最近のお気に入り(その2)

●BTScan
btscan01.jpg
ここからダウンロードできます。
5年以上前のスキャナを未だに使っている私は、1枚1枚画像編集ソフトからスキャナを呼び出し1枚1枚にファイル名を入れていたのに辟易していました。
2年前にHPの複合機を購入して、PDFやHTML形式で画像ファイルを吐き出せる機能を非常に便利だと感心していました。ところが蜜月の期間も1年も持ちません。この複合機、大量のスキャンを行ったときに変色してしまうという「持病」を持っていました。私は今まで持っていたスキャナを再び使い出しました。
そこで困ったのが連続スキャン時の機能が再び以前の状態に戻った事。やはり便利な物を使っていたら退行はできません。そこでWebを巡る事、このソフトと出会いました。
JPS九州・沖縄地方本部のHP作成のためだけではなく、自分のコレクションのデータベース用にバンバン使い出してました(スキャンした画像はハードディスクのクラッシュで闇の彼方へ消えてしまいましたが)。同じ大きさの原稿を大量スキャンする方にはものすごくお勧めです。
ちなみに、HPの複合機のスキャナ機能は単体でのコピーやFAX送信用として、相方が時々使っているだけになっています。

最近のお気に入り(その1)

PC関係で最近気に入っている物を幾つか紹介しておきます。
●Picasa2

あのスタパ斉藤も絶賛している(ケータイwatchより)ソフトです。
文章の下手な私が言うよりは実際ダウンロードしていただいた方がいいかもしれない位です。
一つだけ言わせて頂くと、時系列ごとに写真がサムネイル表示される上異なるフォルダごとに保存している写真も一挙に閲覧できる上、スクロールも非常にスムーズなので、写真を探すという事をしなくても済んでしまい、無精者の私は非常に重宝しています。

もすかう

「世間のごく一部」では、「もすかう」なる曲が流行っているそうで。「マイアヒ」の二番煎じって感じで、シングルカットもされるそうですが。私はベスト盤を聞きましたが、「サムライ」とか「ハッチ大作戦」が気に入りました。
「もすかう」をご存知で無い方は、こちらを見て頂ければ分かります。
本題に。
「スタンプショウかごしま」での収穫品です。

出店していた、アオヤマスタンプさんでロシア切手をバラ売りしていました。
昔、遊び半分で買った500種パケット(穴だらけ)の穴の一部がいい感じで埋まってしまうほどの量。
とは言っても、1960年代の本の一部分だけが集まって、しかもその中に空いている穴は完全に埋まっていませんが。
最初買ったのがCTOばかりだったのでそれに合わせて買いました。
共産圏諸国の切手って、1960年代のものが図案のデザインや印刷が素朴なものから洗練されたものに移り変わって行く過程を楽しめるから好きですね。
政治的な図案も多いですが、まあ、それは良しとして。

懸賞応募、未だ劣らず

久しぶりに、切手関連のニュースを。久しぶりなので、ちょっとだけ。
消印を不正利用、懸賞金狙う 容疑の郵便局員を逮捕(asahi.com)
「懸賞」なのに、一生を棒に振るまでの事をしてしまうとは・・・。まだ、考えられるパターン分を何枚も書いて応募したほうがずっと利口だったような?
ペ・ヨンジュン切手、1億8千万ウォンの売上高(innolife.net)
いまだに、ヨン様の人気は衰えていないですからねぇ。

HP更新(JPS九州・沖縄地方本部)

本日、9月に開催された「全国会員大会in博多」の記事を掲載しました。
ここから見ていただければ幸いです。
正直な所、行きたかったのですよね(涙)
さすがに、土日の連休を取る勇気と、土曜日だけでも日帰りする体力が無かったので、やむなく諦めてしまったのですが。
今の商売を続けていたら、リタイアするまで参加できないと思うと…。
人伝に話を聞いたり、この記事を編集していると、悔しさが倍増してしまいます。

失ったデータの代償(その3)

(また続きです)
すぐに必要なもので一番失って欲しくなかった「スタンプショウかごしま」絡みのデータについては、助かった事が幾つかありました。
ひとつは、原稿のデータを他の人にメールを送っていた事。画像データにコンバートしていたため、そのまま使うことができないものの、似たようなレイアウトを作ればいいので、最初から作り直すよりは余程ましになります。
もうひとつは、5年以上前に取っていたバックアップから基本的なデータを取り出せた事。MOドライブを押入れから引っ張り出し、何枚かのMOを抜き差しすることで何とかなりました。
私の時間的な余裕の無さからJPS鹿児島支部の方にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、何とか期限までに間に合わせられた事に。
今回の出来事で、初歩的な事を怠っていた自分に反省してしまいました。
自分の戒めとして、記載しておきます。
1.RAID1(あるいはRAID5)を組んだときには、データはRAIDを組んだドライブに入れておくこと
  >これをしていなかったのが、一番の失敗でした。
2.必ずバックアップを取ること
  >1台のハードディスクだけの運用は避ける。RAIDを組んでいても、リムーバブルディスクに保存。
  >メディアは、MOかDVD-RAMへ。
3.自分のマシンの状態を知っておくこと
  >HDDが壊れる兆候は確認できるので。
しかし、今まで良く人様に「バックアップは取りましょう」と言っていられたと、自分が情けなく感じます・・・。

失ったデータの代償(その2)

(昨日の続きです)
「突っ込み」の答えは、実は、RAIDを組んでいたのです。
RAIDって何?という方は、ここを参照してください。
組んでいたRAIDはRAID1だったのですが、入れていたデータは自分の音楽CDのデータのみという体たらく。それ以外の全てのデータをシステム起動用のディスクドライブにパーティションを分けて保存していただけだったのです。
クラッシュしたのもいきなりハードディスクから大きな音がして読み取り不可能な状態になったという、最悪の状況。しかもバックアップを取っていなかったために、色々なデータが闇に消えていってしまいました。
データとしては、こんな感じでしょうか・・・。
・過去5年近くのデジカメで撮り続けた写真
・今まで作り続けたリーフのデータ
・文書データ
・メール
特に、デジカメのデータと、つい(データがクラッシュする)何日か前に作り上げたスタンプショウかごしまの印刷物のデータを失ってしまったのは非常に痛かったです。
後者に関しては、「助け船」があったので、何とかなりました。

失ったデータの代償(その1)

13日から15日にかけて、自分のPCを再度組み立て直し、OSの再セットアップ等していました。不幸中の幸いですが、メインマシンは自作していたので、壊れたパーツだけ交換することに。
クラッシュしたのは5日のことでしたから、タイムラグが発生してしまいました。気持ちとしては、近くのショップに走るべきなのしょうが、個人的にしがらみがあるために某所から「お取り寄せ」をする事に相成りました。発注して4日位で届いていたのですが、一部の部品が不具合が発覚して代替品という事に。
こんな感じで組み直しを。(★が今回追加した部品になります)
CPU:Celeron 2G
メモリ:512M
HDD:160G×3(うち、1台★)
ドライブ:±2層対応スーパーマルチ
電源:420W静音電源★
増設カード:グラフィックカード、RAIDカード
冷却パーツ:ファンコントローラー★、静音ファン×2★
今回の「出来事」はやむない出来事でしたので嫁さんも公認で出費をしてくれたのですが、3万近く掛かったのは痛い・・・。欲を言えば、CPU換装して、メモリもちょっと足したいくらい。そこまでやる財政状況ではなかったので断念しました。
さて、この構成でデータを無くしてしまうのか不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。そのような「突っ込み」、大歓迎です。
答えは明日に。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。