【風景印使用開始・廃止】2017年7月~8月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」等の書籍と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2017(平成29)年6月~7月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●初回投稿
▲7月24日更新
■8月2日更新
★8月6日更新

●7月3日 【局名変更】うきは郵便局(福岡県)
浮羽郵便局からうきは郵便局に局名変更。図案は同一意匠のまま。
浮羽郵便局最終日は6月30日。

●7月3日 【局種変更】鵠巣郵便局(石川県)
直営の郵便局から簡易郵便局への局種変更。直営の郵便局としては、6月30日までの営業。
局種変更後は風景印使用は不明。

▲8月1日 【局名表示変更】浪江郵便局(福島県)
図案内に、県名の表示を入れます。図案は同一意匠のまま。
※県名なしの風景印の郵頼は、7月28日(金)浪江郵便局到着分まで受け付けとの事。

▲8月8日【図案変更】土庄郵便局(香川県)
今までの図案は8月7日までの押印。

■8月8日【図案変更】弟子屈郵便局(北海道)
今までの図案は8月7日までの押印。郵頼の受付期限に注意。
日本郵便のホームページでは分かりにくいのですが、印影左側に描かれている看板に記載の国立公園の名称が変わります。

★8月14日【使用開始】釧路武佐郵便局(北海道)
郵頼の受付期限に注意。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。