レンズ二話

つい先日眼が急に非常に痛み出したので、念のため近所の眼科へ行きました。
視力を測って言われました「眼鏡の度が合ってないですねー」。
という訳で、眼鏡屋に行くことに。
余談ですが、眼鏡は持っているものの裸眼でも生活に支障が無いため、
本当に見えにくい時以外は使っていなかったので先生からは注意を受けました。
肝心の眼の痛みは薬を貰って1週間くらいで引いたので良かったのですが。
最初、レンズだけ交換するつもりがフレームまで換えてしまいました。その上、眼鏡屋の見事なまでの単価アップにはまってしまう始末。

嫁さんが横にいたのですが、「(想定額と)予算オーバーだ」と横にいてぼやいていました…。

数日後、新しくできた眼鏡を掛けてみると今までとは違ったくっきりした世界が待っていました。
私ってこんなぼやけた状態で車を運転していたのね…。実は免許証には「眼鏡等」と書かれていたのですが、
今までは…。

その水面下で、ある物を調達してしまいました。

この角度から見たら、純正レンズっぽいですね。
我が家にカールツァイスがやって来ました。某海外オークションで落札してしまいました。
嫁さんには「適当にビッドしたら落ちちゃった」と言っていますが、
実は最後にちょっとだけ競り合ってしまいました。まさか、5分前の1ビッドで決まるとは…。

状態はホコリが多めでレンズの中にも混入していて(映りには問題なし)、
ピントリングもちょっと硬めでお世辞にもあまり良くない状態ですが、絞りは問題なく実際撮影しても問題ないのでよしとしておきます。

今日は休みでしたので試し撮りをしてみました。
「休日出勤」の帰りに、海の近くで桜島を撮ろうと思ったら、ist DSに入っているはずのSDカードが無い。
「別件」もあって、デジタルで撮ろうと思っていたのですが。
一緒にカメラバッグに入っていたペンタックスSPでパシャパシャ撮りました。
ist DSを買ってからしばらくSPにフィルムを通していなかったのですが、シャッター音とか、
操作時の軽快さとかはSPの方が操作していて気持ちがいいですね。
余談ですがSPで撮っていて、悩みが発生はしてしまいました。こちらはまた後日という事で。前振りの話は非常に関係あります。

家に帰って、おとなしくしようと思っていたのですが、やはりデジタルでも試してみたいという気持ちがフツフツと湧き上がり、
夕方になって近所を徘徊してみました。
タクマーとは違ってデジカメ側で露出等のコントロールが必要なようです。

やっといい感じで撮れたと実感できるのはこれだけ。
日陰でも赤がこんなに強く出るとは…。

使用機材:
カメラ:ペンタックス *ist DS
レンズ:CARL ZEISS JENA TESSAR 50mm F2.8
JPEGで撮影。

パラメーターいじってまで使うという人間ではありませんので、デジタル用としてのテッサーは日陰撮り専門になるかもしれません。

ペンタックスSPにはまだフィルムが20枚位残っているので、早めに撮り切らないと…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。