20180211 北九州切手のつどい

ご報告が遅くなりましたが、2月の「北九州切手のつどい」で講演していました。

後ろ向きでマイク握っているのが私です。

演題は「旅と郵趣」。
レジュメは「公益財団法人日本郵趣協会 九州・沖縄地方本部」のサイトで公開しています。

プロジェクターのスクリーンに映像が映し出されていないのですが、大チョンボを犯してしまいました。
会場入りして機材チェックしたら、映像が表示されないというトラブルに遭遇。
Androidタブレットから映像出力している信号の解像度(画面を構成する点の数)が、プロジェクターが対応している解像度に対応していなかったというオチでした。
機材の選定で、必ずしも新しい機材同士の組み合わせじゃない事を想定していなかったのが敗因でした。

機材を用意して下さった皆様にはこの場を持ってお詫び申し上げます。

色々とあって、この講演のネタはリベンジする事になりそうです…。
そして、この場でまさかの「大人買い」をしてしまい、数ヶ月間金策に苦しめられる事になるとは思いませんでした。

20170212 お礼:北九州切手のつどい

2017年2月12日に開催された、北九州切手のつどい。
無事終了しました。

写真を撮影したのが、会場内に多くの方が居る時間帯。
会場内のブースでは、参加者が熱く切手を探していました。

会場の講演したスペースから一枚。
私の名前の字が違いますが、あまり気にしてません。

イベント最初を飾る記念講演は、無事に終わりました。
ひとつ失敗したと思ったのが、時間配分。自宅で一度講演内容を喋ってみたところ、時間がオーバー気味だったので何ヶ所か説明を簡単にし過ぎてしまいました。更に、数日前から腕時計の電池が切れてしまい、時計を見ながら話をする事ができずに。今考えれば、置き時計でも良いから準備しておくべきだと実感。
講演を終わった時点で、司会の方が少し慌てて質疑応答を参加者から求めた所で、ハッと気付きました。

そして、講演後聞いてくださった方から意見や感想を頂くことができました。

郵趣人生初の、イベントでの記念講演という事もあり、記念押印しておきました。

講演の準備を最優先して、記念押印の準備をしていなかったことに気付いたのが、小倉行きの前の休みの日。
色々と予定を入れていた所での準備だったので、何も印刷していない用紙に小型印を押印する事に。

さて、カシエはどうするか。やっぱり、私が講演している時の姿が一番良いのかもしれませんが、自分で自分を撮るという気の利いたことを考える余裕がありませんでした。
当日参観された方で、私の講演している場面を撮影している方がいらっしゃれば、写真を分けて頂ければ助かりま
よろしくお願いいたします。

20170212 北九州切手のつどい(予告)

Web媒体や誌面でも紹介がありますが、個人的にも告知いたします。
2月12日に福岡県北九州市で開催される「北九州切手のつどい2017」の記念講演を任されました。
連休が取れなかったので、日帰りで鹿児島から小倉まで往復する予定。

記念講演で頒布する資料をPDFで公開します。主催者の方からも了承済みです。
会場に行くことが出来ない方でも楽しめるような文章にしたつもりです。
という事もあり、当日はレジュメの通り話さないと思います。脱線して時間が無くなる可能性も…。

画像をクリックすると、PDFデータがダウンロードできます。
OneDriveでも公開しています。好きな方法で入手していただければ嬉しいです。

本業で人と話すことは慣れていますけど、大勢の人前に立って話すのは久しぶり。
そして、切手の講演は今回が初めて。
頑張ります。

※業務連絡
1月から2月上旬にかけて、この講演の準備を行っていたり、他のプライベートな用件を優先する日程になっています。おかげで、それ以外の郵趣関係の活動とブログ投稿が滞っております。郵趣関係は少しずつ滞っている物を片付けておりますので、整い次第ブログ更新を復活します。

 

20150215 北九州切手のつどい2015

毎年参加している、北九州切手のつどい

DSC00068

この会場から、年賀状代わりに年が明けてから手紙類を送っていない知り合いの郵趣家の方へハガキを押印するようにしています。
今年作成したのは、こちら。

kitakyu2015

このイベントでの小型印は、小倉郵便局の歴代の日付印を題材にしています。
ちゃんと印影の寸法に合わせてデザインされています。

このカードを作る上で悩むのがカシエ。小倉での滞在は、イベント参加中心で時間が取れず観光が出来ないため、良い写真が少ないのです。
ネットで検索したところ、北九州市のホームページで、北九州市の観光スポットの画像を素材集としてダウンロード可能でしたので、使ってみる事にしました。

今回使ったのは、小倉北区を流れる紫川に掛かる常盤橋(ときわばし)。奥には、NHK北九州放送局やゼンリンの本社ビルもあります。

作成枚数:40枚(知り合いの方へ発送しました)

20110220 北九州切手のつどい(記念押印編)

前回の続き。

今回は降り立った駅で葉書へ駅スタンプを押し、近くのポストに投函をしてみました。

博多駅で実例を。

駅スタンプは総合案内所にありました。(写真撮るの忘れてます)

博多口はまだ工事中でゴチャゴチャしていると予想し、筑紫口へ。
入り口すぐにポストを発見。しかし、何故3個もポストがあるのだろうか。

こんな感じで、ポストに投函してみました。

博多駅から差し出し。「博多どんたく」を描いています。

小倉駅はJR九州とJR西日本の2社それぞれで駅スタンプを準備しています。
こちらは、JR九州の。「祇園太鼓」を描かれています。ちなみに南口を出ると、祇園太鼓の銅像もあります。

こちらが、JR西日本の駅スタンプ。関門橋と「祇園太鼓」に新幹線が描かれています。

鹿児島中央駅。大小の駅スタンプが設置されていました。少し、スタンプのインクが薄い。

鹿児島中央駅のバス停から。日帰りの小倉行きでしたが、アミュプラザの観覧車が「おかえり」と言っているようでした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。