【風景印使用開始・廃止】2018年4月~6月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」等の書籍と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2018(平成30)年4月~6月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●初回投稿(3月17日)
■4月6日投稿
▲4月14日投稿
6月1日投稿(途中、中断してしまいました)
6月6日投稿

●4月2日 【局名変更】新湊郵便局→射水新湊郵便局(富山県)
投稿時点で、日本郵便の開局情報では局名変更に関する案内は無い状態。
住所と風景印の図案から、「新湊郵便局」の局名変更だと推測される。
局名変更前の新湊郵便局での風景印使用最終日は3月30日。

●4月2日 【使用開始】六嘉郵便局(熊本県)

●4月2日 【使用開始】長野栗田郵便局(長野県)
日本郵政グループ長野ビル内にある郵便局。

■4月9日 【局名表示変更】島田郵便局(静岡県)
県名表記の追加。

■4月9日 【局名表示変更】田原郵便局(愛知県)
県名表記の追加。

4月16日 【使用開始】湖東東郵便局(滋賀県)
日本郵政のサイトでは、使用開始日に改廃情報を掲載していました。

▲4月20日 【図案変更】飯田郵便局(長野県)

▲4月20日 【使用開始】飽海大沢簡易郵便局(山形県)
3月に簡易郵便局への局種変更の際、風景印を廃止。
新しい図案で使用開始する事に。

●4月23日 【営業再開】陸前小友郵便局(岩手県)
東日本大震災に伴う一時閉鎖局。震災前に風景印を使用していたが、営業再開後の風景印の使用は不明。

▲5月1日 【使用開始】札幌大通公園前郵便局(北海道)
初日の日付を郵頼する場合、4月26日に局に必着しなければなりません。

6月1日 【図案変更】仁比山郵便局(佐賀県)(旧風景印)(新風景印
旧風景印は5月31日迄使用。新風景印は地元で使用しているマンホールのデザインと同一のもの。

6月18日 【図案変更】阿智郵便局(長野県)(旧風景印)(新風景印
旧風景印は6月15日迄使用。旧風景印の郵頼は6月15日阿智郵便局到着分まで受け付けるとの事です。

6月22日 【郵便局廃止】魚津双葉郵便局(富山県)
投稿時点では、風景印のサイトでの紹介をしていません。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。