20161001 スタンプショウかごしま

2016年10月1日から2日に鹿児島市で開催された、「スタンプショウかごしま2016」。
毎年のことですが、運営側として切り盛りしていました。
イベント自体の状況はJPS鹿児島支部のブログをご覧下さい(ここをクリック)

私は、本業の休日取得の兼ね合いで、会場に居たのは初日の1日だけ。
地元の鹿児島のイベントという事もあり、郵趣関係の知人に小型印を押印した郵便物を毎年送るようにしています。

20161001-ssk2

「公式」の記念はがきに、小型印を押印。
これは、会場内で記念ハガキを押印できる案内用として、会場内に掲示するために作成しました。

20161001-ssk1

送った記念ハガキはこちら。
原図と、郵便局に提出した小型印原図を左側に配置し、右側に実際使用された小型印を押印。
小型印の申請図を作成する作業も担当していたので、「公私混同」で作成してしまいました。
右上のスペースに、千葉県在住の青雀堂ボリさんに作成して頂いた記念スタンプを押印しました。
裏側は、告知用のハガキ。これも「公私混同」で実際に送った告知用のハガキとは別注文で紙質を変え、片面のみの印刷しています。

20161001-ssk1ura

小型印押印後、発覚した話がありまして。
日本郵便の小型印のホームページに掲載の小型印の図案と出来上がった小型印の印影が違っていました。

20161001-ssk3

拡大に耐えられませんが、もう少し大きくします。リンク切れ起こしたらごめんなさい。

日本郵便の方、どうやら提出した原図をネット上にアップしてしまったようで…。

19580815 留辺蘂郵便局・局舎落成記念切手展

10月に行われた「スタンプショウかごしま」で入手しました。
運営側の立場のためブースを回る時間はあまり取れなかったので、カバーの山を見たのはひとつだけ。
その中で興味を引いた物を数点を何回かに分けてご紹介します。

現在は北海道北見市に位置する、留辺蘂(るべしべ)郵便局の「局舎落成記念切手展」の小型印が押印された記念品を2点入手しました。

まずは、はがき。
前年の切手趣味週間の鈴木春信の「まりつき」を貼り、1958(昭和33)年8月15日の日付が押印されています。

rubeshibe-1

押印の台紙として使われた葉書も、カラフルなデザインになっています。CMYKの4色分解では無く、少なくとも5色使用して重ね刷りしています。

あとは、切手展の目録。
佐渡弥彦国定公園切手の「外海府海岸と佐渡おけさ」を貼って、1958(昭和33)年8月20日の日付が押印されています。

続きを読む

スタンプショウ2014

SONY DSC
会場の都立産業会館・浜松町館。
案内看板の後ろの木が建物を邪魔しています…。

当初は全く予定していなかった、「スタンプショウ2014」の参観。
「トピカル切手展の授賞式参加」という明確な目的を持って予定外なのにもかかわらず行きました。
連休の真っ最中なのにもかかわらず連休が断続的だという事もあるのでしょうか、特典航空券の空席があり、貯めていたマイルを消化することに。
場所も浜松町という事もあり、羽田空港に着いたらまっすぐ会場に。

会場では、トークショーなどのイベントがありました。
1日目は、日本郵便の切手デザイナー、中丸ひとみさんのトークショーを拝聴。

nakamaru
手持のはがきに、中丸ひとみさんのサインをいただき、「スタンプショウ」会場限定の宝塚をテーマとしたスタンプラリーの「すみれの花」スタンプを押印。更に、中丸ひとみさんデザインの「宝塚100年」記念切手を貼り、会場限定の「宝塚歌劇100周年切手展」の小型印を押印。

その後、椙山さん主宰の「ファンタスティック・スタンプクラブ」の例会に参加。

2日目は、授賞式がメイン。

SONY DSC
普段着で授賞式に参加してしまいました。

そして、調子に乗って賞状に小型印を押印したり、更には…。

スタンプショウの小型印を押印した受賞記念カード。
左側は「スタンプショウ2014」実行委員長の七海義継さん。右側は谷之口。

調子に乗って、受賞記念カードまで作成する始末。
作り方は、写真を印刷するスペースをあらかじめ考えておいて白いカードに切手と小型印を押印。
そして、自宅に戻ってパソコンを利用して写真と文字をレイアウトの後インクジェットプリンタで印刷しました。
この手法は、切手と小型印を押す位置を決めてしまえば、写真と文字の位置を決めやすいソフトを利用すれば容易にできてしまいます。

トピカル切手展の結果

先日宣言した、切手展出品の話。この場では報告していませんでしたので…。
切手展が開催されたイベント「スタンプショウ」のホームページで既に公開されていますので、事後報告です。
銀賞を受賞しました。

 トピカル展賞状

なぜか、賞状の右上には小型印が…(笑

トピカル展賞状2

話は続きます。

スタンプショウかごしま2011

2011年10月1日(土)、2日(日)の2日間に掛けて、「スタンプショウかごしま2011が開催され、無事終了しました。
私もこのイベントが始まって当初から(一部中断の時期はありましたが)イベントのお手伝いをしています。

イベントの開催記念として、2008年ごろから「記念カード」を作成しています。
2007年に「とある企画」で大いにコケてしまい、翌年「記念で押印できるカードがあれば面白いのでは?」 という発想のもとに提案しまして、それ以来定着しています。

今年は「鉄道切手」ということで、鹿児島に関する題材として「鹿児島市電」を記念カードの題材に。

鉄道を題材とした切手を貼れば最高だったのですが、諸般の事情で普通切手に。
市電と新幹線。 早い車両と遅い車両のコラボレーションになります。

続きを読む

日本国際切手展2011(その7)

国際展の話。
これで、最終回です。

2日目は、姉の家から京浜東北線と湘南新宿ラインを乗り継いで横浜まで向かいました。
その前に、川口駅で駅スタンプを押してポストに投函。

川口駅の駅スタンプ。色々と市の名所などを詰め込みすぎの感が。消印はさいたま支店。

続きを読む

日本国際切手展2011(その6)

国際展の話。
やっぱり、ケータイのカメラは良くないねぇ~。カメラ買うべきだったのではと反省してます。

「ひと休憩」ではありませんが、各国郵政のブースで押印した消印を紹介。
私はB5の台紙を準備して押印して貰う事にしました。
パスポートではアルバムリーフに入らないのが理由。

初日(7/28に押印)

中華民国(台湾)、日本(横浜支店風景印)、スウェーデン
デンマーク、リヒテンシュタイン、ドイツ
グリーンランド(植村直己)、グリーンランド(国際展)、インドネシア

続きを読む

日本国際切手展2011(その5)

国際展の話。
画像を取り入れながらの冗長的なブログなのは仕様なのでお許しください。

初日は、暑中見舞いを兼ねた記念カードへの押印や、各国の郵政のブースで行っているスタンプラリーでの押印がメイン。

まずは、記念押印。
減らせる荷物を極力減らす方向で。

横浜支店(コーナーから左半分)、横浜中央郵便局(右半分)の押印コーナー

続きを読む

日本国際切手展2011(その4)

国際展の話。そろそろ、会場ですが…。

横浜駅でカメラを扱っている量販店を物色しましたが、安いデジカメが見つからない。一番安いのだと、鹿児島の方が安いという事はどういうことなのか…。販売している店舗が○○○○カメラで鹿児島に無い店舗というのもあります。
調子こいて、こんなのとか(本当に電池でも動く)、こんなのを買うという事も考えたのですが、鹿児島に帰ったら家庭不和を迎えるのが怖かったのと、清水の舞台から飛び降りる勇気が無かったので携帯のカメラで何とかする事に。

みなとみらい線に乗車し、会場のみなとみらい駅に向かいました。
みなとみらい駅のエスカレーター、長いっ。

みなとみらい駅からクイーンズスクエアに上るエスカレーターにある文章。フリードリヒ・フォン・シラー「デンマーク王子アウグステンブルク公にあてた美学的なことに関する書簡27号」の一部とのこと。

続きを読む

日本国際切手展2011(その3)

国際展の話。なのですが、まだ会場に辿り着かない。

横浜駅に降り立って、まず思ったのが「暗い」。もともとなのか、節電で蛍光灯の数を減らしているのか分かりませんが、非常に暗かった。といっても、目が慣れていけば問題ない程度。駅スタンプを押印。

会場へ向かう「みなとみらい線」に乗り換える前に、横浜駅前にある郵便局を2局巡ってみました。

横浜駅東口にある横浜中央郵便局は、今回の国際展の初日指定局になっていて、風景印も特設の押印会場で対応していました。

続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。