5年間、ご苦労様。

ノートパソコンのハードディスクが逝きました。

記憶が正しければ、5年半持ってくれました。
私のノートパソコン、セレロンの500MHzという、今となっては用途を考えて使わないといけないスペックなのですが、
愛着のあるマシンなのでバルクのハードディスクを購入して延命させる事にしました。
これとは別に、デスクトップのメインマシンがありますので、用途を限定させていればまだまだ使えますので。
去年の今頃のように、「メインマシンが使えなくなった→何も出来なくなった」では洒落になりませんので、「予備機」として使っていきます。

ハードディスクの交換は、稼働率が最近低下しているのもあって財布に余裕がある時ででと思ったのです。
ところが、来週急遽使わなければならない用事を思い出し、二人だけの家族会議を経てレストアと相成りました。
身近なところで置いているのが40ギガバイトが最小サイズでしたので、迷わず購入。
もちろん、IBMのパソコンなので日立のTravelstarです。
と言いながらも、新品で買った当時はIBMもハードディスク作っていたのにも関わらず、日立のハードディスクが入っていました(笑い)。

本当はIBMがハードディスクやっていた頃に換えたかったけど(壊れていないので、換える理由付けができなかった)。
先週購入していたのですが、買ったと同時に取り付けしてディスクの初期化とインストールの途中まで終わらせていました。
それから後の時間を見つけ出せなかったので1週間近く放置してやっとインストールしています。

実は、チャミスルを飲み過ぎて、変に覚醒している状態。眠気がやって来るまでインストールしているだけですが…。

初期設定の最中って、結構暇なのですよね。
おかげで、このような記事の写真のために一眼レフを引っ張り出して撮っています。
変な角度から撮っているので、水平が取れていませんが、ズームレンズで撮ると周辺がかなり歪んでしまうのですよね。
単焦点だと、ズームレンズよりはまだましですので。

 

話は変わって、一緒に写っているメガネの事で。
新しいのにしてから、2週間以上経ちました。視覚的に気になっていた歪みなども起こらなくなって(=慣れてきて?)きました。
そして気付いた事に、仕事をしている際の疲れ方が見違える違うように。眼から疲れが起きていたのでしょうね。
仕事上、視線の移動を頻繁にするし、パソコンの画面と向かい合ったりしているし、眼にとっては良くない環境でしたので。
使っているレンズをネットで調べてみたら最近発売されたばかりの商品で、眼に優しい設計になっているとの事。
恥ずかしい話、作る時はレンズの説明を適当に聞いてまして(苦笑)、使いだして視覚的に気になった事があって調べてみた体たらく。

まあ、快適なので良しという事で。

ただ、問題になるのがカメラを持った時。
カメラを持ち出して15年近くにわたって裸眼でファインダーを覗いていたせいか、メガネ越しにカメラを構えるとファインダーが見づらい。

そして、持っているカメラの多くがプラスチック素材の接眼部になっているため、メガネのレンズにキズを付けたくない
(ゴムのアイカップが付いているのがデジタル一眼だけ)。
今のところ見知らぬところで長い時間カメラを持つことが無いので、カメラを構えているときだけはメガネを外して撮影しています。

とりあえずMFでのピントも一番ボケが少ないところで合わせていても支障が無いし、しばらくはこれで使ってみたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。