【風景印印影】檜原郵便局(東京都)

平成29(2017)年3月30日から図案変更した、風景印の印影をご紹介します。

風景印の図案変更を機に、風景印の図案にもなったご当地のゆるキャラ「ひのじゃがくん」の装飾を施したポストを檜原郵便局の前に設置しています。このポストに投函した郵便物には、檜原郵便局の風景印を押印するサービスも行われます。
(プレスリリースの1ページ目を引用。画像をクリックすると元のPDFを参照できます。)

※お裾分けのご案内
官製はがきに押印した分を若干数作成していて、ヤフオク!で出品中です(左のリンクが表示されないときは1~2日お待ちください)。
このブログのメールフォームを利用した、個別のお問い合わせも承ります。

20140528 島内簡易郵便局

鹿児島県内であちこち寄り道していたら、12時過ぎになりました。
吉松駅を過ぎると、宮崎県です。
県境を通り越しても、簡易局は逃さず訪問します。
えびの市の島内簡易郵便局に巡り会いました。

島内簡易郵便局局舎

自動車販売店の敷地とつながったような場所にあり、独立した局舎を持っています。
自動車販売店との関係は不明です。

島内簡易郵便局のポスト

余談ですが、私が訪れたときのポストの集配時刻が細かいのか大雑把なのか分からない状態になっていました。

島内簡易郵便局日付印

日付印。インク浸透式でした。
日付印の県名を見て、ようやく県境を越えた事を実感しました。
以前は、県境越えてセブンイレブンを見たら他県に来たと実感できたのですが、鹿児島にセブンイレブンが出店してからは実感を感じなくなっています(笑

東京旅行(その2)・TDRを郵趣的側面で見る(1)

東京ディズニーリゾート(以下、TDR)については、色々なところで述べられています。
私の下手な文章や写真だと良さが半減されそうなので、郵趣的な側面から、書いてみます。

と言いながらも、やっぱり載せちゃいましょう。
オールドレンズにとって、非常苦手な 逆光で撮影しているので映像が眠いのは許して下さい。

上の葉書は、TDRから差し出した葉書です。左が東京ディズニーシー(以下、TDS)、右が東京ディズニーランド(以下、TDL)。
TDRから差し出すのには、時期的(年始)というのもあってディズニー年賀が一番良いと思って、年末に買っておきこの日のために取っておきました。

記念スタンプがあって自分で押したわけではなく、TDL、TDSに設置しているポストから投函すると、記念スタンプを押してくれるサービスをしています。
決して「裏技」というわけではなく、TDRの公式ホームページでもきちんと案内しているサービスです。
当然のことながら、これらのポストは日本郵便が設置している訳ではありません。TDRがひとつの「アトラクション」として設置している物になります。

その根拠として、押印されている日付をよく見て下さい。
TDL、TDSそれぞれの日付と、郵便局で押されている日付が1日ずれています。両日とも入園した翌日午後の時間帯の消印が押されています。
仮定になりますが、閉園後に回収し翌日午前中までにTDL、TDSで記念スタンプを押印し、郵便局に送られていると考えられます。

で、実際のポストがどのようになっているかをご案内します。

これがTDLに設置しているポスト。写真の場所は「トゥモローランド」の「キャプテンEO」の近く。赤くはありません。

「LETTERS」と書いてあったところが蓋になっていまして、開けてみるとこんな表記が。
「郵便局へお届けします」というのが、日本郵便が設置していないという証明。

別なエリアでも見つけたので、もう1枚。
「ファンタジーランド」の「ミッキーのフィルハーマジック」近く。ここは、「ミッキーのフィルハーマジック」で並んでいる最中に見かけました。

このポストはTDSに設置している一例。
「マーメイドラグーン」の「トリトンズキングダム」の入り口にあります。

やはり、「スタンプを押してから郵便局へ届けます」の説明があります。

ポストはこんな感じで設置されていますので、注意しておかないと分かりにくいです。特に、ディズニーシーのは難易度高そうで、私はここしか見つけられませんでした。もっとも、手紙を出した後はあまり意識していないというのもあるのでしょうが…。

「これじゃ見つけられないよ」という方も居るかもしれませんが、ご安心下さい。TDL、TDSともに案内図がありまして、ポストの位置もちゃんと記載されています。
万が一、案内図を見てもどうしても分からない人は、スタッフに聞けば良いのです。

「じゃあ、切手も買ってきてないのにどうすれば…」という方も居るかもしれませんが、そのあたりは次回へ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。