20161001 スタンプショウかごしま

2016年10月1日から2日に鹿児島市で開催された、「スタンプショウかごしま2016」。
毎年のことですが、運営側として切り盛りしていました。
イベント自体の状況はJPS鹿児島支部のブログをご覧下さい(ここをクリック)

私は、本業の休日取得の兼ね合いで、会場に居たのは初日の1日だけ。
地元の鹿児島のイベントという事もあり、郵趣関係の知人に小型印を押印した郵便物を毎年送るようにしています。

20161001-ssk2

「公式」の記念はがきに、小型印を押印。
これは、会場内で記念ハガキを押印できる案内用として、会場内に掲示するために作成しました。

20161001-ssk1

送った記念ハガキはこちら。
原図と、郵便局に提出した小型印原図を左側に配置し、右側に実際使用された小型印を押印。
小型印の申請図を作成する作業も担当していたので、「公私混同」で作成してしまいました。
右上のスペースに、千葉県在住の青雀堂ボリさんに作成して頂いた記念スタンプを押印しました。
裏側は、告知用のハガキ。これも「公私混同」で実際に送った告知用のハガキとは別注文で紙質を変え、片面のみの印刷しています。

20161001-ssk1ura

小型印押印後、発覚した話がありまして。
日本郵便の小型印のホームページに掲載の小型印の図案と出来上がった小型印の印影が違っていました。

20161001-ssk3

拡大に耐えられませんが、もう少し大きくします。リンク切れ起こしたらごめんなさい。

日本郵便の方、どうやら提出した原図をネット上にアップしてしまったようで…。

スタンプショウかごしま2014

2014年10月4日~5日の2日間、KKR鹿児島敬天閣で「スタンプショウかごしま」が開催されました。
イベントの運営に携わっているのですが、仕事の都合で初日だけの参加になる事が通例のパターンに。

小型印も使用されたので、記念品を作りました。

20141004-02
まずは、来場者に無料配布している「記念カード」に小型印を押印しました。
支部でフレーム切手も作っていたのですが、郵便局さんの売り上げ貢献のために、臨時出張所で購入した「秋のグリーティング」切手を使用しました。
今回は、画家の有馬広文さんの絵を記念カードの題材として使用させて頂きました。
初日にご来場されていたので、サインを頂きました。

20141004-01
開催直前に自作したハガキ。
申請図に使用するイラストは前夷真由美さんに依頼して、私がイラストから申請図を作成(実際の小型印の大きさに合わせました)、実際に使用された小型印を並べてみました。
原図作成者の前夷真由美さんと、私のサインは面白くないので省略し(笑い)、支部長の永吉秀夫さんのサインも頂きました。

小型印の場合、イベントの主催側で原図を準備することも、使用する郵便局が了承すれば可能になります。但し、郵便局で使われる「公印」ということもあり、最終的には日本郵便の各地方の支社での決済が必要になります。
日本郵便内での決済の段階で、局名や日付印の位置に関してだけではなく、描かれている題材そのものへのチェックも入ります。今回は女の子が手紙を差出す手に指が描かれていないのはおかしいという指摘も受けたと内々で聞いています。手の描写は、イメージという事で雰囲気を壊さないように原図のままで了承を頂きました。
但し、日付と局名は小型印の下部の3分の1に入れる事になりました。

このカバーは、申請図と実際の小型印が異なるというひとつの例となりました。

スタンプショウかごしま2012

かなり昔の話ですが、内輪ネタも兼ねて書いておきます。

毎年10月に開催されている、南九州では唯一の郵趣イベント「スタンプショウかごしま」。
私も色々な形で運営に参加させて頂いています。

今回は、「公私混同」な物を作ってしまいました。
本来の使用目的は、前年に「スタンプショウかごしま」に来場された方への招待葉書なのです。内部犯行して、悪用しています。
レイアウト変更で小型印も押せるスペースがあったので、ハガキに載せていた小型印の原図との比較の意味も込めて個人的に押印して残しておきました。

ss-kagoshima-2

ハガキに印刷されている小型印の原図は、ハガキの印刷面に変化を持たせるためにわざと右へ若干傾けて配置しています。
細部を見れば、変更点がある事が分かりますでしょうか?

来場者の皆さんへ配布していた、記念カードはこちらでした。

ss-kagoshima-1

日本人で始めてオリンピックで連覇した水泳選手の鶴田義行の銅像を題材にしています。
フレーム切手も、「スタンプショウかごしま」のために準備されたものです。

実は、2枚の葉書とも私が製作に携わっています。
記念カードの写真については、私ではなく鹿児島支部のメンバーの方が撮影して頂いたものです。
上の案内用のハガキのレイアウトや、印刷会社への発注に関しては私が担当者として作業を行っています。
ついでに言いますと、ポスターまで担当分野になります。

以前は印刷といえば、もの凄く敷居が高い物でしたが、最近はネットで注文できる印刷会社の存在のおかげで、パソコンからプリンタへ印刷するような感覚で注文ができるようになりました。
もっとも、一度で大量に印刷するので間違いを起こすと修正が大変なのは変わらないので、プリンタへ印刷するより遙かに緊張感を持ちながら発注ボタンを押すことになりますが…。

KKR鹿児島敬天閣

スタンプショウかごしまの会場のKKR鹿児島敬天閣


今まで気付かなかったのですが、記念スタンプをチェックするようになって初めての「スタンプショウかごしま」で、初めて押印してみました。

最上階が温泉になっています。
記念スタンプも、最上階で風呂に入りながら眺める桜島を描いています。

スタンプショウかごしまの小型印を押印して実逓便で差し出しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。