「年代物」のメンテナンス

今月に入ってから、メインマシンであるデスクトップパソコンの前にあまり座っていません。
しばらくお蔵入りしていた、ノートパソコンがかなり活躍しています。
理由は寒さ。デスクトップパソコンを立ち上げたままにしていると部屋の中がかなり暖まるのですが、足元がかなり寒くなるので。コタツの上で使うのだったら、やはりノートパソコンですね。HP巡回してメールチェックする程度でしたら、500MHzのセレロンでも問題ないし。
実はデスクトップパソコンを使わないもうひとつの「理由」があるのですが、それは別の機会に…。
このノートパソコン、4年半以上前に発売された「年代物」なので所々に疲労が見え隠れ。2ヶ月ばかり前にも液晶のヒンジが壊れてしまいました。
一度液晶まで開腹して見てみたところ、ヒンジだけの交換ですみそうな気配。ヒンジの部品だけを手配して、交換する事に。メーカー修理だと、安くても2万円位掛かりますが、部品代だけで済ませられました。
通常はこの手の作業はメーカー修理になりますが、裏技使ってしまいました。
ちなみに、職権濫用はしていませんのであしからず…>私の職業を知っている方
ヒンジが交換できて「いい感じ」になったついでに、半年前に壊れた無線LANカードを買い換えることに。それまでは有線LANで接続していましたが、LANケーブルが邪魔だったため、衝動買いを。
おまけに、USBメモリのコネクタと基盤との接合部がもろくなり、時々認識できないというかなり危険な状態だっためUSBメモリまで一緒に。仕事用なので、仕方ないですね。
あとはハードディスク。時々変な読み込みをし始めているので、これも時期が来れば交換しなければいけなくなるでしょうね。あと2年位は使い倒すことになるので。
追伸:JPS九州・沖縄地方本部のHPをやっと更新しました。休みの日の予定がかなり狂ってしまいましたので、遅めの更新に。ご迷惑おかけしました。
この作業をするには、ある程度のCPUパワーと画面の広さが必要になってくるので、久しぶりにデスクトップパソコンの電源を入れました。やはり、広い画面と速いパソコンがいいですね。

ちょっと遅いような…

テレビのCMでも、年賀状はお早めにとい言っていますが、皆さんはいかがでしょうか?
かという私は例年に無く、印刷まで終わらせてしまいました。時間があれば、裏面にコメントを書き加えたいところですが…。
年賀状関係で「ちょっと遅いのではないの?」というニュースを2つ。
配達地域指定年賀特別郵便の試行実施について(郵政公社報道発表)
差し出す側からは、こんな押し迫った時期に言われてもという感じですが、受け取った方は大事に取っていたほうが良いかもしれませんね。もしかしたら、年賀状を大量に差し出す企業等で今から印刷するところとかあったりして。
もう1つはこれ。
ソースネクスト、スキャナーで葉書を取り込み整理する「本格読取はがき整理」を発売(日経プレスリリース)
製品紹介はここからご覧いただけます。スキャナ付の複合プリンタを所有している人が以前と比べると多くなってきているのではないでしょうか? 複合プリンタのスキャナをコピーだけに使っている方はそんなに高いソフトではありませんので、遊び気分で買ってみても構わないかと思います。
しかし、ソースネクストさん、1月20日はちょっと遅いのではないでしょうか。せめて、1月10日前後に発売開始してくれたらもう少し売れるのでは? 正月は忙しいということで、暇になってから年賀状の整理をする人がいたりして。

手紙の重さ

私はズボラで筆不精な人間なので、メールで必要最低限な連絡しか取らない方です。
相手が定期的にメールを確認するという前提がありますが、メールは書くまでの気楽さと迅速さで非常に便利なツールなのですが。ちなみに、私の場合メールはPCからがほとんど。携帯のメールは相方との連絡と時々出先からこのHPに書き込むくらい。
ちょっと前のニュースになりますが、「手紙」に関して対照になるような記事を紹介します。
「速い郵便」サービス廃止(Japanese JoongaIlbo)
日本で言う所の「封書だけのエクスパック」みたいなサービスでしょうか、日本とは対照的な結果です。韓国の郵政はメールを原因にしている様ですが、企業努力の少なさのような感じもします。
“はがき作戦” 『反対』1万通超える(東京新聞)
戦前の「満州国」の承認で同じような事があったような。うろ覚えです。ごめんなさい。
最近「この手」の運動もメールとかを使っているケースも見受けられますが、「手紙」という媒体をうまく使っている例だと思います。

一面の銀世界

鹿児島でまさかの銀世界 88年ぶりに積雪記録更新
積もってしまいましたよ、鹿児島も・・・。
今日は偶然休日だったので朝寝をした後、銀世界を目で楽しんでいました。
寒いので、雪が融けたら近所の温泉でもと思ったのですが。相方が、寒いから家から出たくないと言うことで、ふたりで自宅に引きこもっていました。おかげで、年賀状が出来上がりそうです。
一方、今日仕事だった会社の後輩に聞いたら、出勤するのにかなり時間が掛かった様子。
晴れ間も時々出ていて、昼ぐらいになれば雪も解けるかなと思いきや、甘かったですね。
まだ、残っています。
自分の車の周りだけですが、夕方の4時でもこんな感じです。

午後4時の時点で、道路などはかなり解けてはるものの、まだ融け切っていない部分がかなりあります。
1月下旬や2月だったら時々ある事ですが、びっくりしてしまいました。

12月2日のニュースから

最近、郵政関係のニュースで気になるニュースがあったのですが、まとめて掲載を。
郵便事業、9割の局が赤字 郵便局別損益、公社が計算(朝日新聞)
初の民間出身郵便事業団団長朴哉圭氏、黒字転換させ来月離任(朝鮮日報)
郵政公社が「売れる切手」に本腰 消費者本位で(朝日新聞)
英文手紙を…島の郵便局教室15年(中国新聞)
個人的なコメントを掲載したいのですが、そんな余裕が無い状況です。
ご勘弁を。

北からの訪問者

サンタが関空にやってきた 母国・フィンランドから(中日新聞)
もう、こんな時期になっています。ちょっと気になってググってみたりウィキペディアで調べてみると、サンタクロースを公認しているのはフィンランドとグリーンランドとあるのですね。私はフィンランドの方を、「サンタクロースからの手紙」で存在を知っていましたが。
ちなみに、グリーンランドの方の公認サンタには日本人もいるとはびっくり。詳しくはこちらを。

日露戦争、マイクロソフト

兵士の思い 故郷へ??日露戦争100年筑西で企画展(中日新聞)
「軍事郵便」という事で。
「筑西」ってどこ?と思ってググってみたら、茨城県だったのですね。「平成の大合併」で、何となく分っていた市の名前もどこへやらって感じです。
ここから筑西市のホームページがご覧いただけますので、場所はどこ?と思った方はご覧ください。
マイクロソフト、Windows20周年記念版XPを限定発売??記念切手や各種キャンペーンも(PC Watch)
「記念切手」といっても、「写真入り切手」ですのでご注意を。
個人的には、レプリカCD-ROMに本当のプログラムを付けて売ってもらいたい(苦笑)。
しかし、「start」ボタンはあまりにも取って付けたような感じがするのは私だけでしょうか・・・。

郵趣関係の記事より

珍しい消印や郵便物のコレクション 徳島中央郵便局で切手展(徳島新聞)
私も地方在住ですが、地方の新聞で地元の郵趣団体のイベントをこのように紹介してくれるのを見かけると非常に心強く思います。
ほんの少しのスペースでも、マスコミに掲載されることで認知度が上がってくれればと願っています。

最近のお気に入り(その2)

●BTScan
btscan01.jpg
ここからダウンロードできます。
5年以上前のスキャナを未だに使っている私は、1枚1枚画像編集ソフトからスキャナを呼び出し1枚1枚にファイル名を入れていたのに辟易していました。
2年前にHPの複合機を購入して、PDFやHTML形式で画像ファイルを吐き出せる機能を非常に便利だと感心していました。ところが蜜月の期間も1年も持ちません。この複合機、大量のスキャンを行ったときに変色してしまうという「持病」を持っていました。私は今まで持っていたスキャナを再び使い出しました。
そこで困ったのが連続スキャン時の機能が再び以前の状態に戻った事。やはり便利な物を使っていたら退行はできません。そこでWebを巡る事、このソフトと出会いました。
JPS九州・沖縄地方本部のHP作成のためだけではなく、自分のコレクションのデータベース用にバンバン使い出してました(スキャンした画像はハードディスクのクラッシュで闇の彼方へ消えてしまいましたが)。同じ大きさの原稿を大量スキャンする方にはものすごくお勧めです。
ちなみに、HPの複合機のスキャナ機能は単体でのコピーやFAX送信用として、相方が時々使っているだけになっています。

最近のお気に入り(その1)

PC関係で最近気に入っている物を幾つか紹介しておきます。
●Picasa2

あのスタパ斉藤も絶賛している(ケータイwatchより)ソフトです。
文章の下手な私が言うよりは実際ダウンロードしていただいた方がいいかもしれない位です。
一つだけ言わせて頂くと、時系列ごとに写真がサムネイル表示される上異なるフォルダごとに保存している写真も一挙に閲覧できる上、スクロールも非常にスムーズなので、写真を探すという事をしなくても済んでしまい、無精者の私は非常に重宝しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。