20151225 口永良部郵便局

kuchierabu

2015(平成27)年5月29日、島内の火山「新岳」が噴火したため島外への避難指示が出ていた鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)。郵便局も5月30日から一時閉鎖されることになりました。
同年12月25日に避難指示が解除されることに伴い、郵便局も営業再開することに。日本郵便のホームページで発表されたのを確認してから郵頼してみました。

口永良部島へアクセスできる交通手段が「フェリー太陽」のみ。通常ダイヤでも一日一往復の上、避難住民の搬送のため、郵便輸送に関しては未知の状態。いつ局に到着できるか読めないので、風景印で押印してもらうこと。
風景印は、伊勢エビと海岸沿いにある温泉(恐らく寝待温泉)を描いています。
カシエは、上が口永良部島の港と新岳、映っている船が島への唯一の交通手段「フェリー太陽」です。中央と下が口永良部郵便局の局舎で、全景と局名表示の部分のアップを組み合わせました。
写真は自前で調達できなかったので、口永良部島に仕事で定期的に訪問している、私の大学時代の先輩がFacebookに投稿していた写真を了承を頂いた上使わせていただきました。

郵頼が私の所に戻ってきたのは、避難指示解除2日後の12月27日。予想では、28日差し出しの30日前後に到着と見込んでいたので、余りにも速く戻ってきたので驚いてしまいました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。