20140528 JR九州肥薩線・大隅横川駅

小山田簡易郵便局」の続き。
今回は、一般道で霧島市西北部から湧水町を抜けるルートを選択しました。
高速道路を飛ばしていくのとは、また別な発見もあります。

続いて、大隅横川駅に到着しました。
この駅は無人駅で、往き来する列車の本数も少ないため、ひっそりとした雰囲気です。

大隅横川駅舎

二つ南側にある嘉例川駅と同じく、開業当初からの木造駅舎が残っています。
丸形ポストが駅舎とマッチしています。

大隅横川駅スタンプ

駅スタンプも常備されていましたが、オリジナルの記念スタンプに変わっていました。
駅の待合室で雑談をしていた方がせっせと記念スタンプを押印している私に話しかけてきました。
記念スタンプを集めていることを伝えると、設置されている記念スタンプが一度盗難に遭ったと教えてくださいました。
今は、スタンプに鎖をつないで盗難を防いでいます。

大隅横川駅スタンプ

記念スタンプ。
自前のスタンプ台が無い状態での押印で、備え付けのスタンプ台も状態が悪かったでした。
図案は、ずばり大隅横川駅の駅舎を描いています。
左側の潰れている部分は、太平洋戦争時にアメリカ軍から受けた機銃掃射の跡。
駅舎の柱に跡が残っているのですが、写真を撮るのを忘れてました(あまり興味なかったので)。

最後に、駅舎とは関係ない情報。
横川駅から県道55号を車で5分程南下したところに、「横川物産館よいやんせ」があります。
農家の方が作った農産物や加工品が安価で購入できます。
私が訪れたときは、ブロッコリーがひと株分丸ごと売られていました。
大きさで言えば、こんな感じ。
ブロッコリー

人の頭がすっぽり覆われるくらいの大きさです。
帰宅後の数日は食事のたびにブロッコリーが出る事になりました。
肝心の味も文句なしだったので、良い買い物でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。