【風景印使用開始・廃止】2017年5月~6月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」等の書籍と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2017(平成29)年5月~6月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●初回投稿 ■5月22日追加 ▲6月3日追加 ★6月12日追加

●5月15日 【使用開始】高知朝倉郵便局(高知県)
日本郵便の風景印のサイトで紹介。

●5月22日 【局種変更】西峰郵便局(高知県)
直営の郵便局から簡易郵便局への局種変更。直営の郵便局としては、5月19日までの営業。
局種変更後の風景印使用は不明。

※※ 6月1日以降は、はがき料金が62円になります。 ※※
※※ 郵頼時には使用するはがき、切手のご確認を! ※※

■6月1日 【使用開始】小田原南町郵便局(神奈川県)

●6月5日 【局種変更】口永良部郵便局(鹿児島県)
直営の郵便局から簡易郵便局への局種変更。直営の郵便局としては、6月2日までの営業。
局種変更後は風景印使用は不明を廃止することが日本郵便のHPに掲載していました

▲6月12日 【使用再開】石巻のぞみ野郵便局(宮城県)
東日本大震災で被災した郵便局。
郵便局の営業再開時には実現していなかった風景印の使用再開になります。

▲6月12日 【使用再開】浪江郵便局(福島県)
東日本大震災で被災した郵便局。
郵便局の営業再開時には実現していなかった風景印の使用再開になります。

▲6月12日 【使用再開】富岡郵便局(福島県)
東日本大震災で被災した郵便局。
郵便局の営業再開時には実現していなかった風景印の使用再開になります。

■6月19日 【移転・改称】呉中通三郵便局(広島県)
移転に伴い、呉本通四郵便局へ変更。現在の局名としては、6月16日までの営業。
局名変更後の風景印使用は不明。に関しては、日本郵便のHPで紹介されました。
呉中通三郵便局 呉本通四郵便局

★6月19日 【局舎移転】日光本町郵便局(栃木県)
郵頼の締切りが設定されています。(更新が遅くなりました)

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。