【風景印使用開始・廃止】2017年5月~6月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」等の書籍と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2017(平成29)年5月~6月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

続きを読む

【風景印使用開始・廃止】2017年3月~4月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2017(平成29)年3月~4月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

続きを読む

【風景印使用開始・廃止】2017年1月~2月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2017(平成29)年1月~2月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

■1月18日追加
▲1月19日追加
2月23日追加※事後更新になりました。申し訳ありません。

●1月13日 【局名・図案変更】小名浜西郵便局(福島県)
移転に伴い、1月16日から「泉玉露郵便局」へ局名変更。
局名変更後の風景印の使用は未確認されなかったため、事実上の廃止に。

■1月16日 【図案変更】浮羽郵便局(福岡県)
日本郵便のサイトでは、1月13日に発表。

■2月1日 【新規使用開始】坂本郵便局(徳島県)

■2月1日 【図案変更】広島東郵便局(広島県)

■2月1日 【新規使用開始】広島蟹屋郵便局(広島県)

▲2月1日 【新規使用開始】崎戸郵便局(長崎県)

▲2月1日 【新規使用開始】大瀬戸郵便局(長崎県)

▲2月1日 【新規使用開始】雪浦郵便局(長崎県)

2月10日 【新規使用開始】釧路新富士郵便局(北海道)

2月13日 【図案変更】下賀茂郵便局(静岡県)

【風景印使用開始・廃止】2016年10月~12月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2016(平成28)年9月~12月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

当方の都合で、投稿が10月後半になりました。大変失礼いたしました。
■初回投稿時(10月21日)には、既に使用開始していました。
●初回投稿時で、郵頼が間に合う局です。
▲11月4日追加。
▼11月9日追加。
★11月27日追加。
12月3日追加。

▲10月11日 【営業再開】中和郵便局(岡山県)
2016年4月16日から一時閉鎖。
その間、近隣の市役所支所の駐車場で車両型の出張所を開設。

■10月15日 【図案変更】古川郵便局(宮城県)

●11月1日 【図案変更】瓜幕郵便局(北海道)

●11月1日 【使用開始】千葉県庁内郵便局(千葉県)

●11月4日 【局種変更による廃止】用居郵便局(高知県)
日本郵便の開局情報のページで11月7日から簡易郵便局への局種変更を発表。
通常だと、簡易局への局種変更時に風景印は使用廃止になる事が多いです。
投稿時風景印のページでは紹介されていません。

▲11月5日 【一時閉鎖】立野郵便局(熊本県)
2016年4月に発生した地震以降、断続的に一時閉鎖を繰り返している。

●11月7日 【使用開始】古山郵便局(三重県)

▼11月9日 【使用開始】七釜郵便局(長崎県)
日本郵便の風景印のサイトでは、11月8日にアップした模様。

●11月10日 【図案変更】半田住吉郵便局(愛知県)

▲11月30日 【局名変更】飯能サビア内郵便局(埼玉県)
日本郵便の風景印のサイトでは、既存の局の廃止のみ紹介しています。
私が直接局に電話したところ、局名変更後の郵便局でも風景印は使用されるという回答を頂きました。

★11月30日 【図案変更】柳田郵便局(石川県)
新しい図案は12月1日から使用開始。

★12月1日 【使用開始】豊岬郵便局(北海道)

▲12月2日 【局種変更による廃止】男木島郵便局(香川県)
日本郵便の開局情報のページで12月5日から簡易郵便局への局種変更を発表。
通常だと、簡易局への局種変更時に風景印は使用廃止になる事が多いです。
投稿時風景印のページでは紹介されていません。
(12月3日追加)風景印は簡易局に局種変更後も継続使用されるとの事。
継続利用を希望したところ、管轄の日本郵便の支社から了承が出ているそうです。
情報を頂き、局に直接電話で問い合わせして確認しています。

12月12日 【使用開始】草久(くぎゅう)郵便局(群馬県)

12月19日 【使用再開】下ノ土居郵便局(高知県)
8月6日に近隣の工場で起きた火災により、全焼して一時閉鎖していた郵便局の営業再開。

【風景印使用開始・廃止】2016年8月~9月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2016(平成28)年8月~9月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●8月2日投稿
■8月22日投稿
▲9月3日投稿
9月15日投稿
9月26日投稿

●8月8日 【未確定】伊勢崎宮郷郵便局(群馬県)
郵頼しましたが、風景印は使用されませんでした。

●8月10日新規使用開始 三郷立野郵便局(奈良県) 当方は8月1日に日本郵便の風景印のページで確認。

■8月16日新規使用開始 浜田簡易郵便局(秋田県)
日本郵政のサイトには事前に公開されていました。使用開始後の紹介になり、申し訳ございません。

■9月1日新規使用開始 奈良三条郵便局(奈良県) 当方は8月22日に日本郵便の風景印のページで確認。

■9月1日新規使用開始 奈良船橋郵便局(奈良県) 当方は8月22日に日本郵便の風景印のページで確認。

■9月1日新規使用開始 美園郵便局(滋賀県) 当方は8月22日に日本郵便の風景印のページで確認。

▲9月9日図案変更 北房郵便局(岡山県) 当方は8月31日に日本郵便の風景印のページで確認。

■9月12日移転・局名改称 能代出戸郵便局(秋田県) 8月19日の発表。
9月12日からは能代大瀬郵便局に。新局での風景印の使用は不明。
局へ直接電話確認したところ、同一図案で局名を変更した風景印を使用するという話を聞きました。
日本郵便の風景印のページでも、紹介していました

▲9月12日図案変更 式根島郵便局(東京都) 当方は8月31日に日本郵便の風景印のページで確認。

9月26日新規使用開始 網走大曲郵便局(北海道) 当方は9月13日に日本郵便の風景印のページで確認。

9月28日新規使用開始 海田中店郵便局(広島県) 当方は9月14日に日本郵便の風景印のページで確認。

9月30日局種変更 飯野郵便局(富山県) 簡易郵便局への変更。
8月31日は日本郵便の開局情報のページで紹介されていました。
風景印のページでは紹介されていませんが、簡易局への局種変更のため、風景印廃止の可能性が高いです。

【風景印使用開始・廃止】2016年6月~7月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2016(平成28)年4月~5月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●は初回投稿日5月20日時点で投稿。
▲は6月27日に投稿。
■は7月21日に投稿。

●6月1日使用開始 羅漢郵便局(徳島県)

▲6月13日営業再開 葛尾郵便局(福島県)
東日本大震災による一時閉鎖。
当方も見逃していました。

●6月27日移転・営業再開 平井賀郵便局(岩手県)
東日本大震災による一時閉鎖。一時閉鎖までは風景印を使用しているが、再開後の使用は不明。
6/27追記。郵頼の確認時に局員の方から連絡があり、営業再開日までに風景印の手配ができるか微妙な状態で、今回は営業再開日と風景印使用再開日が同日でない可能性があると案内されました。

●7月1日移転・営業再開 巣鴨駅前郵便局(東京都)
一時閉鎖前までは、風景印を使用しているが、再開後の使用は不明。

▲7月7日図案変更 京都三条大橋郵便局(京都府)
6/27日本郵便の風景印のホームページで紹介されていました

●7月9日廃止 伊勢崎大手町郵便局(群馬県)
6/27日本郵便の風景印のホームページで紹介されていました
実質上の移転先となるのが8月8日開局する伊勢崎宮郷郵便局になるが、伊勢崎宮郷郵便局での使用は不明。

▲7月19日移転・局名変更 旭川四条郵便局(北海道)
旭川四条郵便局としての最終営業日は7月15日の見込み。
7月(不明)日本郵便の風景印のホームページで紹介されていました

▲7月21日移転・局名変更 岡谷銀座郵便局(長野県)
岡谷銀座郵便局としての最終営業日は7月15日。
局名変更後のレイクウォーク岡谷郵便局での風景印の使用は不明は使用されません。
6/28日本郵便の風景印のページで風景印の廃止が案内されました。

■7月22日図案変更 鳥取中央郵便局
新図案はしゃんしゃん傘の円周を描いた変形印。
7月(不明)日本郵便の風景印のホームページで紹介されていました

20150501 鹿児島市交通局移転

2015(平成27)年5月1日。
郵趣界の多くの方は、世界で初めてフィンランド以外で発行されたムーミン切手を追いかけていたと思います。

050501-koutuukyoku640-01

私が追いかけていたのは、鹿児島市交通局の局舎と電車施設の移転。
2005年に日本たばこ産業(JT)の工場が撤退し、その跡地に老朽化していた鹿児島市の施設を移転させることに。その施設が鹿児島市交通局の局舎と鹿児島市立病院
その中で、鹿児島市交通局の局舎を題材として記念はがきを作りました。
画像で紹介している分は52円普通切手を貼っていますが、郵趣関係の知人に送った分はムーミン切手を貼って差し出すことに。

DSC00394

カバーの作成の顛末を。
移転直前の4月30日に移転のセレモニーを行うことは鹿児島市交通局のホームページでも告知していたので知っていましたが、あいにく当日は仕事。
予め鹿児島市交通局の電車施設に行って、写真を撮影しました。
もともと「鉄」も持ち合わせている私は、カシエの撮影というよりは電車や施設の写真を撮りまくっていました。

SONY DSC

旧鹿児島市交通局を堪能した後、新しい鹿児島市交通局へ。
比較的車の通りがある程度あるので、電車が行き交う際に車が入らないように撮影するのに苦労しました。

余談ですが、旧鹿児島市交通局は事務機能と電車施設は閉まっていますが、バスの施設としては2015年秋までは運営の予定。その後、分散移転します。
写真を撮る前に、旧交通局内にある職員食堂でお腹を満たしていました。ここも、バスの施設が残っている限りは営業しするそうです。

DSC00381

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。