伊勢・鳥羽旅行記(6)

伊勢・鳥羽旅行の続き。

3日目は東京への移動日になりました。
鳥羽駅で、近鉄名古屋行きの特急電車に乗車。

鳥羽駅では、JR東海のディーゼルカーと併走する場面も。

車内は松坂駅の辺りから、ほぼ満席の状態に。
1時間30分程度で、近鉄名古屋駅に到着。

名古屋駅では、1時間30分程度の空き時間を設けていました。
まずは、ナナちゃんに対面。

そして、昼食にきしめんを食べました。

時間が余ったので、JR名古屋駅のプラットフォームで時間を過ごしました。
試運転していた、新しい編成の新幹線と遭遇。

そして、新幹線に乗車。
「のぞみ」ではなく、「こだま」に乗車しました。
「ぷらっとこだま」のグリーン車プランを利用。座席のピッチが広いので、荷物が多くなっていた状況では大変助かりました。

新幹線に乗った時の醍醐味である、富士山。
天気は良くなかったのですが、拝むことは出来ました。

新幹線は2時30分過ぎに、品川駅で乗り換え。
東京駅まで行きたい気持ちもありましたが、都営浅草線沿線に宿泊する予定だったので交通アクセスの都合でやむを得ませんでした。
宿泊先にチェックイン後、私だけ浅草へ。スタンプショウの設営作業に参加しました。

(とりあえず、旅行記は終わり。伊勢・鳥羽旅行の話は次回の投稿まで引っ張ります)

20160214- JR西日本・小倉駅の駅スタンプ

北九州切手のつどいでの収穫品。
とは言っても、会場ではなくて記念スタンプの話。

毎年参加しているので、会場の最寄り駅である小倉駅の記念スタンプは時間があれば押印して、図案変更が無いかチェックしています。

小倉駅は、新幹線がJR西日本の管理、在来線はJR九州の管理になっていて、それぞれにみどりの窓口と改札が設けられています。
JR西日本、JR九州両方とも駅スタンプが変わっていました。この記事では、JR西日本のスタンプを紹介します。
設置場所は、JR西日本のみどりの窓口。駅の北側にある窓口にになります。
JR西日本の記念スタンプ、今まで使用していた図案のスタンプは駅改札内に移動していますので、追加という事に。

折角なので、小倉駅前郵便局の消印で作ろうと思ったのですが、2週間近く経ってから郵頼しました。

20160307-kokura-west

JR西日本の記念スタンプは、「ひかりレールスター」と500系(スタンプには「のぞみ」と記載あり?)、背景に小倉城と小倉祇園太鼓を描いています。
郵便の日付印は、小倉駅前郵便局の和文印を押印しました。
小倉駅前郵便局には、特に日付を指定せずに押印依頼を郵頼していたのですが、郵頼を出した日が移転日に近かったおかげでしょうか、局舎移転した初日の3月7日までわざわざ保管して押印して下さいました。局名や風景印の図案が変わったわけではありませんので、何か記録を取っておかなければ忘れてしまいそうです。

参考までに、以前みどりの窓口で使用され、改札口内に移動した記念スタンプ。

110220kokura-jrw

記念スタンプとのコラボカード収集を始めたばかりの頃に押印した物なので、官製はがきを使用しています。
記念スタンプは、関門海峡と関門橋、新幹線(N700系と思われる)、祇園太鼓を描いています。
「北九州切手のつどい’11」の会場に開設された、旧郵便事業北九州支店の臨時窓口から差し出しました。北九州郵便局の前身である、小倉郵便局の消印を図案にしています。この年は、明治27年4月から明治26年までに使用された、為替と貯金用に使われた「丸一型日付印」をモチーフにしています。記載の日付は、イベント開催日にしている凝りようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。