交通系の記念スタンプを押す上で…

前回の記事で、「違和感を感じる」と言いました
その違和感とは、わずかひとつの点です。

前回と、以前紹介したスタンプになりますが、鹿児島中央駅と羽田空港のスタンプを見比べて頂ければ、何となく私の抱いている「違和感」を感じて頂けるのでは無いかと思います。

「日付」の有無で、意味合いが変わってしまいませんか?
日付の入っている空港のスタンプだと、スタンプと消印それぞれの押印日が記載されている事で移動した証拠という意味を持たせる事ができます。
日付の入っていない駅スタンプだと、消印の日付しか「証拠」として残っていないので、移動した証拠としての意義が薄くなってしまうと感じてしまいました。性格の悪い見方だと、日付の入っていないJRのスタンプの場合後押ししたと言われても仕方ありません。

これは、個人的な感情の問題になりますので、「別に良いのでは無いか」思われます。
もしかすると積み重ねていくと何かの意味合いが出てくるかもしれません。
僅か葉書2枚。大きな痛手にはなりませんので、積み重ねて押し続けてみる事にします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。