銀座渡辺版のロケットカバー

ひょんな事から、日本のロケット打上げのカバーを集めるようになりました。地元鹿児島が日本で唯一のロケット打上げ基地で、自ずから地元というテーマにもなってきます。
打上げ地として、消印が押される局名が南種子郵便局または種子島郵便局、それと内之浦郵便局、やむを得ない時には鹿児島中央郵便局というワンパターンに陥ってしまうのですが、それは仕方ない話。
地元という事もあって、半ば義務感を持って集めるようになっています。

縁あって、結構な量のロットを入手することができました。
海外からの「里帰り」なので、eBayなどでよく見かける英文メインのカシエの物が大多数。
その中に、銀座渡辺版のロケット打上げのカバーが入っていました。

銀座渡辺版、既に生産は終了していましたが、版画の独特な色合いや暖かい感じがする絵のタッチは味わい深い物があります。

minamitane19810802

TT-500Aロケットを使用して、宇宙空間内で物質を無重力に近い状態で加熱した反応を実験するための打上げの記念カバー。1981(昭和56年)8月2日に打上げられましたが、実験結果の頭胴部が回収されなかった旨のスタンプも押印されています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。