20171126 大相撲九州場所

平成29(2017)年11月12日から26日の15日間、福岡県の福岡国際センターで開催されていた「大相撲九州場所」。
相撲の取り組みよりも、場外での騒動で話題になった場所となってしまいました。

夏場に入手していた物を使って、郵趣的な記念品を作成していました。

大相撲九州場所は、福岡県福岡市での開催なので、郵頼で博多郵便局へ押印を頼むことに。
日付は、11月26日の千秋楽。取り組みの最後の時間帯になる、12時~18時の時刻で押印を指定しました。
本当は、初日の12日に押印して26日にも押印しようと画策していたのですが、郵頼の発送日程をタイトにし過ぎて、郵便局の方が郵頼の封を開けたのが13日という失態をしていたのは、ここだけの話。
(切手部分と、消印部分は拡大してご紹介します)

今回の押印に使った台紙。団扇です。
九州場所が開催される前、夏場の時期に貯金窓口に「ご自由にお取りください」とばかりに山積みされていた、行司が持つ軍配の形をしたもの。
小心者の私は、10枚ほど頂いて九州場所の開催まで待っていました。
貼った切手は11月8日発行の「森の贈りものシリーズ第1集」の62円。4円は過納になりますが、ゆうちょ銀行のコーポレートカラーの緑に合わせてみたのは偶然の産物です。

4人の横綱の四股名が書かれていますけど、優勝した白鵬以外、休場していたのは悩ましい事態だと感じてしまいます。
騒動に巻き込まれた上、引退した日馬富士の名前が載った郵趣品が出来上がることになりました。

20170527 博多華丸・大吉

あらかじめお伝えしておきます。
今回は、定形外の規格が変わるだとか、はがき料金が62円に値上げするとかは全然意識しない、ただのおふざけです。

5月上旬、ほっともっとで博多華丸・大吉が描かれた団扇をもらっていました。
弁当を買う必要がある時、ほっともっとを代表とする持ち帰り弁当チェーンを使っても自分以外が購入していたり、持ち帰り弁当チェーンが揚げ物ばかりで閉口してしまい最近はコンビニ弁当が多いので、団扇の存在は知りませんでした。
しかし、どう見てもこの団扇を使ったら今以上に暑苦しくなりそうなデザインだと思いますが…。

団扇を見て、5月下旬に博多へ日帰りする用事があるので、その時に押印すれば良いと当たり前のように閃いてしまっています。

博多華丸だけではなく、博多大吉も描かれています。平等に押印することに。

「博多なのに唐揚げ?」と言う挑発的な突っ込みが大分方面から聞かれそうなので、余った分を大分の方にも送りつけています。
当てつけではありません。お許しください。

余談ですが、実は博多郵便局が建て替えられてから初めての訪問。KITTE博多の丸井とのダブルネームに違和感を感じてしまいます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。