TRANS WORLD PHILAIR CLUB」が作成したカバー。
ニューギニア航空が作成したと思われる、記念スタンプが押印されています。

19520107-newguinea-2

もうひとつは、日本側で作成したと思われる初飛行カバー。それぞれで欧文日付印の印影が違うのも興味が湧きます。
日本国内の代理業務は、当時のフラッグキャリアの日本航空ではなくて、全日本空輸(現在のANA)で行われていたのも面白いです。
状態が悪いものの、資料と割り切って入手しました。綺麗なカバーと出会えたら、是非とも交換したいです。

私の中で謎だったのが、地元鹿児島では無くて東京空港郵便局の消印が押されていること。
ひとつのヒントは、日本側で作成したカバーのカシエに描かれたルートの記載。飛行機自体は鹿児島からなのですが、実質的には東京から鹿児島経由という記載をしています。

郵趣的な資料も手に入れていましたので、記事ごとご紹介しておきます。

19770405-satsuma

「鹿児島郵話会」が1977(昭和52)年4月5日発行のはがき通信「さつま通信」143号に、パプアニューギニア宛の郵袋伝達式が行われた事が記載されています。残念な事に伝達式の日付が明記されていませんが、この前の号で郵趣情報を取り扱っているのが1977年12月のため、恐らく初飛行日に郵便物に載せられていたことが推測されます。
最初に取り扱っていた300通のうち、初飛行カバーが何通だったのかとても気になるところです。

20140521 鹿児島空港発羽田空港行き

5月28日に訪問した、宮崎県えびの市と熊本県人吉市。本当は、前週の21日に行く予定にしていました。
訪問先の郵便局との間で「食い違い」が生じてしまい、一週間日延べをする事に。
既に、21日を「遠出する」と決めていた私は急遽昼から家族を連れて遠出することにしました。
その結果のひとつが、先日投稿したJR隼人駅。その前にもう1ヶ所訪問していました。

それは、鹿児島空港。取り敢えずメインは郵便物の差出し。
「スタンプショウ」でお会いした方を中心に、ハガキを送りました。

羽田空港局留めのはがき。

上京する度にANAの機内でもらい続け、貯めこんでいた絵はがきを使いました。
一度に数十枚も頂けないので、送った枚数は限られました。それでも手元に若干余ってます(笑。
鹿児島空港内簡易郵便局
引受押印をお願いし、羽田空港郵便局へ局留で差出し。
郵便局での留置期間が経過したら、差出人に差し戻す形。
宛先を自分宛にして差出人を送りたい人にすれば、時間は掛かる物の相手の方に届きます。

・・・と思っていたら2日後に我が家に郵便物が。

一度戻ってきたハガキ

羽田空港に向けて離陸したはずの郵便物が我が家に不時着。
宛名面が横位置になっているハガキを中心に羽田空港をオーバーランして「差出人」としていた宛先の方に不時着してしまった分も多数発生(涙
運が良ければ「オーバーラン」先の「差出人」の受け持ち郵便局で行き先が間違えている事に気付いてくれて、「軌道修正」も受けられたようです。

宛先の部分を隠しているのは、撮影した映像をFacebookに投稿した時にこの手紙のオチを明らかにしたくなかったから。郵便局名を明らかにした分を撮影していませんでした。
届いた次の日に、私の自宅の郵便物の配達を受け持っている鹿児島中央郵便局に行く用事があったので、ゆうゆう窓口で事情を話すと、窓口の方が話の分かる方で再度郵便に乗せて羽田空港局まで送って下さるとの事。その局員が言うには、「from」と「to」で宛先と差出人とをきちんと区別していたはずだったのが、郵便局側で誤った判断をした模様。
横長の郵便物の場合、差出人と宛先との関係がまちまちなので時々誤送を起こしてしまうことがあるそうです。
横長の郵便物で宛名を書くときには気をつけるべきだと言うことを痛感した事例になりました。

20120128 羽田空港

東京旅行は今回で最終回。

羽田空港で記念スタンプを押しました。

昨年夏にも、同じ場所でスタンプを押しています

続きを読む20120128 羽田空港

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。