20160729 MOZOKAステーション868

7月29日、フォルムカード第8弾の購入のために熊本県人吉市まで日帰りしてきました。
今回は家族サービスも兼ねていたはずなのですが、行きたい場所をピックアップしていたら鉄分が入ってしまいました。「あなたが計画すると必ず鉄分入るね」と指摘を受ける始末。

訪問した場所は、人吉市ではJR肥薩線・くま川鉄道人吉駅の横にある「MOZOKAステーション868」。2015(平成27)年5月にオープンした施設です。

SONY DSC

人吉市が建設し、人吉市の観光協会が運営している鉄道博物館。
入場無料。有料のアトラクションやカフェの利用は、料金が別途必要です。

SONY DSC

有料アトラクションのひとつ。
JR肥薩線に沿うように、小さな線路が引かれていて、ミニ列車が人吉駅の近くまで走れるようにしています。
ミニ列車は定期的に運行されていて、出発の時間が近づくと館内放送で案内されていました。
2階にはレールバイクも設けられています。

SONY DSC

線路は館内をぐるりと回るように通っています。線路は館内を一周できるようにも配置されているので、雨天時にも運行します。
線路を挟んで、展示スペースや物販コーナーやカフェがある館内レイアウト。木目をそのままむき出しにした床材や柱が暖かさを醸し出しています。

SONY DSC

JR九州のみならず、九州内で水戸岡鋭治氏が手掛けた車両を紹介した展示ボード。
この施設はJR九州の数多くの車両のデザインを手掛けている、水戸岡鋭治氏のデザイン事務所が手掛けています。

大人は当然のことですが、子供が楽しめるような仕掛けが豊富に仕組まれている、おもちゃ箱をひっくり返したような館内は、中に入っただけでワクワクした気持ちになります。
素人から見た目ですが、この施設は水戸岡鋭治氏が近年手掛けた建築物の中では一番気合いが入っていると見受けられました。まるで、今までの仕事の集大成のように、全てのデザインを注ぎ込んでいる雰囲気があります。

20160729-mozoka1

館内ではスタンプラリーのスタンプが設けられており、5種類のスタンプを用意しています。大人は探しても見つけにくい場所にも置かれていて、完全に子供目線を優先させています。スタンプには、施設のロゴだけでは無く水戸岡鋭治氏が手掛けた車両の中で描かれている動物、JR九州の「あそぼーい!」のクロちゃん、和歌山鐵道貴志川線の「たま駅長」なども図案になっています。

20160729-mozoka2

シヤチハタのXスタンパーを使用していて、手入れはある程度行き届いているものの、子供向けに楽しんでもらえるようにしている性格上、雑に扱われてしまいます。おかげで、多くのスタンプは上の方向がわかりにくい状態に。特に、「クロちゃん」のスタンプに至っては印面がスタンプ台から外れされていました。

消印は、最寄りの人吉郵便局の風景印を押印しました。
施設の名前になっている「868」という数字、人吉郵便局が受け持ちエリアの郵便番号を意味していますので、適応した消印という事に。人吉の主な観光施設(ループ橋、球磨川下り、温泉)を描いた風景印も印影を新しくしており、クリアな風景印を得られました。
もうひとつ意味を重ねていて熊本から運行される観光列車(JR九州では「D&S」列車と称しています)「SL人吉」で使用しているSL車両「8620形」の愛称「ハチロク」にも掛けているという事です。

そして、「MOZOKA」は人吉・球磨地方の方言で「可愛い」という意味です。

SONY DSC

この施設の横には、人吉駅に併設されている機関庫があり、「SL人吉」の運行日の12時過ぎから14時過ぎの出発の間まで停車しているSLが見られるはずです。機関車の向きを変える「転車台」もあり、タイミングを合わせれば転車台に乗って方向転換するシーンも見られます。

SONY DSC

最後に、駅の近くで撮影した「SL人吉」。
人吉駅に到着する直前という事もあり、煙突から煙があまり出ていませんでしたが、迫力のある走りを間近で味わえました。

大胆な額面表記エラー

梅雨時期や天候が悪い休日。
特に何もすることがなければ、手元にあるカタログをパラパラとめくって新しい発見をすることもあります。
特に、メインで収集している「一番切手」は占領地や地方発行のマイナーなエリアを知るために、メインナンバー以外の部分(「BOB=バック・オブ・ザ・ブック」と言います)をめくることも多いです。
先日入手した切手から、メインナンバーのカタログの細かい記述までを見る大事さを改めて思い知る事になりました。

bath-01

1974年にタイから発行された国立博物館100周年記念切手。
一瞬見ると、博物館の収蔵品を描く落ち着いた美しい切手というだけの印象しかありませんが、意外な一面を持っています。

bath-02

何と、額面の表記を間違えています。
青75ST(サタン)切手以外の、2バーツ、2.75バーツ、3バーツ切手の英語での通貨単位表記が本当は「BAHT」であるはずなのが、「BATH」になっているのです。「BATH」って、英語で「風呂」ではありませんか…。
通貨単位の誤表記であれば、発行前であれば発行日を遅らせて正確な表示にして発行し直したり、発行後でも回収して再発行の対応をするケースもありますが、この切手に関しては間違いを犯したまま発行したまま、放置の状態されています。
南国のおおらかさなのでしょうか、それとも再発行のコストを考えて「見て見ぬふり」をしたのかがとても興味があります。

1974thailand-scott  

この誤表記については「スコット」カタログでも赤枠部分のように、額面表記のエラーであることをきちんと説明しています。その部分のコピーも掲載しておきます。2005年版のモノクロ時代の古い物であることはお許し下さい。
所持しているカタログの発行から年数が経っているのでカタログ評価も上昇しているとは思いますが、見つかれば比較的手ごろな価格で購入できました。カタログを丁寧に紐解けば、このような手頃な「エラー切手」を見つけられるかもしれませんが、やはり時間的な兼ね合いや「見落とし」も生じると思います。そうなると、知識を持っている人からの情報も大事になります。
今回も、販売していた切手商のリストでエラーであることを表記していたので購入に至りました。

※この記事は、私の所属団体の「日本郵趣協会鹿児島支部」のブログにも同時投稿致します。

鑑真記念館(鹿児島県南さつま市)

2013年3月下旬、南さつま市坊津(ぼうのつ)町方面を訪問していました。
坊津町秋目(秋目)にある、鑑真記念館を見学したついでに、記念スタンプを押印しました。

鑑真記念館は名前の通り、奈良時代に中国から渡来した僧侶鑑真がこの地に渡来した事を記念して設置されています。
館内は、鑑真の渡来に関する資料や映像、中国との交流の資料を展示しています。

SONY DSC

鑑真記念館の外観。
1階部分はトイレのみ。
記念館本体は2階部分になっていて、記念館の奥から館内に入ります。

SONY DSC

入り口の辺りには、鑑真像も建立されています。
生まれ故郷の中国を向いているのでしょうか?

SONY DSC

記念スタンプ。
館内の海側は一面ガラスで覆われていて、海を眺めながら記念スタンプを押印できます。
あいにく当日はすっきりした天気では無かったのは残念です。

ganjin

鑑真記念館の記念スタンプと、坊郵便局の風景印を組み合わせて押印。
押印した12月20日は、鑑真が秋目に上陸した日。
偶然、2013年が鑑真の没後1250年を迎えます。地元南さつま市坊津町秋目では、記念のイベントも開催されました

本当は、近隣の郵便局で押印したかったのですが、最寄りにあった秋目郵便局は既に廃止。行政上の町名を基準にして、坊郵便局へ押印依頼をしました。
本当は、風景印では無く和文日付印での押印希望をしたはずなのに、戻ってきた依頼品には全て風景印での押印。ちょっと残念な気持ちになりました。

SONY DSC

そして、鑑真記念館に来た際には、1967年に公開された映画「007は二度死ぬ」の撮影記念碑も忘れてはいけません。記念碑には、出演したショーン・コネリーと丹波哲郎のサインの筆跡が彫られています。
日本が舞台になっているこの映画、多くのシーンを秋目の地で撮影されています。

SONY DSC

記念碑の設置は意外と遅く、平成になってからの建立でした。

20130913 しょうけい館

2013年の東京旅行シリーズ・その7です。
昭和館に続き、しょうけい館に行きました。

しょうけい館は太平洋戦争や日中戦争など、戦争で怪我や病気をした方の戦中、戦後の労苦を伝える施設。
九段郵便局から、路地に入ったところにあります。

SONY DSC

外観は、普通のオフィスビル。
2階建てで、こぢんまりとした建物に見えますが、展示物は義手や義足といった装具から、受傷した時に入っていた鉄砲の弾など、リアルな物が多いです。
訪れた日には、傷痍軍人としても知られている漫画家の水木しげるの企画展が開催されていました。戦場で描いたスケッチなどもありました。
時間の制約で駆け足状態で見学したのですが、ゆっくりと時間をかけて展示物や説明を読んだ方が良いかもしれません。

shoukeikan-01

記念スタンプは2種類。
本の上に座って本を読んでいる子ども達の図案のスタンプが可愛いと感じ、風景印と合わせてみました。こちらも、九段郵便局の風景印を押印。

shoukeikan-02

もう1種類はこちら。
傷痍軍人と思わしき年配の方と子どもを描いたイラスト。

旅行から戻ってきて半月ほど経った時に、しょうけい館の運営に関するニュースがありました。
傷痍軍人会:解散式 平均92歳、会員数減で運営難しく(毎日JP)
しょうけい館は、傷痍軍人会が厚生労働省から委託して運営されていましたが、解散後は民間企業に委託して運営されるとされていますが、記念スタンプなども設置したままであって欲しいです。

20130913 昭和館

2013年の東京旅行シリーズ・その5です。

靖国神社から次のスポットに行く間に、地下鉄九段下駅周辺のスポットを巡ります。
九段下の駅から東京武道館や靖国神社に行く坂の途中に大きな建物があります。

DSC00313

昭和館」という、戦中戦後の一番厳しい生活だった時代の展示を行っている施設です。

DSC00314

次の予定もあったので、館内の見学を省略してスタンプの押印だけに。
受付の方に、スタンプだけ押したいという事を話したら、ご快諾頂けました。
常設展示室は有料なのですが、記念スタンプは無料スペースに設置しているとの事。
6階の展示室の出口に当たる部分にありました。

shouwakan

記念スタンプの外枠は、昭和館の建物の断面。
土地の都合なのでしょうか、菱形を崩した形のフロアになっています。
そして、最寄りの九段郵便局の風景印を押印。
靖国神社と桜を描いています。

鹿児島市立ふるさと考古資料館

前記事の平川動物公園に引き続き、鹿児島市南部の谷山地区を徐々に「開拓」していきます。
谷山地区の市街地から少し離れた場所にある、「鹿児島市立ふるさと考古資料館」に訪問しました。
近隣を中心として、鹿児島市内で出土された考古資料を展示している施設です。

furusato

記念スタンプは屋外展示している竪穴式住居と高床式倉庫。
「また来てね」と言っている男性は、明治時代日本の先住民の調査と研究を行い、鹿児島でも発掘作業を行ったニール・ゴードン・マンロー。
最寄の鹿児島慈眼寺(かごしまじげんじ)郵便局の日付印を押印しました。
この資料館は慈眼寺公園の一角にありますので、名前を合わせてみました。
分からなければ、なぜ?聞かれそうな理由ですが…。

資料館の外観です。

SONY DSC

なかなか立派な施設です。
梅雨の中休みの平日の午後だからでしょうか、入園者が私一人しか居なかったのがとても勿体ない施設。

SONY DSC

記念スタンプ。
シヤチハタ式で、かなり劣化が起きています。ひとまず、インクは付きますがゴム面がブヨブヨになっています。今のところは何とか押せますが、交換して欲しいところ。

館内はやはり撮影不可なのですが、撮影可能エリアで面白い物が見られましたので、写真で紹介します。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

館内の、縄文時代のジオラマはスケールは大きなものの、双眼鏡で小さなジオラマの人形を見せられる演出は閉口しました。
資料映像や出土品をじっくりと見ることに時間を掛けた方が良いでしょう。また、入場料とは別料金になるのは縄文時代の生活を体験するのも面白いかもしれません。顔はめや縄文人ルックで記念写真が一番お勧めかもしれません(笑
訪問する時は一人では無くて二人以上で、かつ時間を掛けて遊んでみるべき施設でしょう。
体験型が豊富な歴史を語る施設というのは初めて見たような気がします。

20120127 切手の博物館

前回の続き。

くどいようですが、学習院の通用門を見ながら右の路地に曲がります。
スポーツ用品メーカーのデサントのショールームがあります。私はスポーツとは縁遠いので、更にまっすぐ進みます。
しばらくすると…

切手の博物館です。

続きを読む

鹿児島県立博物館・プラネタリウム

もう年を越したのに、昨年の話で恐縮です。
いつも近くにまでは来ているのになかなか行けなかった場所がありました。

鹿児島県立博物館のプラネタリウム。
「宝山ホール」こと鹿児島県文化センターと同じ建物にあります。

なぜ、「行けなかった」か。
理由は簡単です。プラネタリウムの投影する時間と近くの鹿児島東郵便局に訪問する時間が合わなかっただけ。

きちんと時間を確かめた上でプラネタリウムへ。
記念スタンプを発見したので、早速押印です。

施設名が白抜きになっている記念スタンプって珍しいのでは?
捻らずに、真横にある鹿児島東郵便局の風景印を押印しました。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。