201704 伊勢・鳥羽旅行記(3)

伊勢・鳥羽旅行の続き。

2日目は伊勢市内を巡ることに。
鳥羽市内の宿泊先から、伊勢市までは短い区間ですが、近鉄特急で移動しました。
ビスタカーに2回目の乗車。後発の普通電車が同じホームに並んでいる姿は新鮮でした。

伊勢市駅は、外宮側がJR東海管轄、海側が近鉄管轄。どちらの改札口で降りても問題無いようです。
JR東海、近鉄ともに記念スタンプは設置しているものの、JR東海のスタンプはかなり状態が悪いです。
伊勢市駅と外宮前には観光案内所があり、こちらも小柄ながら記念スタンプも設置していました。

伊勢市駅のJR東海側の出口から、外宮へ向かう参道を歩きます。
8時過ぎに到着したので、開いているお店はほとんどありませんでした。

まずは外宮から参拝。

境内を一通り巡って、せんぐう館を見学。

せんぐう館のメイン展示である外宮の本殿の模型を見ていると、この場所にずっと居たい気持ちになるのですが、時間が許さず。

せんぐう館とその横にある無料休憩所から見える池も、この場所にずっと居たい気持ちになりました。

せんぐう館の入館証。一部がはがきになっています。
それよりも、入館証の表紙に消印を押した方がずっと良いと思いました。

内宮に行くバスを待っている間、外宮のすぐ近くにある伊勢外宮前郵便局に駆け込み風景印を押しました。
風景印押印後バスが止まっていたので、慌てて内宮に向かいます。

201704 伊勢・鳥羽旅行記(1)

旅行初日。
欠航の対応で興奮していたせいか、前日は寝付きが悪く朝も早く起きてしまいました。
家でグダグダするのも勿体なく感じたので、5時30分過ぎに自宅を出発。
7時前には鹿児島空港に到着してしまいました。

ANAのカウンターに出ていた、当日の運行状況。
ソラシドエアの始発便が通常運行しているのは驚きました。
飛行機の出発までに2時間近くあったので、お茶を飲んで時間を潰すことに。

鹿児島空港には、薄日が差しています。昨日の荒天ぶりとは大違いな事が恨めしいです。
搭乗した飛行機はボーイング737-800。昨日夕方からの運休の影響もあり、機内は満席でした。
絵葉書をもらいましたが、搭乗した飛行機の物が無かったことは残念な気持ちに。

伊丹空港に到着して、ANA側の出口にある551蓬莱から醸し出される豚まんの芳しい匂いに悩殺されながら、そして空港内の郵便局に行けないことを惜しみながら、伊丹空港をすぐ出発するバスに飛び乗りました。
余裕が無いので、伊丹空港での写真は大阪モノレールの大阪空港駅の看板だけ。

南海鉄道の難波駅前にバスは到着するので、地下道を通って大阪難波駅まで徒歩での移動。
大阪は15年以上ご無沙汰でしたし、難波周辺は初めての訪問。大阪の駅同士は地下道でつながっている事が多い事を知識として覚えていたので、地下道に降りたら比較的楽に徒歩での移動ができました。
大阪難波駅で、近鉄の切符売場の人に事情を話したところ、次の特急電車に乗車変更をしてもらうことができました。これが通常の対応なのか特別の対応なのかは分かりませんが。

切符の発券から特急電車の発車まで20分近く時間が出来たので、大阪難波駅の駅スタンプを押印しました。

道頓堀を描いた駅スタンプ。大阪難波郵便局へ引受押印の郵頼をしました。風景印の取り扱いは無いので、和文印での対応に。

乗車した特急は、賢島行きのビスタカー。
リニューアルが始まっていると聞いていましたが、昔からの塗装の車両でした。

やはり狙いは2階建て部分。
階下席は3名以上でないと発券しないので、2階席を確保することに。

下の階の様子が見られましたが、一度は乗ってみたいです。
難波駅で購入した柿の葉寿司を食べながら、車窓をぼんやり眺めていたり、車内を探検したり、写真を撮っていたら2時間はあっという間に過ぎて、2晩過ごす鳥羽に到着して、鳥羽市内観光へ。

鳥羽駅の記念スタンプを押印し、鳥羽錦町郵便局前のポストから鳥羽郵便局宛に風景印の押印を依頼する文章と郵便物を入れた封筒を投函して、押印依頼しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。