【風景印使用開始・廃止】2018年1月~3月

日本郵便の「風景印」のサイトでアップはされていないものの、郵便局の開局情報と日本郵趣出版の「風景スタンプ集」等の書籍と照らし合わせると、見えてくる風景印情報があります。
そのうち、2018(平成30)年1月~2月分で、「郵便局の開局情報」で掲載されている、郵便局の廃止、移転、局種変更の対象になっている風景印使用局を列記して、該当のページへのリンクも張っておきます。

※個人的予測の部分も含まれています。最終的なご判断は各個人にお任せいたします。

●初回投稿
■1月6日追加
▲1月22日追加
1月25日追加
2月16日追加
3月5日追加

●1月9日 【使用開始】文字郵便局(宮城県)

●1月9日 【使用開始】東小千谷郵便局(新潟県)

●1月9日 【使用開始】雪沢簡易郵便局(秋田県)

■1月15日 【使用開始】布伏内郵便局(北海道)
郵頼で初日の押印を希望する場合、1月11日までの必着になります。

■1月15日 【使用開始】釧路愛国郵便局(北海道)
郵頼で初日の押印を希望する場合、1月11日までの必着になります。

●1月18日 【使用廃止】札幌澄川駅前郵便局(宮城県)
郵頼で最終日の押印を希望する場合、1月15日までの必着になります。

●2月1日 【使用開始】雲井郵便局(滋賀県)
郵頼で初日の押印を希望する場合、1月29日までの必着になります。

2月28日 【使用廃止】神栖知手郵便局(茨城県)
最終日の風景印の郵頼は、2月16日必着(更新遅くなりました)。

■3月1日 【使用開始】都郵便局(北海道)
使用開始日の風景印の郵頼は、2月27日必着。

▲3月1日 【局種変更】飽海大沢郵便局(山形県)
直営の郵便局から簡易郵便局への局種変更。直営局としての営業は3月2日11日
局種変更後の風景印の使用は未確認せず、直営局の最終日より前もって廃止されます(風景印のページ)

▲3月3日 【一時閉鎖】千葉駅東口郵便局(千葉県)
風景印使用局の一時閉鎖。最終使用日は3月2日。
↑当方の確認ミスでした。風景印は使用していません。

▲3月10日 【一時閉鎖】真駒内上町郵便局(北海道)
風景印使用局の一時閉鎖。最終使用日は3月9日。

3月13日 【移転・局名変更】座間相模が丘郵便局→イオンモール座間郵便局(神奈川県)
局名変更後も風景印を使用するかは不明。
※電話で問い合わせたところ、座間相模が丘郵便局の営業は3月7日迄。当日まで到着した郵頼には対応して頂けるとの事です(3/5追記)。

3月17日 【一時閉鎖】京都中立売堀川郵便局(京都府)
風景印使用局の一時閉鎖。最終使用日は3月16日。
日本郵便の風景印のページでも紹介。郵頼は3月12日必着。

▲3月19日 【移転・改称】神戸東舞子郵便局→舞子駅前郵便局(兵庫県)
局名変更後も風景印を使用するかは不明。

▲3月24日 【一時閉鎖】文京大塚二郵便局(東京都)
風景印使用局の一時閉鎖。最終使用日は3月23日。

※以下は、新しい投稿を作成した時点で削除します。

4月23日 【営業再開】陸前小友郵便局(岩手県)
東日本大震災に伴う一時閉鎖局。震災前に風景印を使用していたが、営業再開後の風景印の使用は不明。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。