ジャンル毎にご覧頂けます

ひとつのサイトで複数の話題を取り扱う形にしました。
偏った題材ばかりなので、ひとつの題材だけチェックしたいという方のためにご案内します。
サイトの題字と本文の間の黒い帯の部分が、カテゴリー毎のリンクになります。
見たいカテゴリーををクリックもしくはタップする事で、選択できます。
例えば、風景印の改廃情報は「郵趣・風景印情報」です。

念のため、ジャンル毎のURLをご紹介します。RSSのリンクは改めてご紹介します。

20180514 パイオニア・FH-9300DVS

ハスラーの話。

装着した電装系のアクセサリーは以下の通りです。
・GPSレーダー探知機(ミラージュの持ち越し・自分で取り付け)
・ドライブレコーダー(自分で取り付け)
・ETC(ディーラーオプションのビルトインタイプをディーラーで取り付け)
・カーオーディオ(ディーラーへ商品を持ち込み取り付け依頼)
・バックカメラ(ディーラーへ商品を持ち込み取り付け依頼)
今回は、カーオーディオの話をします。

昨日の投稿で、オーディオ機器が映っている写真をアップしたときに気付かれた方も居るかもしれません。

Android Autoに興味があったので、対応のデッキを選んでいました。

Android Auto。
簡単に言ってしまうと、車内でのナビやオーディオをスマホのアプリの力を使って利用する規格です。
Android Auto自体は、Android5.0以降のスマホがあれば単独のアプリが提供されているのでスマホ単体でも利用可能です。
そこから一歩突っ込んだ形で、カーオーディオの画面に表示させる商品が出ています。

私が購入したのは、パイオニアのFH-9300DVS
iPhone使いの方は、CarPlayというアプリを入れれば、Android Autoと同じような事ができる機種です。
今となっては型落ちの商品になってしまいましたが、後継機種が発表されるタイミングで機能的な違いを確認して選びました。公式サイトを見ても、私が使う機能では違いを見いだせなかったのです。
この機種、バックカメラにも対応しているので、パイオニアのバックカメラとドアノブに取り付け用のキットを購入し、オーディオ共々ディーラーにて取り付けを依頼しました。

ケンウッドからも同じコンセプトの商品が出ていますが、テレビチューナーが付いたりGPSやジャイロセンサーがオーディオに付く代わりに高額になるので、そこまでは必要ないと判断しました。

Android Autoは、スマホに入れているアプリが全て動くのでは無く、Android Autoに対応しているアプリのみが動作する使用。YouTubeの動画を見る事はできません。
私の使い方としては、地図(Googleマップ)と音楽再生(Spotify)とPodcast再生(Beyond Podcast)。
電話のハンズフリー通話にも対応しますが、私の場合はスマホはデータ通信専用プランを利用し、通話はドコモのガラケーを使っているのでひと工夫必要になります(この話は別の機会に)。

Android Autoを使うにあたり、気になるのはパケット代。
格安SIMで運用した場合、200Kbpsでの低速通信がでの使用が耐えられるレベルであれば乗り換える価値はあると思い、DMMMobileで試してみました。Spotifyで音楽を再生しつつ、Google マップでのナビはほぼ正常に使えたので、結果は私としては「問題なし」。今まで使っていた格安SIMを解約し乗り換えてしまいました。
DMMMobile。私の契約したプランは月1GBは高速通信できて、200Kbpsでの通信は使い放題。月額500円ほどの手頃な利用料で、利用状況を考えつつ速度の切換が出来るのはとても嬉しいところ。それ以外にも、色々プランがありますので利用シーンに応じて選択できます。

FH-9300DVSとスマホとの接続は、USBケーブルを利用します。
普通に付属のケーブルを使用したら、ケーブルがセンターコンソールから出す形になってみっともない状態に。
CVT車だと、ディーラーオプションでUSBポートを増設できるのですが、MT車は非対応。
そこで、カー用品メーカー「エーモン」から、メーカー毎のUSBパネルが発売されていたので、スズキ車用を購入し、ディーラーのオーディオ装着時に一緒に付けてもらうように頼みました。
運転席右下にある、スイッチ部分の空いている場所にUSBポートを取り付けられる結果に。

30センチのUSBケーブルを用意し、スマホと接続。
これで、スマホの定位置はステアリングコラム下になりました。
Android Autoがあれば、スマホを触る必要もありませんが、車から降りるときにスマホを置き忘れそうになってしまいます。

私の場合、スマホをつないでGoogle マップを表示させ、Spotifyかラジオを聞いて運転する事が多いです。

 

【お知らせ】サイト運営方針の変更

相変わらずの低空飛行状態のブログ更新が続いています。
2017年になってから、ブログを弄っていました。
サイトのレイアウトがコロコロ変わっている事に気付いている方もいらっしゃると思います。

更新作業がひと段落しました。
正式にサイト変更したことと、サイト運営方針を変更することをお知らせします。
変更した事は以下の通りです。

  • コメント、トラックバック受け付けます!!
    コメントは即時公開はしませんので、投稿頂いたコメントが公開するまでにタイムラグが発生すると思います。また、当方の判断でコメントの公開を行わない事もあります。あらかじめご了承願います。
  • 「切手以外」も積極的に話題にします!!
    サイトの説明にあった「切手の事を中心に」という文言を削除しています。
    切手の事だけ知りたい方、それ以外の方に向けての対策もしています。
  • カテゴリー別にご覧頂くことも可能です。
    サイト上部にあるカテゴリーをクリックすると、該当するカテゴリーだけ閲覧することが可能です。
    ご興味のあるカテゴリーでブックマークして頂くと助かります。

あとは、サイト更新の頻度を上げるだけですが…(苦笑

Windows8

珍しく、初日に購入しました。
いつもならば、様子見してから検討するところ。スペックの要件も満たしそうですし、RC版でネットブックに入れて大丈夫だったので、珍しく見切り発車で買ってしまいました。

10月26日に一般向けに発売開始された、Windows8。
既に、RTM版などで使用されている方もいますので、個人的な覚え書きという事で話を致します。

パッケージを開けた時に驚いた事が、シンプルすぎる中身。
64ビット版と32ビット版のメディア、プロダクトキー、そして約12センチ四方の1枚のカード。
「本当に」簡単な走り書き程度の説明になっています。
チャームの出し方しか書いていない、潔さ。

早速、インストールを始めました。
使い方を紹介したサイトではありませんので、途中の操作方法は省略します。
「素直ではない」使い方をしている私にとっては、何ヶ所か罠に陥る場面に遭遇しましたが、それでも私の機種では6時間程度でアップデートは完了しました。
罠に陥らずに、普通にインストールが進められていれば、半分くらいの時間で済んだかもしれません。

その「罠」を紹介していきたいと思います。

1.MacAfee(Windows8対応で無いバージョンは削除)
セキュリティ対策ソフトとしては昔からあるソフトですが、最近はインターネットプロバイダの標準添付サービスで良く使用されているソフトになっているような気がします。
私が利用しているは九州電力系のBBIQでのサービス。加入者には標準で利用可能なサービスで使用するソフトとしてMacAfeeが採用されています。私がアップデートを怠っているのかもしれませんが、インストール時にアップデートアシスタントで互換性をチェックされると見事に「削除してください」という指示が出てしまいました。しかも、一度削除した後にはアップグレードウィザードは最初から始まってしまいます。
余談ですが、アップデートウィザードで「削除してください」と指示されたプログラムはアンインストールしないと絶対に前に進めない模様。指摘されたソフトは全て削除してからもう一度初めからインストール作業を行うという気持ちで進めておいた方が、精神的にはスッキリするかと思います。
私が使用したMcAfeeは、Windows8にアップデートが完了した時点で、再度プロバイダのサイトからインストールを行っていけば、動作上問題が無い様子です。

2.Logitec USB機器管理ツール for Windows(再インストールで対応可)
ロジテックのブロードバンドルータでUSBプリンタ接続可能なモデルに添付しているソフトです。
Windows8にアップデート後「プラグインが見つからない」というメッセージが出てきますが、再インストールで解消しました。

3.USJP(削除後8へのアップデート推奨)
先にソフトの事を説明すると、日本語配列のノートパソコンに英語配列のキーボードを接続しても、それぞれのキーの刻印通りに入力が出来るソフトです。こんなソフトを使う人って少ないでしょう(苦笑)。
一番、これに手こずりました。恐らく、キーボード入力の部分を触っているせいでしょうか、 Windows8には非対応。しかも、メーカーのサイトではちゃんと書いているのですが、書いている場所がダウンロードページだけ、そして目立たない。ある程度知識ある人向けのソフトなのでこれで問題は無いはずです。
実際起きた症状としては、このソフトに添付されているドライバが邪魔をして、キーボードの入力を一切受け付けられなくなります。私はソフトを削除し、デバイスマネージャーでエミュレーションしているドライバを見つけて削除してようやく解決しました。当然ですが、日本語入力を強いられます。アンダーバーが入力できないのが痛いところです。
メーカー様には頑張って頂くとして、その間は日本語配列で仕方なく使っていくしか方法がなさそうです。もう、これを機に日本語キーボードへ切り替えするというてもアリなのですが、使っているキーボードで指の動く場所が変えている(というよりも、勝手に動く)自分には無理そうな話ですし…。

以上3つが大きなトラブルと言える部分で、それ以外の周辺機器はほぼすんなり移行する事が出来ました。
さすがは、正式なバージョンが6.2だけあります(Vistaが6.0、7が6.1)。

2画面で使用した時の表示をご紹介しておきます(クリックすると、拡大されます)。

Microsoftアカウントは持っているのですが、諸般の兼ね合いが発生しまだ登録させていません。

今まではメイン画面にしかタスクバーが表示されませんでしたが、 2画面ともにタスクバーが表示されます。タスクバーにアイコンを配置している事で今までのショートカットの役割も果たしますため、ポインタの移動量も少なくなりそうな期待が持てます。

「新しいスタート画面」が斬新すぎて分からないという声もありますが、Windows7までに準じた形であるデスクトップモードでの環境をしっかりと整えた後に、少しずつ「新しいスタート画面」でのWindows8の世界を堪能していくのが賢明なのでは無いかと個人的には感じています。

モバイルマシン導入(していました)

4月上旬の話ですが、新しいパソコンを導入しました。

KOJIROのFRNU310という、最近スマートフォンなどの影に隠れて目立たなくなってしまったネットブック。ドコモのデータ端末と同時購入で3万円引きで、とりあえず長期保証も付けて5000円程度で購入。

スペックはATOM搭載でメモリ1G但し、メモリはこれ以上増やすことは出来ません。
Windows7 Starterがインストールされていますが、このスペックではStarterとはいえWindowsを馬鹿正直に使おうという気にはならず、購入してすぐWindows7をセットアップすること無くubuntuをインストール。当然のごとく、クリーンインストール。リカバリーメディアがあるからなせる技。仮にWindowsにしたいときには外付けのドライブが必要な仕様…。

なぜ、ubuntuを入れたかと言いますと、ある程度Windowsと同じような操作感覚で使用できること。WordやExcelはありませんが、LibreOfficeが入っているのでMicrosoftOfficeのアプリケーションで作成したデータも閲覧可能です。
Windowsよりもubuntuが優位な面としては、OS自体が軽いのは当然のこととして、画面の見やすいこと。フォントサイズを小さくしても、視認性が悪くありません。GoogleChromeの問題かもしれませんが、文字表示はubuntuの方が私は好きです。

当初は、ubuntu10.04をインストールしていましたが、4月下旬に新バージョンのubuntu10.10をクリーンインストール。理由は、色々とソフトをいじっていたら不調になったため。

ちなみに、今のところ標準で入れているアプリ以外に入れたのは以下の通り。
●simeji Google日本語入力のLinux版
●GoogleChrome (Chroniumは私には駄目だった)
●GIMP 定番の画像編集ソフト。万が一の時用。

オンラインでの共有があるからクリーンインストールも怖くありません。Dropboxで当面必要なデータが、GoogleChromeやFirefoxでブックマークやツールバーが共有できるので、簡単な作業やネット徘徊には何ら問題ありません。

本当の目的は、外出先でちょっとした作業をしたり、郵趣面ではGCStarを利用して郵趣イベント等でコレクションのチェックをしながら商品を購入したりなのですが、なかなかそのような場面に出くわすことありません。
今のところ、メールチェックやちょっとしたWeb上でのチェック、ブログサイトの文字メインでの修正などと言った簡単に済ませられる作業用として重宝しています。

最後に、ハードウェアの面を。
キーボードの感触はあまり良くありませんが、今はやりのアイソレーションキーボードを採用しているので、ミスタッチは起きません。
電池の持ちですが、ubuntuにしたら電池のパフォーマンスが悪くなるかと思ったらそうでもありませんでした。家の中でもちょっとだけの作業でしたらバッテリだけで運用してしまっています。
画面もまあまあ、最近の流行で光沢液晶なのは仕方ないことですね。

(写真は後日アップします)

コレクションデータベース「GC Star」

このブログを読まれている方で、切手を集めている方へ。

あらかじめ項目が設定されていて、ちょっとした設定をするだけでコレクションデータベースをすぐ入力できるソフトがあるとします。しかも、無料です。
使ってみたいと思いますか?

実は、そのような夢のソフトが公開されています。
但し、条件が。

英語でコレクションの整理が出来て、パソコンの設定や操作や困ったとしても人に泣きついたりしない。
出来れば、ネットで英語しか書かれていないサイトでソフトをダウンロードしてインストールする事が空気を吸うように簡単に出来ること。

「そんなこと出来ないよ」という方は、参考までに目を通して頂ければと思います。

続きを読むコレクションデータベース「GC Star」

ドコモ携帯・故障の顛末(その2)

間が長くなってしまいましたが、携帯電話の話。
修理が終わり受け取った後の話。

前回の記事に記載した、各電子マネー毎の対応をおさらいします。

●プリペイド型電子マネー
Edy・・・お預けサービスかレスキューサービスを利用。ここに対応方法が記載。
Suica・・・再発行手続きを利用。ここに対応方法が記載。
WAON・・・電話で確認。携帯電話の修理が終わってから、携帯の状況を見て再度連絡を欲しいとの事。

●ポストペイ型電子マネー
iD・・・電話で確認。携帯電話の修理が終わってから、携帯の状況を見て再度連絡を欲しいとの事。
QUICPay・・・電話で確認。現在使用分は使用停止にして、新しいIDを発行手続き。
VisaTouch・・・電話で確認。現在使用分は使用停止にして、新しいIDを発行手続き。

携帯の修理が終わってからの登録状況は以下の通り。今回からはポストペイのタイプはカード会社の名前も併記しておきます。

●修理完了後に手続き可能
VisaTouch(三菱UFJニコス:DCカード)・・・修理完了前に新しいIDが到着したので、
Suica・・・web上で再発行手続き、翌日に移行完了。

●修理依頼時に手続き依頼し、修理完了して数日後に登録
QUICPay(トヨタファイナンス)・・・修理完了後数日後に新しいIDが到着。

●故障後に手続き
Edy・・・規約通り、所定の書類に記載。
iD、WAON(イオンクレジットサービス)・・・カード会社のデスクに修理後電子マネーが消えていることを申告し、再発行。

意外に申請後からの使用開始が速かったのがWAON。
電話をしながら新しいWAONのダウンロードをし、新しいWAONの番号を伝えたら再発行。「ほぼ」即時とも言えるくらいです。イオンカードからのオートチャージで紐付けしていたという理由もあるのでしょうか。

しかしながら困ったことが幾つか。
一通りの電子マネーが使えるようになるまでが面倒なこと。手続きのための手間も掛かり、再発行されてくるまでの時間も必要になってきます。また、携帯を修理に出してきてから修理が終わりそれぞれの電子マネーが再発行されて「元の状態」になるまでの間、通常は持ち歩かないクレジットカードを持ち歩いたり、現金決済を迫られたり。
現金決済を迫られる結果となったため、なぜか無駄な支出が無かったのは、偶然なのかもしれません。

また、再登録を行うためにパケット代が意外に掛かること。電子マネー登録分だけでパケット代が2000円以上掛かりました。最初の登録は時期が分散されるからあまり気付かない事ですね。
電子マネーを6つも登録していれば、仕方ない事と思うしかありません。

これで、一通りの手続きは終了。
今回の経験で、機種変更は携帯に必要とする機能が今の携帯では対応しないとか、余程な事が無い限りは行えない事を痛感しました。そのあおりがソフトバンクで契約している携帯にしわ寄せされる可能性はあります。

ドコモ携帯・故障の顛末(その1)

今週の前半に、主にプライベートで使用している携帯電話が故障してしました。
自分への備忘録も兼ねて顛末記を記しておきます。

ドコモのSH706iwというスライド式で万歩計付きの機種。
Wikipediaによると、型番が、9xxとか、7xxとかの最終機種で、かつ三菱電機がコンセプトモデルを出していたものの、三菱電機の携帯事業の撤退でシャープがつくったという、色々ネタになる機種らしいです。

さて、本題に。
今の機種を使い出してから1年半快適に使っていたのですが、最近急にスライド時の画面の切り替えがおかしいと思いながら使っていたら、急に液晶画面が消えてしまいました。

故障した日は偶然遅くからの出勤で良かったので、近所のドコモショップへ持ち込むことにしました。
修理に出す前に、自分の携帯の中に電子マネーを入れていたので、使用している電子マネーの故障時の対応方法を確認しました。

それぞれの対応は以下の通り。

●プリペイド型電子マネー
Edy・・・お預けサービスかレスキューサービスを利用。ここに対応方法が記載。
Suica・・・再発行手続きを利用。ここに対応方法が記載。
WAON・・・電話で確認。携帯電話の修理が終わってから、携帯の状況を見て再度連絡を欲しいとの事。

●ポストペイ型電子マネー
iD・・・電話で確認。携帯電話の修理が終わってから、携帯の状況を見て再度連絡を欲しいとの事。
QuckPay・・・電話で確認。現在使用分は使用停止にして、新しいIDを発行手続き。
VisaTouch・・・電話で確認。現在使用分は使用停止にして、新しいIDを発行手続き。

所有しているカードの改悪や地元九州での交通系電子マネーの普及(年に数回福岡に行く機会あり)などがあって、いつの間にか登録している電子マネーが6つもありました。
、既に面倒くさいです。

そして、ドコモショップへ。
修理手続きの際に電子マネーを使っている事を言うと、店員の方が「証明書、出されますか?」と聞かれました。
「おサイフケータイ」で電子マネーを使っているときに、各電子マネーを発行している機関に再発行などの際に提出が必要という案内を受けました。
私の場合、6つのうち2つは既に結論が出ていました。念のため残りの4つの分を発行してもらうことに。
後から証明書は発行できない上証明書の発行は料金は掛かりませんので、念のためすべての分をもらっても構わないようです。

修理も終わったのですが、電子マネーが手元にない状態。
しばらくは電子マネーで対応していたクレジットカードと、小銭で財布が膨らみそうです。

【Ubuntu】USBトラベルキーボードの真ん中ボタンを利用する

メインマシン兼データ保存マシン(自作機)ではrenovoのUSBトラベルキーボードを使用しています。
インストール後適当にいじっていましたので、苦になりながらも放置していた、トラックポイントの真ん中ボタン。やはり、Windows環境と同じようにスクロールボタンとして利用したい。
と言う訳で、インターネット最大の利点である「検索」を利用するため、Googleを開きました。
手順は以下のとおり。Ubuntu 8.10で設定しています。

/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdiというファイルを作成する。
私の環境ではこのファイルがありませんでしたので「新規作成」しています。

/etc/hal/fdi/policy/mouse-wheel.fdiには以下のとおり記述する。

<match key="info.product" string="Synaptics Inc. Composite TouchPad / TrackPoint">
<merge key="input.x11_options.EmulateWheel" type="string">true</merge>
<merge key="input.x11_options.EmulateWheelButton" type="string">2</merge>
<merge key="input.x11_options.XAxisMapping" type="string">6 7</merge>
<merge key="input.x11_options.YAxisMapping" type="string">4 5</merge>
<merge key="input.x11_options.ZAxisMapping" type="string">4 5</merge>
<merge key="input.x11_options.Emulate3Buttons" type="string
>true</merge>
</match>

参照したブログでは、

sudo /etc/init.d/hal restart
sudo /etc/init.d/gdm restart

の2つのコマンドを実行すれば良いと記載していましたが、再起動かけてしまいました。
再起動後は問題なく動作しましたので、無事設定終了。

余談ですがにCeleron500MHzのThinkPadにインストールした、Ecolinuxでは設定なしで利用できたのですが、何故でしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。