平成29年用年賀はがき

3月になってからで大変恐縮ですが、年賀はがきの記念押印を何点か紹介します。

まずは、ディズニー年賀。
左は52円で発売の(通常の)インクジェット紙はがきは、郵趣関係以外の方に発送した年賀はがきのチェック用。
今年は「手抜き」して、年賀はがきの束に「機械印で構わないので年賀印を押印して欲しい」というメモを挟んでポスト投函していました。
今までは自宅宛に送っていましたが、到着印欲しさに局留めにしました。実際は、引き受けした郵便局留めの場合、到着印が省略されるそうなので、要注意です(特別に押してもらいました)。
右は、62円で発売のインクジェット光沢紙はがき。左の年賀はがきを局留めしていたので、元日の午前中に初詣に行く途中に受け取ったついでに記念押印しました。

続いて、ハローキティ年賀。ハローキティが年賀はがきに描かれるのは初めてなので、郵頼しました。
サンリオのテーマパークの最寄り駅
左は大分県にある日出(ひじ)郵便局ハーモニーランドの最寄り局。年賀印は使用しないものの、元日の引受押印には応じるという返事を頂きました。
右は、東京都の多摩郵便局サンリオピューロランドの最寄り局。こちらは年賀印を使用していました。

鹿児島県内に「鳥」が含まれる郵便局がありました。薩摩川内市の「東郷鳥丸郵便局」。
集配業務は行っていないので、今年最初の営業日の日付印で引受押印をしてもらいました。
こちらは、鳥を描かれている通常のインクジェット紙はがきと、絵入り年賀はがきに押印しました。

20150423 乃木坂駅前郵便局

2015(平成27)年4月23日から営業再開した、乃木坂駅前郵便局
入居していた建物の建て替えで、一時休止していた模様。
「お遊び」で、このような記念品を作ってみました。

050423-nogizaka640-01

この郵便局の名前を見て「乃木坂46」をイメージしてしまいました。ファンではありませんが。
カシエは、2015年1月7日にリリースした乃木坂46のファーストアルバム「透明な色」のジャケット
偶然、東京メトロ千代田線乃木坂駅の構内で撮影されていました。
公式サイトから、画像データを拝借する事に。日付印の押印は、勿論郵頼です。

 

このアルバム、駅のホームで撮影したジャケットのバージョンも。微妙に入れているディスクが異なるという、お約束の「AKB商法」になっています。ファンの方は好きなメンバーが映っているバージョンのみならず、全て買っちゃうでしょうね…。
それぞれのバージョンも作っていましたが、「推しメン」のいる方に個人的にプレゼントするためのもの。推しメンがいなければ、ハガキにしたジャケット写真が見た目は一番良いと判断しました。

最初は、平成27年用年賀はがきの「ぐるぐるAR年賀状」に絡めて作ろうかと思ったものの、手元に残っていた使わなかった年賀はがきは既に切手に交換済み。
年賀葉書の入手に困ったので、別な手段を考えるべくネットで検索。乃木坂46の公式サイトで「透明な色」のジャケット写真と巡り会った次第です。
くどいようですが、ファンではありませんので…。

野方郵便局

年賀状を作っているときに、印面を見てふと気付いて郵頼しました。

nogata

年賀葉書への押印。残念なのは日付です。曜日の関係で、新年最初の営業日が1月6日。
干支と絡むデザインの風景印を使っている郵便局については、局の通常の営業時間にかかわらず元日の日付で押印するサービスを行っても良いと思うのですが…。

押印した理由は、干支つながり。
2014年用の年賀葉書(インクジェット紙)の料額印面(切手の部分)のデザインが、「蹄鉄のお飾り」。鹿児島県曽於郡大崎町にある、「野方(のがた)郵便局」で使用されている風景印が蹄鉄を描いている事を思い出しました。

野方郵便局の風景印は、蹄鉄を外枠にした変形印で中には競走馬と神舞を描いています。
題材は郵便局近辺に、「日本軽種馬協会」の種馬場があるために蹄鉄と競走馬が、照日神社で毎年3月に行われる春祭りで奉納されている神舞を描かれています。

日本軽種馬協会」の種馬場は、サラブレッド種の競走馬を育成しています。皆さんのイメージでは、競走馬の育成といえば北海道特に日高地方を思い出す方も多いかもしれませんが、鹿児島以外でも千葉県や青森県でも育成されています。

ひとりで楽しむのも勿体ないので、日頃郵趣品を交換している方を中心に差出しています。
郵趣家の皆さんには、「年賀状は差出さない」と言っていましたが、あくまでも「記念品」という位置づけと言う事でお許し下さい(笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。