失ったデータの代償(その1)

13日から15日にかけて、自分のPCを再度組み立て直し、OSの再セットアップ等していました。不幸中の幸いですが、メインマシンは自作していたので、壊れたパーツだけ交換することに。
クラッシュしたのは5日のことでしたから、タイムラグが発生してしまいました。気持ちとしては、近くのショップに走るべきなのしょうが、個人的にしがらみがあるために某所から「お取り寄せ」をする事に相成りました。発注して4日位で届いていたのですが、一部の部品が不具合が発覚して代替品という事に。
こんな感じで組み直しを。(★が今回追加した部品になります)
CPU:Celeron 2G
メモリ:512M
HDD:160G×3(うち、1台★)
ドライブ:±2層対応スーパーマルチ
電源:420W静音電源★
増設カード:グラフィックカード、RAIDカード
冷却パーツ:ファンコントローラー★、静音ファン×2★
今回の「出来事」はやむない出来事でしたので嫁さんも公認で出費をしてくれたのですが、3万近く掛かったのは痛い・・・。欲を言えば、CPU換装して、メモリもちょっと足したいくらい。そこまでやる財政状況ではなかったので断念しました。
さて、この構成でデータを無くしてしまうのか不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。そのような「突っ込み」、大歓迎です。
答えは明日に。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。