ちょっと遅いような…

テレビのCMでも、年賀状はお早めにとい言っていますが、皆さんはいかがでしょうか?
かという私は例年に無く、印刷まで終わらせてしまいました。時間があれば、裏面にコメントを書き加えたいところですが…。
年賀状関係で「ちょっと遅いのではないの?」というニュースを2つ。
配達地域指定年賀特別郵便の試行実施について(郵政公社報道発表)
差し出す側からは、こんな押し迫った時期に言われてもという感じですが、受け取った方は大事に取っていたほうが良いかもしれませんね。もしかしたら、年賀状を大量に差し出す企業等で今から印刷するところとかあったりして。
もう1つはこれ。
ソースネクスト、スキャナーで葉書を取り込み整理する「本格読取はがき整理」を発売(日経プレスリリース)
製品紹介はここからご覧いただけます。スキャナ付の複合プリンタを所有している人が以前と比べると多くなってきているのではないでしょうか? 複合プリンタのスキャナをコピーだけに使っている方はそんなに高いソフトではありませんので、遊び気分で買ってみても構わないかと思います。
しかし、ソースネクストさん、1月20日はちょっと遅いのではないでしょうか。せめて、1月10日前後に発売開始してくれたらもう少し売れるのでは? 正月は忙しいということで、暇になってから年賀状の整理をする人がいたりして。

手紙の重さ

私はズボラで筆不精な人間なので、メールで必要最低限な連絡しか取らない方です。
相手が定期的にメールを確認するという前提がありますが、メールは書くまでの気楽さと迅速さで非常に便利なツールなのですが。ちなみに、私の場合メールはPCからがほとんど。携帯のメールは相方との連絡と時々出先からこのHPに書き込むくらい。
ちょっと前のニュースになりますが、「手紙」に関して対照になるような記事を紹介します。
「速い郵便」サービス廃止(Japanese JoongaIlbo)
日本で言う所の「封書だけのエクスパック」みたいなサービスでしょうか、日本とは対照的な結果です。韓国の郵政はメールを原因にしている様ですが、企業努力の少なさのような感じもします。
“はがき作戦” 『反対』1万通超える(東京新聞)
戦前の「満州国」の承認で同じような事があったような。うろ覚えです。ごめんなさい。
最近「この手」の運動もメールとかを使っているケースも見受けられますが、「手紙」という媒体をうまく使っている例だと思います。

12月2日のニュースから

最近、郵政関係のニュースで気になるニュースがあったのですが、まとめて掲載を。
郵便事業、9割の局が赤字 郵便局別損益、公社が計算(朝日新聞)
初の民間出身郵便事業団団長朴哉圭氏、黒字転換させ来月離任(朝鮮日報)
郵政公社が「売れる切手」に本腰 消費者本位で(朝日新聞)
英文手紙を…島の郵便局教室15年(中国新聞)
個人的なコメントを掲載したいのですが、そんな余裕が無い状況です。
ご勘弁を。

北からの訪問者

サンタが関空にやってきた 母国・フィンランドから(中日新聞)
もう、こんな時期になっています。ちょっと気になってググってみたりウィキペディアで調べてみると、サンタクロースを公認しているのはフィンランドとグリーンランドとあるのですね。私はフィンランドの方を、「サンタクロースからの手紙」で存在を知っていましたが。
ちなみに、グリーンランドの方の公認サンタには日本人もいるとはびっくり。詳しくはこちらを。

日露戦争、マイクロソフト

兵士の思い 故郷へ??日露戦争100年筑西で企画展(中日新聞)
「軍事郵便」という事で。
「筑西」ってどこ?と思ってググってみたら、茨城県だったのですね。「平成の大合併」で、何となく分っていた市の名前もどこへやらって感じです。
ここから筑西市のホームページがご覧いただけますので、場所はどこ?と思った方はご覧ください。
マイクロソフト、Windows20周年記念版XPを限定発売??記念切手や各種キャンペーンも(PC Watch)
「記念切手」といっても、「写真入り切手」ですのでご注意を。
個人的には、レプリカCD-ROMに本当のプログラムを付けて売ってもらいたい(苦笑)。
しかし、「start」ボタンはあまりにも取って付けたような感じがするのは私だけでしょうか・・・。

郵趣関係の記事より

珍しい消印や郵便物のコレクション 徳島中央郵便局で切手展(徳島新聞)
私も地方在住ですが、地方の新聞で地元の郵趣団体のイベントをこのように紹介してくれるのを見かけると非常に心強く思います。
ほんの少しのスペースでも、マスコミに掲載されることで認知度が上がってくれればと願っています。

懸賞応募、未だ劣らず

久しぶりに、切手関連のニュースを。久しぶりなので、ちょっとだけ。
消印を不正利用、懸賞金狙う 容疑の郵便局員を逮捕(asahi.com)
「懸賞」なのに、一生を棒に振るまでの事をしてしまうとは・・・。まだ、考えられるパターン分を何枚も書いて応募したほうがずっと利口だったような?
ペ・ヨンジュン切手、1億8千万ウォンの売上高(innolife.net)
いまだに、ヨン様の人気は衰えていないですからねぇ。

HP更新(JPS九州・沖縄地方本部)

本日、9月に開催された「全国会員大会in博多」の記事を掲載しました。
ここから見ていただければ幸いです。
正直な所、行きたかったのですよね(涙)
さすがに、土日の連休を取る勇気と、土曜日だけでも日帰りする体力が無かったので、やむなく諦めてしまったのですが。
今の商売を続けていたら、リタイアするまで参加できないと思うと…。
人伝に話を聞いたり、この記事を編集していると、悔しさが倍増してしまいます。

これで完集

 クリックすると、大きな画像になります。

イギリスの在外局の切手です。アフリカおよび中東方面の軍事郵便局で使用された物になります。 使用されたのはアフリカのエチオピア、
エリトリア、ソマリアと地中海のリビアのキレナイカならびにギリシアのドデカネーズ諸島。 「これで完集」と言いましても、
実は不足料切手があったりして。
メインで集めているわけじゃないので、あまり深追いしないようにしましょうか…。

世界最初といえば…


2月20日の北九州での収穫品です。
某切手商の方に呼びかけられたのが運の尽き。最初見たときにはスリーマージンでも良いかなーと思ったのですが、長崎な方の「どちみち、フォーマージンが欲しくなるのじゃない?」というひと言から、清水の舞台から飛び降りてしてしまいました。自分の経済状態では、10回飛び降りても足りないぐらい。
しかし、最初から良いものを買っておいたほうが銭失いにはならないと言いますし…。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。